<   2012年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

【拡散歓迎】有期雇用を止めるのは私たち自身だ!!〜当事者が立ち上がり、声をあげる運動を育てよう!〜

 3年11ヶ月闘ってきた、
『関西学院大学障がい学生支援コーディネーター雇止め解雇事件』の中労委命令は、
2012年11月2日に交付されます。私の手元に命令書が届くのは11月5日。
さて、中労委はどのような命令を下すでしょうか?

 この3年11ヶ月、自分の争議だけでなく、多くの大学との団体交渉に参加しました。
その多くが、有期雇用の労働者の争議でした。
団交日時の引き伸ばし、学内での団交を拒否、団交そのものを拒否、やりたい放題です。

 このまま好き勝手にやらしていいですか?
黙って、雇止め解雇されるのを待ちますか?

 有期雇用で働く仲間に向けメッセージを書きました。
組合ニュースに掲載したこのメッセージをここにも掲載し、
多くの方々に読んでいただきたいと思っています。
どうぞ、あなたの周りにいる非正規労働者の方々にご紹介ください。

 当事者が、立ち上がり、声を上げなければ、有期雇用は終わりません。
3年11ヶ月闘いの中で得た私の確信は、この一言に付きます!


有期雇用を止めるのは私たち自身だ!!
〜当事者が立ち上がり、声をあげる運動を育てよう!〜

 先日、某大学の職員が組合に加入しました。
3年前に派遣から直接雇用に切り替わった際、
上限3年の有期雇用か退職かという不条理な契約を迫られ、
前者を選んだその組合員は、
来年3月で雇止め解雇になるという通知を握りしめ組合に相談に来ました。
業務は継続するのに、数年で雇止め解雇にし、また新たに採用し有期で雇うのです。

 この負の連鎖を断ち切るには、
有期雇用の労働者自身が、立ち上がり声を上げることが必要です。
これは、関西学院大学を雇止め解雇になり、
3年半に及ぶ闘いの中で、私自身が強く確信したことです。

 8月に改「正」された労働契約法は、
上限が設けられた有期雇用の労働者には、何の役にも立ちません。
私たちを保護する法律など存在しない現実を、まずは直視しましょう。
上司の働きかけ、法人・企業の裁量により、
期限を超えて継続雇用をされる例もありますが、
そんな期待は霞を掴むようなものです。
そのような恣意的行為によって、労働者は更に分断されていきます。

 残された方法は、有期雇用の仲間と連帯し
労働組合に入り、運動を通して実力で継続雇用を勝ち取っていくことです。
4割にも達する私たち非正規が、ストライキを起こせば、この社会は止まります。
それほど、今の日本は非正規に依存しているのです。

 一旦契約を交わした当事者が、
「そもそも恒常的な業務を有期雇用にしていること自体が問題だ」
という確信に辿り着くまでには、時に自分を責め、何度も心が揺れることでしょう。
しかし私たちは、「業務が継続するなら、雇止め解雇の必要なし!」
と堂々と主張して良いのです。
「闘う余裕なんてない」という、切迫した状況の方へ。
1人で闘う必要はありません。
まずは、相談に来てください。
同じような思いを抱えた労働者がここにはいます。
私たちはあなたと共に闘います。
だから、諦めないでください。
あなたは、使い捨てられてよい人ではありません。
仲間とともに一緒に立ち上がりましょう!

関西学院大学雇止め被解雇者
大阪教育合同労働組合 執行委員   大椿裕子

by bigcamellia814 | 2012-10-31 14:39 | 労働問題

【こんなイベントあります!】“橋下旋風(ハシモトカゼ)”考 ハシモトカゼへのワクチン八策勉強会

a0038862_14334828.jpg
a0038862_14335625.jpg
a0038862_1434380.jpg
a0038862_1434119.jpg


 11月下旬から、“橋下旋風(ハシモトカゼ)”考〜カゼ予防してますか? ハシモトカゼへのワクチン八策勉強会〜が、大阪各地で開催されます。なかなかのそうそうたるメンバーです。面白そう!私は久々に辛淑玉さんのお話を聴きに行きます!


