おなかにやさしいごはん

この日のお客さまは、1名。

椿も出掛けていて、ふたりっきりのビストロ。

この日来てくれたお客さまは、ここのところお腹の調子がいまいちで、食欲もあまりない、とのこと。

リクエストは、おなかにやさしいごはん。

うーん。おなかにやさしいごはん・・・。今までのBistroは、安くて、でも食べ応えのあるごはんを、と思って考えてきたメニューなので、カレーに竜田揚げに、コロッケに・・・と重いものがほとんど。なので過去のメニューはさっぱり参考にならず、数日うんうん悩んだ。

この日買い物に行く時間になってもメニューは決まらず、唯一思いついたのがレンコンの団子汁。やっぱりうんうん唸りながらお店へ。

道中、今日来てくれる友人の顔を思い浮かべる。

その人の気持ちや足音が確実にこちらに向かってきてくれているのを感じながら、
どんなものだったら、胃が疲れない?気持ちが落ち着く?カラダが喜ぶ?

そんなことを考えていたら、ぽんぽんメニューが閃いた。

そして出来上がったごはん。
 
a0038862_22244259.jpg
  ♪ 蓮根のもちもち団子汁
  ♪ ミョウガ入り味噌の焼きおむすび
  ♪ 麩~チャンプルー
  ♪ 焼き茄子のとろろがけ
  ♪ にんじんのきんぴら
  ♪ 炙りアスパラ

蓮根の団子汁は、蓮根をすりおろして作った団子がメインのおつゆ。
もちもちした食感がたまらない。柚子の皮を散らしてさっぱりと。
仕上げにアスパラの薄切りを入れると、やわらかい緑がきれいに浮いて、とても喜んでくれた。

麩~チャンプルーは、これまた沖縄の味を思い出しながら。長田にある、沖縄を差し置いて関西最大級と謳う沖縄物産館「琉球ワールド」で買った車麩を使って。
昼間照りつける太陽の下で過ごしたらしく、汗をいっぱい掻いただろうと思って、塩をちょっと多めに味付け。

にんじんのきんぴらは、人参と生姜だけの、シンプルなきんぴら。
友達が泊まりに来た時の定番だけど、人参まるごとおいしく食べられるお薦めの一品。仕上げの白胡麻は、指先でひねりながらたっぷりと。

この日はお客さんの友人が現れても、私は急がず、マイペースに作らせてもらった。作ってる途中、振り向けば、友達は写真を撮ったり、のんびりしたり。私は安心してまた鍋の中を覗く。楽しくてしょうがなかったー。

出来上がったごはんは私も一緒に。思いのほか喜んでくれて、私も愛情たっぷりに作れたことが嬉しくて、満足なBistroでした。

来てくれて、ありがとう!

by bigcamellia814 | 2005-09-06 14:22 | Bistro Aoi

<< 台風のあとの空Ⅰ 今夜のメインはクリームコロッケ >>