<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

覚悟して観る 〜キム・ギドク監督と『嘆きのピエタ』〜

a0038862_1574889.jpg
 

 2月22日、別府を訪れた。
別府八湯日韓次世代映画祭に、あのキム・ギドク監督がやって来ると言う。
彼に一目会いたい、ただそれだけの思いで、別府を目指した。

 キム・ギドク監督は、昨年9月、第69回ヴェネチア国際映画祭で、最高の栄誉である金獅子賞を受賞した。その授賞式の場で、彼は「アリラン」を歌った。そのニュースを、横浜のゲストハウスのTVで知った私は、「良かったね、良かったね」と呟きながら、涙が出た。

 オダギリジョーが出演した「悲夢」以降、
彼は3年間、映画を撮ることが出来ず、山に篭って暮らしていた。 
自らその様子を写した「アリラン」は、私にとって衝撃的な映画だった。
私が彼の作品のファンだからかもしれない。
冒頭から、涙が止まらなかった。
けれども、それを差し引いたとしても、
自らを追い詰め、問い続け、
恐怖に震える我が身を、私たちの前に全て曝け出したキム・ギドク監督の覚悟に、
心を打たれる人は多いだろう。

 その映画のラスト、キム・ギドク監督は「アリラン」を歌う。
今まで、いろんな人が「アリラン」を歌うのを聞いたけれど、
あれほど、人間臭い「アリラン」を聞いたことは他にはない。

 そして、その延長線に、
ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞し、
再び「アリラン」を歌うキム・ギドク監督の姿があった。

 泣けるだろう。
ファンならなおさら、泣けるだろう。


 「嘆きのピエタ」上映を前に、キム・ギドク監督は私たちにこう語った。
「この映画の中には、見るのが辛いシーンもあります。
どうぞ覚悟して見てください。
覚悟して見て、生きていくということはどういうことなのかという意味を、
メッセージとして受け取ってください」と。

 ここでは映画の内容には触れない。
これから「嘆きのピエタ」を観る多くの人たちにために、
自分の欲望は留めるのがふさわしいと思うからだ。

 それと同時に、この心の痛みを言葉にするには、
随分と時間が必要だろう。

 「どうぞ覚悟して見てください」の言葉の重みを、
私は、日増しに感じている。
彼のこの言葉は、単に、残忍なシーンが出てくることだけを指しているのではない。

 「嘆きのピエタ」は決して、観るに楽な映画ではない。
映画を見終わってからも、しばらくは、この痛みと向き合い、付き合うのだ。
残念ながら、観てしまった以上、ここから逃げられない。
彼が言った覚悟とは、こういう事だったのかと、
私は、日を追うごとに、彼の発したこの言葉の意味を、じっくりと味わっている。

 
 挨拶が終わり、会場を立ち去ろうとするキム・ギドク監督を、
私は追っかけて行って握手を求めた。
こう見えて、案外私、そういうことは出来ないのに、
「このチャンスだけは逃してはいけない」と追っかけた。

 何か言おうと思ったけれど、咄嗟のことに何も言葉が出ず、
「キム・ギドクさん・・・」と言って、手を差し出しただけだった。
何か、気の利いたこと言えよ、私。
ハングルがダメでも、「とにかく、あなたの作品が大好きです」とか伝えろよ、私。

 しかし、握り返してくれたキム・ギドク監督の手は、
予想に反して、ふわふわとした優しい手だった。
「あぁ、この手で、あの脚本を書くのか!
この手で、あの映像を撮るのか!
うわぁ〜!うわぁ〜!うわぁぁぁぁぁぁ〜!」と心の中で震えながら叫んだ。
嬉しい、私。
また1人、会いたい人に会うことが出来た。

 以下は、観客動員数50万人を超えた「嘆きのピエタ」を、公開第4週で上映を終了したキム・ギドク監督が、私たち観客に宛てたメッセージ。感動します。ぜひ、彼のたたかいを読んでください。

a0038862_16294929.jpg
(私の目の先にはキム・ギドク・・・・)
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『ピエタ』の観客の皆さんへ感謝のメッセージ

至らぬところの多い映画「ピエタ」が今週末、観客動員数50万人を超えました。僕には50万人ではなく、500万人の観客を動員したも同然です。

20代から70代のお年寄りの方まで、皆さんが「ピエタ」を見てくださいました。

娯楽映画でも、商業映画でも、コメディ映画でもない「ピエタ」を50万人の観客が見てくれたという事実は、僕個人の価値よりも韓国を映画文化の先進国にしていく上で重要な価値だと思います。