【開催一覧】

◆11月19日(月) 18:30~20:30(開場18:00)  いきいきエイジングセンター第1研修室
辛淑玉が語る“橋下旋風”と人権
講師:辛 淑玉さん(人材育成コンサルタント)

◆11月25日(日)19:00~21:00(開場18:30) クレオ大阪東・多目的室
“橋下旋風”と日本軍『慰安婦』問題を考える
講師:石川 康宏さん(神戸女学院大学教授)

◆11月26日(月)19:00~21:00(開場18:30) 阿倍野市民学習センター講堂
寺脇研が語る“橋下旋風”と教育
講演 寺脇 研さん(京都造形大学教授)

◆11月27日(火)19:00~21:00(開場18:30) 総合生涯学習センター第1研修室
山口二郎講演会「どうなる?どうする?“橋下旋風”と日本政治」
講師:山口 二郎さん(北海道大学教授)

◆11月28日(水)18:30~20:30(開場18:00) いきいきエイジングセンター第1研修室
“橋下旋風”と民主主義を考える―原発問題から
講師:薬師院仁志さん(帝塚山学院大学教授) 対談 原発国民投票有志

◆11月29日(木)19:00~21:00(開場18:30)  シアターセブン
ジャーナリスト西谷文和が斬る!“橋下旋風”
講師:西谷 文和さん(ジャーナリスト)

◆11月30日(金)18:30~20:30(開場18:00)  住まい情報センター研修室
“橋下旋風”と教育現場の自由を考える
講師:土肥 信雄さん(元東京・三鷹高校校長) 
対談:奥野泰孝さん(「支援学校の君が代不起立を支援する会」(仮))

◆12月4日(火)18:30~20:30(開場18:00) 伊藤塾大阪梅田校4階401教室
保守思想から“橋下旋風”を観る
講師:中島 岳志さん(北海道大学准教授) 
ゲスト:湯浅 誠さん(社会運動家)

★参加協力費(資料代等) 各回とも1,000円/無職・非正規・学生500円
★協賛 新聞うずみ火

★このイベントはAIBO―Action Incubation Box Osakaのキャンペーン
 「大阪ええじゃないか~“変える”に参加する10日間~」の関連企画です。
 公式サイト http://www.eejanaika.info/

★保育の利用をご希望の方は【AIBO★KIDSステーション】を利用できます。
5日前までにお申込みください。
Fax072-669-7411 station@npo-sean.org

★手話通訳・パソコン通訳のご依頼・ご相談は、
【LICのパーソナル通訳プロジェクト派遣】をご利用いただけます。
℡0798-34-5933 
メール pctake@jpn.cilmsa.com 
HP:http://www.cilmsa.com/lic/

★フライヤー
モノクロPDF版
https://t.co/B5PcGiO7
https://t.co/CL1G1TUP
カラーJPEG版
https://t.co/I5kZc7uX

by bigcamellia814 | 2012-10-30 15:39 | お知らせ

分断を断ち切るために、愛ある爆弾を投下する

『大学は、団体交渉を申し入れるとジワジワと先延ばしするなっ。
朝から、それとの攻防戦。
「団交なんかせんぞ〜!」なんてことは絶対言わないの。
不当労働行為になることを知ってるから。
しかし、ジワジワと先延ばしし、団交の場以外で話したがる。
そして組合の頭越しに、組合員個人と交渉を始める』


 とTweetしたら、
大学教授の方から、こんな返信をいただいた。

「どこの大学かいわないと、大学全部がそうであるように読める。
最近の学長は世代的に組合書記長・委員長などの経験者が多く、
労働者に理解がありすぎて逆に組合運動が盛り上がらず、
組合の必要性が薄れて組織率が落ちるところもある」


