扉を開けた瞬間に・・・

 店の扉を開けた瞬間、聞き覚えのある音楽が耳を撫でる。
 その音楽が、私の大好きな音楽なら、
 「あぁ、なんて粋な歓迎の仕方をしてくれるのだろう?」と勝手に感動する。
 お店の人にそんなつもりはない。ただの偶然。
 けれども、私はそれだけで十分幸せな気持ちに満たされる。

 a0038862_1228319.jpg
 12月25日。
 クリスマスディナーを予約していた私と葵。
 MOGWAIという名前のその店は、
 メキシコをイメージしたという雰囲気の良い、おしゃれなレストラン。
 今まで3度メキシコを訪れ、あの強烈な色彩に心を奪われた私にとって、
 店内のところどころに生かされた原色は、懐かしさと共に、メキシコを回想させる。
 こじんまりとした店内は、誰にも教えたくない様なセンスの良い空間。
 
 そんなお店の扉を開けた瞬間、私の耳に届いたのは、私の大好きな曲。
 キューバのバンド、sierra maestraの曲だ。
 映画『サルサ!』sierra maestra としてそのまま登場し、
 作品の中で流れるほとんどの曲を担当しているのが、このバンド。
 キューバを旅行した時、彼らのライブを見に行った。
 ボーカルの小柄な黒人男性が歌う高音がすばらしい。
 店内で流れていたアルバムは、私がキューバで購入したそれと同じアルバムだった。

 a0038862_12293268.jpg 
 キューバ通ならまだしも、それ程一般的に知名度がある訳ではないだろうsierra maestra
 それを知っている私が、その曲が流れているその店の扉を開けるという、その偶然。
 そのタイミング。
 いい夜になる事を確信するに十分な理由でしょ?

 雰囲気の良い空間、おいしい料理、お気に入りの音楽・・・
 私達は、プレゼントを交換し合い、
 日頃は伝えきれていない相手への感謝の気持ちを手紙にのせて渡したのでした。
 素敵な夜になったのはもちろんの事。

                                つばき

by bigcamellia814 | 2005-12-25 23:13 | TSUBAKIng Times

<< 創作の喜びを応援してくれるミシ... 相変わらず・・・ >>