神様が誕生させた美しい人

a0038862_20252956.jpg


 今年開催されたロンドンオリンピックは、
スペインを旅していたので、ほとんど見ることがありませんでした。
とは言え、もとからスポーツに強い関心がある方ではないので、
世間が盛り上がっている最中、私は常に圏外に身を置いています。

 ただそんな私も、唯一、男子陸上には関心がありました。
答えは簡単です。ジャマイカのウサイン・ボルトが好きだからです。

 私の黒人好き、
しかもハイブリッド具合が絶妙なカリブ、南米周辺の黒人が大好きであることは、
すでに多くの方々に公言済みですが、その中でもウサイン・ボルトは本当に魅力的です。
その思いは、「神様は、なぜにあのような美しい人を、この世界に誕生させたのだろうか?」と涙が出そうなほどです。
昨年、韓国の大邱で開催された世界陸上で、フライングしたボルトの姿を見た時、
私、泣いてしまいました。
今でもあの時の映像を見ると胸がキューンと痛くなるので、
ボルトの上半身裸が見たい!という浅はかな欲望に駆られても、
あの映像だけは封印しています。

 彼の容姿、表情、動き、ジャマイカの国旗の色が映えるあの黒い肌、
ジャマイカ人であること、あの国で生まれ育ち、今も暮らしていること、
その全てが私にとっては魅力的です。

 彼の体温や、ぽっちゃりとした唇の弾力、
ふくらはぎの張り具合や、筋肉で盛り上がった肉厚な二の腕、
笑った時のミッキーマウスのような広角を思い描いてまた、
「神様は、なぜにあのような美しい人を、この世界に誕生させたのだろうか?」という思いに酔いしれるのです。幸せです。勝手に幸せです。

 さて、今更ながら、ロンドンオリンピックの時に、ジャマイカの選手団が着ていたセレモニージャケットがとってもカッコよかったことを知りました。
ボブマーリーの娘であるセデラ・マーリーとPUMAのコラボデザインだそうで、
ネックの部分には、ボブ・マーリーの歌詞の一部が刺繍されていたり、
右腕にはボブ・マーリーのワッペンもついています。
何より、ジャケットのラインが好みです。
そしてまた、このジャケットを着ているボルトがたまらなくカッコイイときたっ!

 いろいろと検索していたら、こちらで購入できることがわかりました。(メンズのみ)
しかし、
「あれっ?さっき見た時ほどカッコいいって思わないんだけど???なんで?なんで?」
「何?この日本人モデルの、ジャケットに着られてる感じはっっっ!!!(怒)」とケチを付け始めた私。要するに、ボルトが着ているから、際立ってカッコよく見えたってわけですね。
自分のボルトびいきを、まざまざと自覚しました。

 最近になって初めて、
ボルトは先天性脊柱側湾症という障害を抱えていることを知りました。
(そのことは、NHKスペシャル『ミラクルボディー 金メダルへの道 ウサイン・ボルト&内村航平』で取り上げられていたようだが、見そびれた!←ちょうど私が日本にいない時に放送するなんて、とんでもないわっ!)

 そのことを側湾のある葵に話すと、
「あぁ、やっぱり!あの人、走る時、妙に背中が反ってるなぁって思ってたんよ〜」と納得。
「あの身長で側湾があるって、絶対しんどいよぉ。ボルト、スゴイわ!
それは、ほんまスゴイわ!やっぱりあの人スゴイわ!」としみじみと言っていました。
側湾がある葵だからこそわかる、ボルトの超人的な力。

 196センチの長身や先天性脊柱側湾症は、
短距離走者にとって不利と言われてきたボルト。
出演したビストロSMAPで中居くんにそのことを尋ねられると、
「何が正解かはわからないからね」と世界最速の男が答えるのだから説得力があります。

「何が正解かはわからないからね」
これは私に向けられたボルトからのメッセージよ。
どんな方法が正しくて、何が勝ちを引き寄せるかはわかりません。

 そう思ってまた、
「神様は、なぜにあのような美しい人を、この世界に誕生させたのだろうか?」と酔いしれるのです。

    つばき

by bigcamellia814 | 2012-10-19 20:35 | my favorite

<< 魔女宣言 真紀子デラックス!洗濯機より、... >>