 失礼しました。確かに全ての大学がそうではありませんね。と返信しておいたが、
心の中では、「たいていどこの大学でもそんな感じじゃ!」とボヤく自分がいた。
私、アタリが悪いんですかね。

 「最近の学長は世代的に組合書記長・委員長などの経験者が多く、労働者に理解がありすぎて逆に組合運動が盛り上がらず、組合の必要性が薄れて組織率が落ちるところもある」
という箇所について、
正直、それは一体どこの大学の話か?
一度、そんな大学にお目にかかりたいものだと思ったが、
読後、妙な違和感が残った。

 その労働者の中に、大学で働く非正規労働者は入っているのだろうか?
そもそも多くの大学で、非常勤講師や非正規職員の学内教職員組合加入を認めていない状況がある中で、かつて労働組合の要職に就いた、労働者に「理解がありすぎる」学長や理事長の恩恵を受けられるところに、非正規労働者はいるのだろうか?

 ある大学では、非正規も学内教職員に加入できるが、
「非正規の人が組合費払うの大変でしょ?だから、誘わなかったの」と言って、
非正規に周知も勧誘もしてこなかった。
なんじゃ、その理由。笑かすなっ!
正規と非正規の掛率変えて、所得に応じた組合費を設定にすりゃぁいいだけの話じゃない。
非正規こそ、労働組合が必要なのに、
労働組合が存在する本質的な意味がわかっていない。

 上限3年の有期雇用、来年3月末で雇止め解雇になる予定の某私立大学の職員は、
上司に前々から「継続雇用する予定」と言われ続けているが、
未だに大学からの正式な回答はない。
もうすぐ11月だよ。
ギリギリになって、やっぱりダメだったって言われたらどうするの?
今から就活したって、すぐに仕事が見つかるかどうかもわからないのに。
雇止めの不安にさらされている非正規の気持ちを、
正規の労働者たちは、どれだけ想像できているだろうか?
想像する気持ちがあるだろうか?

 正規の人たちは、非正規の人たちが、
あなたたちのことを裏でどんな風に言っているか知っているだろうか?
たぶん、聞くに耐えられないと思うよ。

 非正規の人たちは、正規の悪口を言って、批判をして、
ほんの一瞬溜飲が下がるかもしれない。
けれどその声や怒りは、聞くべき人たちのところに届いていない。
なぜなら、聞くべき人たちの耳に心に届けることを諦めているから。
だから、バカにされた状況はちっとも変わらない。
届ける方法はちゃんとある。
絶望を言い訳に、分断の罠にはまってはいけないし、加担してはいけない。


 大学の中でも、その他の労働現場でも、
正規と非正規が分断されている状況をこのままにしておいてはいけない。
正規と非正規が共に加入出来る労働組合、
正規と非正規が共にたたかう労働組合を目指さない限り、
正規と非正規の間に鬱屈している、
蔑み、
恨み
妬み、
ひがみ、
地の底を這うような怒りは拡大していくだけだ。

 出来れば私は、そのような感情に引きずられない生き方をしたいと思い、
労働運動という方法で自分の権利を主張する選択をした。
一緒に働いている人はずいぶん迷惑がったけど、
これは、私とあなたたちとの間にある分断を断ち切るための愛ある爆弾。

 ともに限界を引かないでほしい。
たがいを諦めないでほしい。
そのためには、たたかうことが必要な時もある。

     つばき

by bigcamellia814 | 2012-10-26 17:29 | 労働問題

A List of 100DREAMS

a0038862_18122061.jpg


 月に1、2度、重度の脳性麻痺の方の介助に入る。
その方はEXILEが好きだ。
私は彼らがどんな曲を歌っているかもよく知らないし、
メンバーの名前もほとんどわからない。
ただ、前々からMATSUさんはいい顔をしているなぁと思っている。
唇の厚みがいいと思う。
でも、その程度だ。世間のブームに全く付いていけていない。
(いいの!私はクレイジーケンバンドが好きなのだから!)

