沖縄で久しぶりにブーゲンビリアを見た

a0038862_19405588.jpg

沖縄で久しぶりにブーゲンビリアを見た。
この色だ、この色。

帰りたい、
その気持ちが募る10年の歳月。

# by bigcamellia814 | 2014-03-28 19:48 | viaje(旅)

生活の柄

a0038862_122626.jpg


生活の柄

歩き疲れては
夜空と陸との隙間にもぐり込んで
草に埋もれては寝たのです
ところ構わず寝たのです
歩き 疲れては 草に埋もれて寝たのです
歩き疲れ 寝たのですが 眠れないのです

近ごろは眠れない 陸をひいては眠れない
夜空の下では眠れない ゆり起こされては眠れない
歩き 疲れては 草に埋もれて 寝たのです
歩き疲れ 寝たのですが 眠れないのです

そんな僕の生活の柄が 夏向きなのでしょうか
寝たかと思うと寝たかと思うと
またも冷気にからかわれて
秋は 秋は 浮浪者のままでは眠れない
秋は 秋からは 浮浪者のままでは眠れない

歩き疲れては 夜空と陸との隙間にもぐり込んで
草に埋もれては寝たのです ところかまわず寝たのです


早朝の那覇・栄町市場の路地。
生活の柄を訪ね、訪ねて旅をする。

# by bigcamellia814 | 2014-03-28 12:05 | viaje(旅)

鈍痛の記憶

a0038862_12203710.jpg


 もう終わりかもしれないと思ったが、
3年経った今でも私は生きている。

 一夜明け、3月12日を迎えた朝、
胃の底が冷え、ギュウィーンと掴まれた様な鈍痛を感じ、
この不安がいつ迄続くのだろうかと途方にくれた時を忘れないでいたい。
鈍痛は収まったが、危険な状況は、3年経った今も続いている。
恐怖に慣れすぎた3年だった。
もう、余程のことじゃないと驚かなくなっている。

 3.11から、明らかに世の中の動きがおかしくなった。
ずいぶん恐ろしいところまで来てしまった気がする。
しかし、労働組合という場所で働いていたのも良かったのだろう、
その動きを敏感に捉え、行動出来る場所にいた。

 昔はどんな気持ちで生きていたのかなぁと考える。
ほんの3年ほどまえのこと。
ここまで、世の中の動きに敏感でもなければ、
不安も感じていなかったことは思い出す。
自分がどう生きていくか、
考える多くの時間は、自分のことに向けられていた。

 10代の頃から、ちょっとだけ想像していたその現実を、
生きているだけの様な気もする。
チェルノブイリやイラク戦争があった中学、高校時代、
「私の未来は、原発事故や戦争で死ぬのかもしれないなぁ」
と確かに考えていた。
ボンヤリとだけど、
世界にはそういう形で犠牲になる人達が事実存在していて、
私がその犠牲の対象にならないという保障はないだろうと思ったのだ。
そんなボンヤリとした想像が本当になったんだ、
本当になりそうなんだという、今を生きている。

 子どもはいないが、
若い人たちが死の不安に怯えないですむ時代を生きてほしい。
今の子どもたちは、私が10代の時に感じた死の恐怖とは比較にならないほどの不安の中で生きていると思うから。

 「全てが終わるかもしれない」と、
しばらく続いたあの鈍痛を記憶に刻み、
これからイキイキと生きる若い人たちのために、
大人としての役割は果たしていきたい。

 だからみんな、
声をあげること、立ち上がること、
時として闘うことを恐れないで。

# by bigcamellia814 | 2014-03-12 12:43 | TSUBAKIng Times

大学が調子のイイ時にこそ、労働組合に入ろう!

近大、志願者数日本一に 首都圏以外で初、早明を上回る

 2014年度の大学一般入試で、近畿大(大阪府東大阪市)の志願者が過去最多の10万5890人に達し、明治大や早稲田大を上回って日本一になることが確実になった。首都圏以外の大学では初めて。

 近大は前年に比べて7462人増えた。近大広報部は「『近大マグロ』などメディアへの露出や、出願をすべて割引制度のあるインターネット化したこと、女子志願者の増加などが背景にある」と分析している。(朝日新聞 2014年3月10日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 「近大マグロ」で知名度を上げた近畿大学が、首都圏の早稲田、明治を追い抜いて、志願者数日本一になったそうだ。やるな、近大。

 関西圏のいくつもの大学と団体交渉を行っているが、近年最も良い労使関係を築けているのが近畿大学である。うちの組合員の多くは非常勤講師だが、他大学の非正規を人とも思わない対応に比べれば、近大は素晴らしく誠実な姿勢で団交に臨み、誠実な回答を用意してくる。最近の近畿大学との団体交渉では、「改正」労働契約法の影響を懸念し、法人が各学部に「非常勤講師の減コマ・雇止め解雇をしないこと」と通達を出したと聞き、びっくらこいた。そんな大学があるんだ。非常勤5年で雇止め解雇を就業規則に盛り込んだ、阪大・早稲田、見習えよ。

 近畿大学が関西圏に止まらず、全国的にも勝ち馬に乗っていることは、今回の報道で明らかになった。景気が悪くなってからの交渉は難しい。景気が悪くなれば、あなたたち、あっさり切り捨てられるんです。大学って、そういうとこだから。大学がノリにノってるこういう時にこそ、そこで働く教職員は労働組合に加入し、運動の土台がためをし、良い労働条件を勝ち取っておくのだ。

 近畿大学で働く教職員のみなさん、労働組合に入るなら、今です!今!

# by bigcamellia814 | 2014-03-12 12:34 | 労働問題

3/29『ハローワーク雇い止め裁判をみんなで支援する集い』にて話します!

a0038862_1641895.jpg

 
 3月29日(土)18時半から開催される『ハローワーク雇い止め裁判をみんなで支援する集い』にて、『関西学院大学障害学生支援コーディネーター雇止め解雇事件』被解雇者である私もお話しします。

 失業者に仕事を紹介するハローワーク職員が非正規労働者、雇い止め解雇。
この現実を知ってください!

【ハローワーク雇い止め裁判を
         みんなで支援する集い】

これ以上使い捨てにしないで!
ハローワークで働いてきた非常勤職員が、
こんなにも理不尽に簡単にあっけなく
職を奪われる現実を知ってほしい。
この裁判は、国を被告とした損害賠償請求事件です。
非正規労働者はもっと怒っていいんです。
これは人権侵害です。
はびこるワーキングプア問題にストップ!
さぁ、みなさん一緒に騒ぎましょう!

日時:2014年3月29日(土)
   18時半~21時(18時15分開場)
場所:ドーンセンター1Fパフォーマンススペース
原告:時任玲子
弁護団:有村とく子弁護士・高坂明奈弁護士(女性共同法律事務所)/河村学弁護士(関西合同法律事務所)/中西基弁護士(北大阪総合法律事務所)

リレートーク
伊藤真理子さん(ウィング京都非常勤賃金差別裁判元原告)

大椿裕子さん(関西学院大学雇い止め解雇事件被解雇者)

凪 佳子さん(神戸市刑務所偽装請負国賠裁判元原告)

主催:ハローワーク雇い止め裁判を支援する会
  (連絡先:サポートユニオンwith you 072-655-5415)

# by bigcamellia814 | 2014-03-11 16:10 | 労働問題