2010年 05月 05日 ( 5 )

みどり、きいろ、おれんじ、きいろ

a0038862_23131117.jpg

 以前、住んでいた長田。
神戸に来て初めて住んだ町。
ここに来ると、なんだかホッとするんだなぁ。
生まれた場所じゃないけれど、
それなりに生き続けて、転々といろんな場所で生きてきて、
自分の居場所がひとつ、ふたつと増えていく。

 県外の人は、神戸と聞いて、この下町の風景をイメージすることは少ないかもしれないけれど、私達にとってこの下町こそが神戸らしい風景。

 久々に降り立った古臭い高速長田駅のホーム。
みどり、きいろ、おれんじ、きいろと並んだベンチ。
この色彩が、古臭さを残す下町長田を象徴しているかのように見えた一瞬。

 気持ちを嬉しくしてくれる色の並び。

                   つばき

by bigcamellia814 | 2010-05-05 23:47 | TSUBAKIng Times

アフリカンBagを作成中~!

a0038862_2235523.jpg

 時間が出来たら、思う存分お裁縫に精を出したいなぁと思っていました。
キャビネットの中には、私が各国で仕入れてきた布がいっぱい。
特に東アフリカのカンガやキテンゲは私の重要なコレクション。
時々広げて眺めるだけで十分満足なんだけど、
やっぱり創作意欲を掻き立てられる刺激的なデザインなのです。

 先日、私の行きつけのアフリカン雑貨のお店、MANDRAKEの2号店・CLOTH AND MANDRAKEがオープンしました。ここは主にアフリカンバティック(アフリカ本土で作られた物ではなく、オランダ等で作られ、ロンドンで販売されている布を輸入しています。)の生地を販売している小さなお店。しかも、週3日しか空いていません。

 オープン初日にお店に伺い、ハギレを4枚購入。
早速、Bagに変身させようと作成中です。
帆布を使い丈夫なBagに仕上げる予定。
持ち手に皮ひもを使用すれば、ちょっと見た目も立派になるかしら?
上手く出来上がったら、また公開いたします。

 アフリカンバティックのキテレツな色彩、柄が大好きです。
黒人の黒い肌に、この刺激的な色彩やデザインが、本当によく映えるのです。
日常使いのポップアート。
私の日常にもアフリカを感じながら製作を楽しんでいます。

                       つばき

by bigcamellia814 | 2010-05-05 22:26 | TSUBAKIng Times

布ナプキン~こころ、からだ、軽くなる~

a0038862_12521274.jpg

 西宮ガーデンズ内Book1stで平積みされ、販促コーナーを設けられていたこの本『布ナプキン~こころ、からだ、軽くなる~』。巻末には布ナプキンの付録付き。迷わず購入致しました。

 布ナプキン使用歴は、もう5~6年になりますが、一度使うと、今まで使っていた使い捨てナプキンやタンポンには戻れなくなりました。布ナプキンを使用するまでの数年は、主にタンポンを使用していたのですが、いつ頃からか、入れた時に違和感を感じるようになり、それがしんどくなって、以前から友人に薦められていた布ナプキンに変えました。

 布ナプキンにして一番良かったのは、経血の出るタイミングがわかり、コントロール出来る様になったこと。これ言うと、みんなビックリするんだけど、出来る様になるんですよぉー!使い捨てナプキンを使用していた時は、「垂れ流し」って感じ。ナプキンが受け止めてくれるから、特に経血が出るタイミングなどあまり意識していませんでした。
 でも、布ナプキンは自分で洗濯しなきゃいけないじゃない。出来れば、汚れの少ない方が洗う時は楽。それに昔の人は自分でコントロールしてたってどこかの本に書いてあったし、これは挑戦!と思い早速実行してみました。
 「あぁ、今、血が下がってきてるなぁー。」というのを、お腹に感じる痛みや重みで感じ取り、「そろそろだなぁ。」という頃にトイレに行き、子宮のあたりに力を込めるイメージで少し気張ると、「ドバーっ!」と経血が出るのです。このタイミングがわかる様になると、ナプキンを汚さなくてすむから、後の洗濯も楽チン。だから最近の私は、「ナプキンで受け止める」ものではなく、基本「トイレで出す」物というふうに、生理に対する意識が変わってきました。

 この本は、「これから布ナプキンを使ってみようかなぁ~?」と考えている人にオススメです。
☆布ナプキンの何がいいの?
☆よれたり、モレたりしないの?
☆洗濯、面倒臭くない?
などなど、基本的な疑問に丁寧に答えてくれています。
お気に入りの布ナプキンとセットにして、この本を女友達にプレゼントするのもいいかもね。この本の著者・ユーゴさんのHPはこちら

 本と一緒に並んでいるのは、最近購入した布ナプキン。4月24・25日、万博記念公園で行なわれたロハスフェスタに行った時、このアフリカン柄のナプキンを購入しました。大阪府守口市で製作されているObispoさんの布ナプキンです。布の可愛らしさにホレて、友人と一緒に衝動買いしてしまいました。