僕が外国に行って一番うらやましいと思ったのは、20代から70代までの人が同じ映画を見て、映画館の前であらゆる世代の人々が自由にその映画について議論する姿でしたが、「ピエタ」によって、そのような時代が来たと思います。

この前、「ピエタ」がヴェネチア国際映画祭で受賞し、記者会見でメジャー映画の映画館独占と交差上映に関する問題と、クリエイター優先の制作環境にすべきという問題を提起しました。

しかし、いまだにシネマ・コンプレックスのスクリーンを1~2本の映画が独占しており、同時代を生きる映画人たちが作った小さな映画が上映の機会を得ることもできず、評価もされずに埋もれています。

また、クリエイターの領域が狭くなり、投資家の考えが中心となって監督が交代させられ、彼らによってかつて成功した外国映画が正体不明の奇妙な韓国映画に変身し、映画館を掌握しています。

その映画が、韓国の数多くの映画学校の映画人たちが汗を流し、勉強して作りたかった、新鮮で健康的な韓国映画だと、堂々とそう言える創作物なのかを振り返るべき時です。

ここ10年の間に独創的な映画的挑戦と成果はほとんど失われ、投資会社の社員たちが注文する、どこかで見たような映画が、誇りもなく、観客数と収益という価値だけで評価されています。100年先を見据えなければならない映画産業が、目先の利益を追い、絶壁に向かって走っています。

メジャーはお金にならなければ、映画館を壊してほかの産業をすればそれでいいですが、その過程で犠牲になったクリエイターと撤退した観客には誰が責任を負いますか?

今、この瞬間にも映画館で上映されることを祈り、クリエイターとして血を吐きながら映画を作る多くの映画人がいます。

これまで多くの映画が、記録更新のためやわずかな収益のために、シェアが少なくても映画館を手放さず、無理をして確保していました。

僕は、映画館独占に対する問題を提起した当事者として、9月6日に公開された「ピエタ」の上映終了を配給会社と話し合い、公開第4週の28日目を最後に、10月3日すべての劇場からきれいさっぱり撤退します。そして、チャンスに恵まれない小さな映画に上映の機会が与えられることを心より希望しています。

健全な韓国映画の未来を期待する観客の方々と、「ピエタ」をご覧いただいた方々に心から感謝を申し上げます。

2012年9月24日 監督キム・ギドク


一緒にキム・ギドクに会いに行った友達のブログ:「アリラン」

by bigcamellia814 | 2013-02-25 21:32 | cine(映画)

大阪労働者弁護団LALA通信に寄稿『自ら立ち上がれ!連帯しよう!非正規労働者』

 大阪労働者弁護団が発行するLALA通信91号に寄稿しました。その内容を以下に掲載します。


自ら立ち上がれ!連帯しよう!非正規労働者
〜労働契約法をどう使うのか?!〜

大阪教育合同労働組合執行委員
関西学院大学雇止め解雇事件被解雇者
大椿 裕子


 昨年11月末、大阪大学(以下、阪大)が、非常勤講師全員に契約更新を上限5年とする内容の就業規則改正の通知を行った。既に非常勤職員には適用されていた上限5年を、非常勤講師にまで拡大するという。「ほらね、やっぱりそう来たかっ!そうなることなんて、端から目に見えてんだよ!」というのが私の感想だ。

 阪大のこの対応は、2013年4月から施行される、労働契約法を見越しての対応だ。「有期雇用が繰り返し更新され通算5年を超えた場合、労働者の申し込みにより、期間の定めのない労働契約(無期契約)に転換出来る」というルールが出来た。今や大学は、大量の非常勤講師を雇用している。その全てが無期雇用を要求してきたら、たまったもんじゃない。ここは先手を打って、労働者に期待権を発生させないため、予め上限を設けた上で契約を交わさせよう!というのが阪大のやり方。あまりにあからさまなやり方に、「恥ずかしくないのか、阪大よ!」と問いたいくらいだ。

 今回の労働契約法の中身を知った時、「今後、5年以下の上限を設けた契約が増加することは必至だな」と即座にそう考えた。2年で無期雇用に転換する法律を作った韓国で、2年になる直前で雇止め解雇になる例が増加していることから見ても、想像に難くない。阪大は、まさに予想していた通りのことを真っ先にやり始めたという訳だ。