 その方は、月間EXILEという雑誌を購読されている。
EXILEに全く関心のない私だけれど、
唯一好きなページがあるので、仕事終わりに時々読ませてもらう。
『A List of 100DREAMS 〜USA version』 というコーナー。

 作家ロバート・ハリス氏の著作に影響を受けたUSAさんが、
彼の夢をひとつひとつ叶えていく旅。

 例えば・・・
・ネイティヴアメリカンと聖地で踊る
・世界最大のカーニバルで踊る(ブラジル)
・永遠のヒーローに逢う(ジャッキー・チェーン)
・ほたるの乱舞に包まれる
・屋久島の天然水で焼酎水割りを飲む
・マサイ族とジャンプ勝負する
・世界最古の民族、ハッザ族と踊る
・ジャマイカでレゲエとラスタの魂に触れる
・360度大海原のダンスフロアで踊る
・子どもが踊る絵本を作る
・ダンス教育番組を作る
・家族の夢を叶える

など。

 ダンサーなので、ダンスにまつわる夢が多い。
旅をしながら、世界の人たちと踊る。
そして子ども達にダンスで未来を伝える。

 このコーナーを読むのが、好き。
他人の夢なのに、ワクワクするんだ。
私だったらどんな夢を叶えたいだろう?と、
A List of 100DREAMS〜TSUBAKIversionに思いを巡らせる。

 今月は、アメリカ・ネバダ州・ブラックロックシティで行われる、
バーニング・マンに訪れるという夢を叶えたUSAさん。

 1ヶ月ほど前、男友達から、
「椿ちゃん、バーニング・マンって知ってる?知らない???
砂漠の真ん中で、1週間くらい、アートや音楽やダンスを楽しんだりするイベント。
その場所では、一切お金が介在しないんだ。
食事や飲み物も基本は持参。
ひとつだけオフィシャルのCafeBarみたいなのがあって、
そこで飲み物とかは調達できるけど、それも全部フリーなんだ。
椿ちゃんならね、それ、やれると思うんだよね。
行ったら?椿ちゃん、絶対合うと思うなぁ」
と、他人のことなのに妙な確信を抱きながら、激しく勧めてくれた、それだった。
私はそれまでバーニング・マンのことは知らず、
USAさんのレポートを読んで、「彼が言っていたのはコレだったのか!」と初めて理解できた。

 もちろん、「行きたい!」と思いましたわ、バーニング・マン。
「問題は、ブラックロックシティまでどうやって行くかだね。
8日間も滞在するなら、レンタカーがあった方がいいよね。
サンフランシスコに住んでる友達誘って行こうかなぁ。
レンタカーは彼女の旦那に運転してもらって・・・(微妙に他力本願)」
などと勝手に想像が膨らんで、膨らんで。
A List of 100DREAMS〜TSUBAKIversionにバーニング・マンを追加することにした。

 一度時間を作って、A List of 100DREAMS〜TSUBAKIversionをリストアップしてみたい。
100個の夢がリストアップ出来た時には、ココに公開しましょう。

 さて、あなたのA List of 100DREAMSは?

つばき

by bigcamellia814 | 2012-10-24 18:16 | my favorite

反戦を訴える、イラク帰還兵による全国スピーキングツアー開催!

a0038862_16283948.jpg

 反戦を訴える、イラク帰還兵アーロンとアッシュによる、全国スピーキングツアーの紹介をします。

 数ヶ月前、「IVAW 明日へのあゆみ」というドキュメンタリー映画を見ました。IVAW( Iraq Veterans Against the War)とは、反戦イラク帰還兵の会。

 映画には、イラクから帰還した若い元兵士たちの苦悩、アートを通して戦地での自分と向き合い、傷を癒し、戦争の愚かさを伝えていく様子、スコット・ウォーカー知事が提出した反組合法に反対すウィスコンシン州の人々の運動に連帯していく様子が描かれていました。