 生理の時って、1ヶ月に1度のメンテナンスの時。
それまで過ごした1ヶ月の生活ぶりが、そこに表れます。
考えてみれば男の人には、自分の体を否が応でも見つめ直す、そんなタイミングは用意されていないわけ。だから、無茶もしちゃうよなぁーっていつも思うのです。だから、月に1度、自分の体の様子を見つめ直す時間が与えられているオンナは、ラッキーだなぁと思います。ねぇ、せっかくだから愛おしく過ごす時間にしたいよね。

                    つばき

by bigcamellia814 | 2010-05-05 13:25 | libro(本)

奈良ポスター

 阪神三宮駅から近鉄奈良駅まで直通で行けるようになると知った数年前、「奈良に移住しちゃおうかなぁー。」と真剣に考え、「どうせなら町家住まいがいいなぁ。」とネットで物件探しをしていた時期がありました。

 奈良、なんとなーく好きなんです。
大阪から奈良に向かっていると、車窓から見える風景が急にのどかな様子に変わります。その境界線をまたぐ時が好き。  
a0038862_12115531.jpg

 JRの構内で見かけた、奈良の観光ポスター!
かわいい!
このまんまTシャツにしてくれたら、あたし着たい!
a0038862_12221383.jpg

 そしてこちらは千手観音を模したポスター。
こちらもセンスが良くてスキだなぁ。

 今年奈良は、平城遷都1300年祭で盛り上がり、物議を醸したせんと君も至る所で大活躍です。あの騒動も今や何事もなかったかの様に記憶の彼方へ。ちなみに私は、せんと君が誹謗中傷を受けていたあの時分から、揺ぎ無く「イケてる!」と思って来たのでした。他のキャラより、絶対気合い入ってるし!あのデカイ、角付きの頭を、確実に「それっ!バランス悪いだろう!」と思えるほど小柄な胴体で支えているところが個人的には笑えます。TKOの木下が、せんとくんのオフィシャルサポーターを務めていますが、「あぁー、なんでこんなピッタリな人探してきたんだろうぉぉぉぉ!」と嬉しくてたまりません!

 暑くなる前に、フラッと奈良へ出掛けたくなりました。

by bigcamellia814 | 2010-05-05 12:31 | my favorite

中之島メーデー

 
a0038862_11133596.jpg

 5月1日、メーデーの日。
この日、NYのウォール街では、
1万人規模のデモ行進が行なわれたそうだ。

 1万人には及ばないが、私も第81回中之島メーデーに参加。
今年は葵も、私が加入する労組の仲間に交じってデモ行進に参加してくれた。

 3月末で雇い止め解雇となった私は、今年1年原職復帰を目指し運動を継続することを決意した。争議アピールの時間があり、私も中央のステージへ。

 業務は今後も継続するのに、数年ごとに人だけ入れ替える「有期雇用」。
つくづく思うのだが、「有期雇用」というシステムは、労働者としての賞味期限を決められているようなものだ。私達はそのうち腐る「食べ物」かなんかと一緒なんだろうか?使えば使うほど劣化が進む、「モノ」か何かと一緒なんだろうか?

 「女」としての賞味期限。
「労働者」としての賞味期限。
私を知らないものが勝手に与えたそのリミットを私はボイコットする。

 ハチマキを巻き、ゼッケンをつけ、昇り旗や横断幕を翻し、
「シュプレヒコール用意!」「おぉ!」と拳を握り片腕を掲げデモ行進する姿は、若者には馴染まないかもしれない。でも、運動のスタイルなんて、私達の好きなように変えていけるんだから、ここに集った大人達のように、より良い労働環境を求め、変えていくことを諦めない気持ちを若い人達に伝えたいなぁと思うのだ。

 私が「有期雇用はオカシイ!」と感じた時、その直感を全面的に肯定し、そして具体的な方法で動いてくれたのは労働組合の人達だった。「契約を交わした以上、仕方ないね。」「椿が言うことは100%正しいけど、変わらないよ。」と同僚、家族、友人に言われる中で、「あなたが感じていることは間違ってないよ。あなたが言ってることは、良く分かる。」そう言って支えてくれた労働組合の仲間の存在に私は感謝している。

 今の若い人達の労働環境は、90年代に就職氷河期を体験した私達以上に過酷だろう。高校や大学は、どこかに就職させる事に躍起になっても、就職後に起るリスクや、その対処法については教えない。卒業後に就職した会社で一生安定して働ける、そんな可能性の方が低い時代だ。

 何度かの失業、転職を繰り返し、現在使用者側と係争中の立場として、若い人達に「物が言える」労働者になるための情報を伝えていける立場に私はなりたい。

                        つばき

by bigcamellia814 | 2010-05-05 11:19 | はたらくこと