 私は、2010年3月末、上限4年の有期雇用を理由に、障害学生支援コーディネーターとして勤務した関西学院大学を雇止め解雇になった。最初から上限がある「期限付契約職員」であることを知った上で契約を交わしたが、後に「業務は恒常的なものなのに、職員を数年ごとに雇止め解雇にするのはおかしい」と考えるようになった。そして、大阪教育合同労働組合に加入し、継続雇用を勝ち取る闘いを続けてきた。
 1年の職場闘争を経て、予定通り雇止め解雇に。その後も、労働委員会闘争を中心に争議は継続してきたが、府労委・中労委共に全面棄却であった。結論を簡単に言えば、「最初から4年の有期雇用だってことはわかって契約書したんでしょ?」の一言に尽きる命令だった。私と同じ期限付契約職員が継続雇用された実例があるにも関わらず、なぜ大椿は継続雇用されなかったのかという中労委の求釈明に、関学側は答えることが出来なかった。しかし中労委はそれ以上の追求はせず、その点を無視して全面棄却の命令を出した。

 今回の労働契約法は、私のような予め5年以下の上限を設けられている有期雇用労働者にとって、どこがどう使えるのだろう?大阪労働者弁護団(以下、労弁)の皆さん、教えてください。「出来てしまった法律だから、上手く使っていこう」と言われる度に、気持ちは白け、「そんな簡単に前向きな気持ちになるもんか」と思っている。そもそも「こんな中途半端な内容の法律なら、最初から作るんじゃねぇよ!」と思っているので尚更そんな気持ちになる。

 ただ労弁が発行した「速報 活用しよう「改正」労働者派遣法・労働契約法・高年齢者雇用安定法〜とことん 労働者のために 改正法解説〜」(2012年11月22日発行 700円)を読むと、新19条で雇止め法理が明文化されており、この点に関して、私のようなケースでも活用できる可能性があるのではないだろうか。しかし、あくまでも早い段階から労働組合に加入し、団体交渉を重ねるということを前提にした上での可能性である。

私は第89号に掲載された安由美弁護士の言葉に強い共感を覚える。「労働問題は、本来、本質的に圧倒的に力の劣っている労働者側が、連帯と団結の力で使用者を押しのけることによってしか解決できない問題のはずである。連帯も団結もない所で、裁判所や立法にすがっても、敵にこちらの非力を見透かされ、適当なところでお茶を濁されるだけなのは、今回の有期法制の制定過程に明らかである」

 4年弱の闘争の末、全面棄却の命令を受け取った私の実感は、まさにこの言葉に凝縮される。労働者自身が立ち上がらずして、国や法律、裁判所や労働委員会、そして正規労働者が変わる訳がない。こんな使い勝手のいい雇用を彼らがみすみす手放す訳がないだろう。まずはそこを直視しよう。「赤い旗、怖いぃ〜(>_<)」「団結?ダセぇ~!」とか言ってる場合じゃないし!有期雇用労働者の人権を守る道があるとすれば、労働組合に入り、仲間と連帯して実力で雇用を勝ち取っていくこと。これは闘ってきた私の実感であり、そして残された唯一の可能性だと思っている。

大阪労働者弁護団発行 LALA通信91号掲載】

by bigcamellia814 | 2013-02-12 22:14 | 労働問題

「ストライキは嫌い」そう言っていた友達へ

a0038862_2057375.jpg

 「私、ストライキ嫌い」

 私が労働組合に入った頃、ある友人がこう言っていた。
なぜか、その言葉をよく覚えている。
そして、この頃よく思い出す。

 その友達とは、その頃から疎遠になった。
私の方から、もう一度つながりをたぐり寄せようという積極的な気持ちには、
まだなれない。

 友達は自らストライキをした経験などなかったと思うが、
なぜ「嫌い」と思ったのだろう。

 ある種の抵抗感や恐怖を感じるのは、分からないでもないけれど、
友達は何を感じていたのだろう。

a0038862_20571735.jpg

 労働組合に入って、もうすぐ丸4年になるが、
すでにいくつかのストライキを経験してきた。
ストライキをする労働組合が少なくなったと言われるが、
私の加入する労働組は、年に1度は様々な争議でストライキを決行している。

 やってみてわかった。
ストライキやるの、ほんま大変やで。
ストライキに突入するまでの準備、ほんま気ぃ使うわ。
終わったら、ドッと疲れる。

 嫌い、怖い、変なの、そんなんで世の中変わるわけないやん
いろいろ思う人はいるだろう。

 でもね、やってる人達は必死なんよね。
誰かの雇用がかかったたたかい。
誰かの生活がかかったたたかい。
本気だよ、本気なんだよ。

 遊びで騒いでるわけじゃない。
腹いせに、怒鳴ってわけでもない。
そうまでしなければ、耳を傾けない使用者に、
向き合おうとしない使用者に、
こっちを向け、話をしようと、声をはり、体をはるのだ。