 2012年08月07日のNewsweekでは、『アメリカでは毎日18人前後の元兵士が自ら命を絶っている。アフガニスタンとイラクからの帰還兵だけでも自殺者は数千人にも上り、戦闘中の死者数(6460人)を上回るとみられている』と報じられています。ベトナム戦争、湾岸戦争など、かつての戦争にまで遡れば、どれだけの帰還兵が、自ら命を絶っていることでしょう。

 先日沖縄で、またもや女性が米兵によって強姦される事件が起こりました。その報道をテレビで見ながら、思わず「米軍は日本から出て行け!」と叫んでしまいました。絶対に許すことはできません。しかし同時に思うのです。軍隊の中で、暴力的な訓練を受け、戦地に送られ、「正義」のためにと人を殺さなければいけない人たちもまた、非人道的な扱いを受けている人々なのではないかと。そのような環境に置かれた人々が、他者の命や尊厳と誠実に向き合うことが出来るだろうかと。

 今回来日する、アーロンとアッシュは、「IVAW 明日へのあゆみ」に登場しています。私は、この映画を見て、ぜひ彼らの思いを直に聞きたいと思いました。11月20日〜12月9日の間、日本の各地でスピーキングツアーと彼らが描いた作品の展示が行われます。オススメは、アーロンがイラク式の作法で入れたお茶を囲みながら過ごすTea Project。人が座ってお茶を飲む、そこに作り出される普遍的な空間。Tea Projectは、戦争が続く多くの社会と世間の間に横たわる分断を乗り越えるために、人間性を分かち合うパフォーマンスです。

 ぜひ、お近くの会場に足をお運びください。

2012アーロン&アッシュ(反戦イラク帰還兵)全国スピーキングツアー
『戦争そして人間の和解を求めて』

 「対テロ戦争」が世界に宣告されて12年目となるこの秋、イラク占領に従軍した二人の元米兵士が来日します。元イリノイ州兵だったアーロン・ヒューズとウィスコンシン州兵だったアッシュ・キリエ・ウールソン。二人は自らの過去と向かい合いながら、芸術を通して自らの人間性をとりもどす道筋をあゆみ、「対テロ戦争の終結」と「暴力ではなく、人間性回復のために国家・民族・宗教を越えてともに手をつなぐ」ことを呼びかけています。
 今、時代の歯車は、中東・欧州・米国・アジアをつないで大きく回り始めています。二人の、世界の市民どうしの連帯と和解を呼びかけ、手をつなぐ旅にどうか皆さんもご参加ください。

■アーロン・ヒューズ(Aaron Hughes)
2003年1月30日、イリノイ大学在学中に、イリノイ州ノースリバーサイドの陸軍州兵第1244輸送部隊として召集される。
2005年春、実体験を表現し、他者と共有する必要性から、絵画専攻生としてイリノイ大学へ復学。
軍国主義と占領に立ち向かう手段として、アートを使い始める。
2009年、ノースウエスタン大学を芸術理論と実践における美術学修士として卒業。
現在は、反戦イラク帰還兵の会(Iraq Veter-ans Against the War/IVAW)のオーガナイジング・チームリーダーとして活躍。鳥愛好家。

■アッシュ・キリエ・ウールソン(Ash Kyrie Woolson)
アーティスト/イラク帰還兵。1981年生まれ。18歳と2カ月で、大学進学費用を払うために州兵(the Army National Guard)に入隊。
大学へ3年通った2003年、イラクの都市ナーシリーヤ近くの戦闘へ、部隊とともに1年間派遣される。
ウィスコンシン大学マディソン校で美術学学士課程に在籍していた2005年、娘が誕生。
戦争について子どもと交わした会話は、彼のアート作品に対する考えをより豊かにする。
2008年、広島から幕張までのピースウォークに招待され、戦争の現実を語りながら1千マイルを歩き通す。
アッシュの言葉と作品は、国際的に活躍している。

