2006年 01月 29日 ( 1 )

今宵、アラーキーとダブルベッドで

今日の珠玉の言霊
取材記者:『先生、今度はどんなモノを撮りたいですか?』
アラーキー:『今夜、会う女だね。アタシのダブルベッドで。』 


a0038862_22312233.jpga0038862_22314276.jpga0038862_22321454.jpg










 今日、1月29日、梅田のジュンク堂で行われた、写真家・荒木経惟さんの新作『荒木センチメンタル沖縄1971~2005』の出版記念サイン会に行ってきた。
 
 そう、私、アラーキーが大好きなのです。
膨大な彼の作品の中で、そりゃぁ、大好きな作品もあれば、「これは、あんまり・・・」ってモノもあるけれど、総じて彼の写真が大好きです。
 
 かつて、フェミニストの先輩方が、緊縛モノや陰毛をそり落としているアラーキーの写真に対し、「女性蔑視も甚だしい!」と批判している最中、「私、アラーキーの作品、スキですよ!」と言うのは勇気がいりました。「この場に集う女達は皆、彼の写真に嫌悪して当然だろう。」という空気が流れていましたが、私はそうじゃなかった。「彼は膨大な作品を撮っていて、ポートレイトや風景、花やネコちゃんの写真にいたるまで、あらゆるジャンルをオールマイティに撮っているのに、なぜ彼女達は、彼のヌード写真の事だけを切り取って、写真家・荒木経惟を批判出来るのだろう?」と不思議に思いながら、さすがに「私、着物姿の女性が、縄で縛られて、天井の梁から吊られている写真にドキドキします。」とは言えませんでした。

 98年の5月、彼が初めて公立の美術館・東京都現代美術館で個展を開いた時、わざわざ見に出かけた事があります。サラリーマンのおじさん達のポートレートと女性のヌード写真が交互にギッシリと展示されたあるフロアで、フェミニストと思われる女性が例の如くアラーキーの写真を批判している声が妙にそのフロアに響いて私の耳まで届きました。そして「それに比べて、ヌードはヌードでも、ロバート・メープルソープの作品はスバラシイわ!」と言う言葉に、私は妙に白けたのを覚えています。私もロバート・メープルソープの個展を見に行った事があります。パティ・スミスが、裸で窓際にしゃがんでいる写真はスキです。でも、筋肉を誇張したポージングの作品に対し、「綺麗に撮れている。」とは思っても、ドキドキする様な感覚は沸き起こりませんでした。そこには、被写体から一歩引いたロバート・メープルソープの存在を私はイメージします。けれどもアラーキーの写真は、引くどころか、どんどん被写体に迫ってくる。被写体と彼との私的な関係、私的な感情を私に感じさせる。なんだか人間臭くて、生活臭がして、アラーキーと言う写し手の臭いが鼻について離れない。そこに私はドキドキしたりするのです。

a0038862_119958.jpg サイン会開始は5時なのに、どこからか聞こえてくるアノ陽気な声!振り向くとアラーキー!『私生死』と書かれたピンクの長袖Tシャツを着て、黒いパンツにピンクのサスペンダー。ピンクを着るなんて、あぁ、なんてお茶目ないでたちなんでしょう。出てるお腹もかわいいなぁ。トレードマークのはねた髪も絶好調!私は順番を待ちながら、鼓動が早くなり、顔が赤くなってくるのが分かりました。そして、19番目に彼の前に座った私。手紙を渡すと「携帯番号書いてる?」なんて言われ、「やぁ、やっぱり書いとくべきだったかぁ!」と昨夜控えめな気持ちを抱いてしまった自分を後悔。「椿って漢字で書くねぇ。」と言いながら書いてくれたサインがこちら。「椿」という事で「唾」を飛ばしながら話しているアラーキーだそうです。

a0038862_136396.jpg サイン会に訪れた人達の多くがカメラを持参。写真撮影は自由。アラーキーに写してもらっている人も。なのにこの私ったら、よりによってこんな重要な日に、不覚にもデジカメを忘れてくるなんて!必死で携帯カメラで収めた写真が、上の写真。(私の携帯、画像が良くないのでこんな写真でゴメンナサイ。)沖縄の写真集なので、彼の両脇にはシーサーが置いてあります。
 自分の番はとうに終わったと言うのに、サイン会が終わり彼が立ち去るまで、側で見ていた私。彼は、作品だけでなく、その言動が興味深い人。陽気で、おしゃべりで、瞬間瞬間を本当に楽しそうに生きていて、自画自賛が好きで、言葉遊びが上手で、イヤラシイのにとびきりお茶目。さぁ、今宵、大阪の街で、ダブルベッドの上でアラーキーに撮られる女性は誰でしょう?残念だけど(!?)、私じゃなかったみたいです・・・


a0038862_1515226.jpg ☆ちなみに私が好きなアラーキーの写真はこちら。中央の、涙顔の女の子の写真。「神楽坂の少女」という作品。アラーキーのつれあいだった陽子さんは別格としても、数いるモデルの中で、彼女が最高のモデルだと私は思っています。切り抜いてマグネットにしています。

 私は心の中で、生きているうちに(私が、もしくは先方が)この人には絶対会いたい人リストを作っています。今日、その夢がひとつ叶ったって訳。誰かに向けて言う訳でもないけれど、なんだか、ありがとうという気持ち。ありがとう。素敵な人に出会えた。

                                 つばき
 

by bigcamellia814 | 2006-01-29 22:43 | TSUBAKIng Times