 ストライキ決行を決断することは、
労働組合にとっても、当事者である労働者にとっても、
簡単に切り出せるカードではない。

 それが少しずつわかりかけた今、
頭の中で、あの友達に語りかける。

 「ストライキやるのな、けっこう大変なんでぇ。
簡単に出来るもんじゃないんよ。
だからな、やってる人達は、ホントに真剣なん。
自分の、もしくは誰かの雇用や生活を守るために、
ホント、必死なん」

     つばき

by bigcamellia814 | 2013-02-12 21:35 | 労働問題

「負けてやったんやから、原職復帰させろ」

a0038862_21292819.jpg

 1月24日、久しぶりに雇止め解雇になった関学と団交をした。
「全面棄却」と書かれた中労委命令を受け取った私が再び目の前に現れたことに、
関学の常任理事は明らかに苛立っていた。
「おまえ、負けたくせに、何しに来た?」と言いたい様子であった。

 再び、私の「雇止め解雇に関わる問題を解決すること」という組合の要求に、
彼らは不思議な顔をしながら、
「なぜ、中労委命令で全面棄却されたのに、再び団交に戻る必要があるのか」
と繰り返すので、

 「労働組合と争議を抱えるということは、こういうことです。
中労委命令が全ての答えではありません。
中労委命令の結果が、争議の終りを告げるものでもありません。
組合が、問題が解決したと思わない限り、争議はひたすら続くのです。
労働組合と争議を抱えるということは、こういうことです。」
と伝えた。

 府労委命令が全面棄却になった後の団交でも、
私の代理人は面白いことを言った。
「負けてやったんやから、原職復帰させろ」と。
もちろん彼らは、狐につままれた様な顔をした。
「負けてやったんやから、原職復帰させろ」は、なかなかいいセリフではないか。

 勝てなくても負けない
このしつこさを知った時、労働運動は面白いなと思った。

   つばき

by bigcamellia814 | 2013-02-06 21:47 | 労働問題

「おさとう入れて あっため直すと 吉」

a0038862_20533883.jpg

 昨年11月に全面棄却の中労委命令が交付された時、
仕事を昼までで切り上げ、「しばらくふてくされて過ごします」と言って2日程休んだ。

 1日目、ひたすら眠った。
2011年から、自分の争議のことより、
橋下・維新関連に割かれる時間が格段に増え、
彼が発するネガティブオーラに、私の精神もヤられていた。
この日ばかりは、
「たまには、自分の争議のことだけ考えさせてくれ」
そう思って、ひたすら眠った。

 昼過ぎくらいにベッドから這い出し、台所に行くと、
ポストイットが貼られたポストの中に、葵が作ったゆず湯。

a0038862_20535797.jpg

「ゆず湯 あったかい」
「おさとう入れて あっため直すと 吉」

a0038862_2055285.jpg

 その横の大鍋には、
「にくじゃが
器にとって レンジで温めてね」

 私は、全面棄却の命令を受け取ったが、誰の前でも、大泣きはしていない。
代理人の前でも、葵の前でも、親の前でも、男の前でも。
でも、ふつふつと悔しさはとぐろを巻いている。
その悔しさを、どう語ればいいか、言葉が見つからないだけだ。
私の悔しさに、かける言葉が見つからない人たちを見れば見たで悔しさが更に募る。

 悔しいに決まっているだろ。悔しいに決まっているだろう。悔しいに決まっているだろう。

 バカにするな。バカにするな。バカにするな。

 全部壊してやる!壊してやる!壊してやる!

 
 そんな私に、葵だってかける言葉を失う。
けれども彼女は、失意の私に、黙って、生きる道をやんわりと照らす。
温かいお茶で。
美味しい、ご飯で。

       つばき

by bigcamellia814 | 2013-02-06 21:26 | TSUBAKIng Times

有期雇用を止めたいなら私たちが立ち上がろう!

【有期雇用を止めたいなら私たちが立ち上がろう!】

闘うことをはなから諦めている人は、闘うと決断した人をバカにするな
自分と同じ場所に引きずり降ろすな、自分と同じように諦めさせるな
批判や説教や「心配」と称した忠告をする前に、
まずはその人の闘いを静かに見つめろ
そして、何か言いたくなる自分の心と向き合え

 有期雇用を理由とする雇止め解雇撤廃を求め、労働組合に加入してもうすぐ4年。最近、初めて、私と同じ問題を抱えた大学の非正規職員が組合に加入した。来年3月で雇止めになるというその組合員は、同じ立場の同僚たちに「組合に入って闘おう」と誘ったが、「勝てるわけがない」「矢面に立つ覚悟があるのか」と言われたと言う。それを聞き、冒頭の言葉が心に浮かんだ。