【アーロン&アッシュSpeaking Tour】
◇11月20日(火)沖縄那覇集会@県立博物館・美術館講堂 18時半〜
◇11月21日(水)沖縄国際大学講義@3号館3階309号教室 13時〜
◇11月23日(金)広島集会@広島市まちづくり市民交流プラザ 14時〜
◇11月24日(土)神戸集会@神戸市勤労会館3F 13時半〜
◇11月 25日(日)京都集会@キャンパスプラザ京都 18時40分〜
◇11月 26 日(月)大阪集会@エルおおさか・南館 18時〜
◇11月 29日(木)名古屋集会@愛知同朋大学 18時〜
◇11月30日(金)大阪女学院集会@大阪女学院大学 18時〜
◇12月1日(土) 99%ユースフォーラム@日比谷図書館 12時半〜
◇12月2日(日)川崎集会@川崎市総合自治会館第1階会議室 13時半〜
◇12月5日(水)レイバーネットTV出演 http://www.labornetjp.org/tv
◇12月6日(木)東京北部集会@北区岸町ふれあい館 18時〜
◇12月8・9日(土・日)丸木美術館展示 9時半〜16時半

【全国実行委員会より協力カンパのお願い】
IVAW(反戦イラク帰還兵の会)の二人の友人=アッシュ・ウールソン(Ash Woolson)とアーロン・ヒューズ(Aaron Hughes)が、この秋に二人の長年の夢であった“日本での個展(写真&デッサン)の開催”とあわせてスピーキング・ツアーを実現したいと伝えてきました。二人のツアー実現には旅費・国内交通・宿泊費はもちろん、展示会場確保をはじめ、すべてゼロからの出発だけに相当の準備資金が必要です。二人のスピーキング・ツアー実現のため企画・運営基金にぜひ、みなさんのご支援・ご協力をお願する次第です。

郵便振込  口座名義 : 成功させる会 口座番号 : 00970-3-143313
2012年4月1日  小淵 由紀子(同志社大講師) 木村 修 (マブイ・シネコープ)

主催:アーロン&アッシュ全国スピーキングツアー実行委員会事務局
お問合せ:mabui1101@nifty.com tel/fax 06-6786-6485
HP:http://aaron-ash-speaking-tour.org/

by bigcamellia814 | 2012-10-23 17:08 | お知らせ

魔女宣言

魔女宣言

我々は、反差別、反権力、反天皇、反原発の魔女である。
野草を食し、男中心の特権的医療介入を拒む。
女(わたし)のからだは女(わたし)たちの手で管理する。
男のための、男たちの運動のための
メシはつくらない。
それで、腹が減って闘えないと、のたれるなら、
もはや、お前たちの正義はそれまでだ。
女(わたし)たちは、女(わたし)たちのためのスープを
しっかりコトコトよく煮込み、
たっぷりの時間と愛と連帯を込めた美味なものを
食しあって、生き延びる。

運動に疲れ
一息いれるためのあたたかいハーブティーは
私たちのためのみ
ていねいに入れ、飲む。

銃後によって担保される運動、
銃後をよしとする男たちを発見したときは、
魔法ノートP・10282による魔術によって、
二度と、「社会運動」なんて場には戻ってこれないだろう。

会議において、女(わたし)たちの意見、主張、肉声を無視するな。

私たちは強烈に自己主張する。
私たちは怒りを否定しない。

女を家に置き、デモのあと、
会議のあと、集会のあとのSEXは気持ちいいか?
運動の中における性暴力を目撃したなら、
その植民地主義的ちんこを、
魔法ノートP・10777による魔術により、
満月の夜、ひきちぎりにゆく。
そしてそのままほうきにのって、
沈黙により、かき消された
まだ見ぬ被害者のもとへ飛んでゆく。
ねことともに。
女たちとともに。
どんなサバイブをも見逃さない。

そこに国境はない。
愛をこめてなんどでもうたう。
銃後の運動はもういらない。
同じ暴力を繰り返すな。
家の中における
運動の中における
女性の権利は
男の都合により割愛か。

