♪ISLA DE SALSAでラテン満喫Ⅰ ♪~福岡能古島はサルサの島

a0038862_22485151.jpg
 8月20、21日、夜行バスに乗って福岡まで行って来ました。能古島(のこのしま)のキャンプ場で行なわれる日本最大のサルサイベント、ISLA DE SALSA 2005で踊りまくるために!

 今回、このイベントに誘ってくれたのは熊本在住のホセ!(写真右)彼は車椅子ダンス・ラテン部門でかなり良い成績を収めているラテンの血ほとばしる、素晴しきダンサー。ホセと名乗るだけあって、もちろんスペイン語も話せます!ホセとの出会いは、この2月。仕事を通じて知り合ったキージー(写真左)を介して知り合いました。ホセはキージーのサルサの師匠だが、キージーはホセの旅の師匠。60ヶ国もの国々を、車椅子で旅した彼のHPとこちら旅の事について書いた本『空飛ぶ車イス』(IMS出版)に続き、この度8月31日に徳間書店より『恋する車イス』が出版されます。副題が「未経験のまま下半身不随になった僕の物語」。今回は、障害を持つ様になってからの彼のセクシュアリティにフォーカスして書いている様です。本人の濃すぎる関西キャラとは反対に、女性にも手に取って貰える様、本の装丁は爽やかに仕上げておりますので読んでみてください。(しっかり宣伝してあげたわよ!感謝しろよー!)

 まぁ、こんな二人に誘われて、行って来ましたISLA DE SALSA。ステージが組まれた会場の目の前は、すぐビーチ。高く伸びた椰子の木が、一瞬ココが日本であると言う事を忘れさせてくれる。しかし、対岸には博多の街、福岡ドームや福岡タワーが望めます。対岸からフェリーに乗って10分。甘夏がよく取れる、のんびりとした島、能古島。でも、この2日間だけは、静かなこの島も、ラテンの熱気に包まれたISLA DE SALSA!=サルサの島へと変身するのです。

 このイベントのMCを務めたのはSheila Anyi(写真中央)彼女はキューバ人と日本人のダブル。キューバで生まれ、日本で育った彼女は、現在NHKのスペイン語講座等に出演しています。気取りのない彼女のノリの良いMC、そしてキューバの血を感じさせる元気いっぱいのスペイン語。これ以上に、このイベントにピッタリのMCはいないかも!?あまりにかわいいので、一緒に写真を撮ってもらったりして。彼女のMCと共にどんどん盛り上がりを増していくイベントの中身は次回に続きまーす

               つばき

by bigcamellia814 | 2005-08-23 01:48 | TSUBAKIng Times

<< ♪ISLA DE SALSAで... 夏休みの宿題を8月31日まで持... >>