 闘うと決断して今に至るまで、私も、多くの人から批判、説教、忠告、中傷、八つ当たり、諦めへと誘導する言葉を受けた。

 バブル絶頂期に大手企業に就職した姉からは「雇止めが嫌なら、最初からそこに就職しなければ良い。今更文句を言うのはおかしい」と言われた。私が目指した障がい学生支援コーディネーターという仕事は、滅多に募集もなければ、そのほとんどが有期雇用なのだから選択肢などないのだけど。

 HIV/AIDSに関する啓発活動に携わっていたレズビアンの友人には「あなたの言っていることは100%正しい。でも絶対に勝てない」と言われた。彼女が抱えてきた行き場のない無力感は理解出来るが、その無力感を伝染させられるのは迷惑だ。

 有期雇用で働く他大学のコーディネーターからは、「労働運動を持ち込まないで」と言われた。有期雇用である限り、障がい学生支援の発展には限界がある。私は一貫してそう思っている。

 相談した職場の上司からは「労組に入って闘うより、次の仕事を探した方があなたのため」と言われた。大人の処世術としては賢いが、実につまらん!

 団交の時、使用者側は「有期雇用は自己責任だ」と言い放った。この言葉を、私は一生忘れない。

 極めつけは、再審査を申立てた中労委での出来事。初回調査の日、労働者委員から開口一番「この手の争議は新幹線代の方がもったいない」と言われた。よりによって労働者委員が、はなから「有期雇用に勝ち目なし」という姿勢で臨んでいるのだから絶望的だ。そして結果は全面棄却。


 闘う私を前に、皆が何かを言いたくなる。それは私の問題ではなく、その人自身の問題だということに気づいていない。言われるたびに、ひどく落ち込み、一人泣き、その屈辱を闘う原動力に変えてきた。しかし労働組合だけは「有期雇用をおかしいと感じる、あなたの直感を信じなさい」と言い続けてくれた。その言葉で、私は気持ちを偽らずに生きる健康を取り戻せた。労働組合の可能性を信じるのは、この体験があるからだ。


 来年4月から施行される労働契約法は、予め5年以下の上限を設けられた有期雇用労働者には何のメリットもない棄民政策だ。この現実を私たち自身が直視しよう。自ら立ち上がらずして、国や法律、裁判所や労働委員会、そして正規労働者が変わる訳がない。労働運動の魅力は、運動によって法律を超えた条件を勝ち取れる可能性があることだ。悪法である労働契約法も、労働運動にかかれば逆転のチャンスはある。だから最初から諦めるな。有期雇用労働者の人権を守る道があるとすれば、労働組合に入り、仲間と連帯し、実力で雇用を勝ち取っていくこと。これが3年9ヶ月闘った私の確信だ。

(労働情報852号 2012年12月1日発行)


【プロフィール】
大椿裕子(おおつばきゆうこ)大阪教育合同労働組合執行委員。大阪全労協青年部。2010年3月末、有期雇用を理由に関西学院大学を雇止め解雇。3年9ヶ月に及ぶ争議の末、中労委再審査全面棄却。争議中支えられたモノ、組合、同居人、クレイジーケンバンド!

by bigcamellia814 | 2013-02-06 10:41 | 労働問題

結婚報告

a0038862_10451426.jpg


 20代の頃、被差別部落出身であることを理由に結婚が破談になった経験をもつ友人が、この度、結婚することになった。これまでも、友人からの結婚報告はそれなりに嬉しいものではあったけれど、彼女の報告ほど喜びを感じるものはなかった。

 彼女がどのような差別を受けてきたか、
そして、彼との別れの中で傷ついた心身を癒すのに、
どれだけ長い長い時間を費やしたか、知っているからこそ彼女の結婚報告は私にとって誰よりも特別だ。

 結婚式は、「身内と職場の人だけで、こじんまりとやる」と言う彼女に、
葵がすかさず「私ら身内やろ〜」と言う。
「あんな、他の人の結婚とは訳が違うのよ!
ここは、盛大に祝っとかなあか〜ん!私が幹事やるから、盛大にパーティしよ!」と私。

 彼女が差別とたたかい、
痛みと苦しみを乗り越え、
そして長い時間をかけて再び大切に思う人と出会えた、
彼女のここまでの人生を、
盛大に、盛大に祝わなければいけない。
よくここまで生きてきたと祝わなければいけない。

 差別は人を殺す。
それでも、希望を携え、一歩一歩生き延びてきた彼女の人生を、
私たち友人は、盛大に祝いたいと思う。

   つばき

by bigcamellia814 | 2013-02-05 22:24 | TSUBAKIng Times