何度でも呼びかける
女(わたし)たちは連なりたい。
女たちよ集まれ
愛をこめて。

2011 夏
終わらないノート

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 友達の書いた「魔女宣言」が素晴らしかったのでご紹介。
これを読んで、男女ともにドン引きする人が結構いるとのことだったが、
私は間髪入れず「素晴らしい!」と叫んだ方だ。

 全体からあふれるリブの匂い。
そこに、「魔法ノートP・10282による魔術によって」などとハリポタ的ファンタージーを漂わせながら、「私たちは強烈に自己主張する」などと、青い芝の会行動綱領に通ずるガチンコ感を被せてくるあたりのバランス感覚が絶妙で気に入っているの。

 この「魔女宣言」は、学生運動華やかかりし60年代、70年代に書かれたものではない。
2011年の夏に、激しい怒りとともに、女性たちとの連帯を求めて書かれた文章だ。

 つまり今も昔も、運動の中で、
女性が置き去りにされ、
女から言葉を奪い、あるいはその言葉を無視し、
ただただ、支えることを当たり前とし、
平和や平等や正義を語る男によって、
虐げられる状況が存在する社会運動の現場が実在することを訴えている。

 私が所属する労働組合は、
正規と非正規が一緒に闘う組合を目指して20数年前に結成された。
非正規の多くは女性たちだ。
非正規を組織するために、
とりわけ男性組合員たちはジェンダーの問題に向き合わざる得なかった。
その積み重ねの結果が、今の組合を作った。
ジェンダーの問題に敏感な私が、
大きな不快感や違和感を感じることなくここに居られるのは、
先輩たちが逃げずに向き合い続けた、運動の積み重ねがあるからだと思っている。

 そういう社会運動の現場が存在することもまた事実である。

 女たちはまず、コトコト煮込んだスープで体を温め、
ハーブティーを飲みながら、
時にゆるやかに、時に痛烈に思いを語り合い、
連帯を実感した先に、
男たちとの連帯の可能性を、少しずつ思い描いていこう。

   つばき

by bigcamellia814 | 2012-10-21 17:12 | my favorite

神様が誕生させた美しい人

a0038862_20252956.jpg


 今年開催されたロンドンオリンピックは、
スペインを旅していたので、ほとんど見ることがありませんでした。
とは言え、もとからスポーツに強い関心がある方ではないので、
世間が盛り上がっている最中、私は常に圏外に身を置いています。

 ただそんな私も、唯一、男子陸上には関心がありました。
答えは簡単です。ジャマイカのウサイン・ボルトが好きだからです。

 私の黒人好き、
しかもハイブリッド具合が絶妙なカリブ、南米周辺の黒人が大好きであることは、
すでに多くの方々に公言済みですが、その中でもウサイン・ボルトは本当に魅力的です。
その思いは、「神様は、なぜにあのような美しい人を、この世界に誕生させたのだろうか?」と涙が出そうなほどです。
昨年、韓国の大邱で開催された世界陸上で、フライングしたボルトの姿を見た時、
私、泣いてしまいました。
今でもあの時の映像を見ると胸がキューンと痛くなるので、
ボルトの上半身裸が見たい!という浅はかな欲望に駆られても、
あの映像だけは封印しています。

 彼の容姿、表情、動き、ジャマイカの国旗の色が映えるあの黒い肌、
ジャマイカ人であること、あの国で生まれ育ち、今も暮らしていること、
その全てが私にとっては魅力的です。

 彼の体温や、ぽっちゃりとした唇の弾力、
ふくらはぎの張り具合や、筋肉で盛り上がった肉厚な二の腕、
笑った時のミッキーマウスのような広角を思い描いてまた、
「神様は、なぜにあのような美しい人を、この世界に誕生させたのだろうか?」という思いに酔いしれるのです。幸せです。勝手に幸せです。

 さて、今更ながら、ロンドンオリンピックの時に、ジャマイカの選手団が着ていたセレモニージャケットがとってもカッコよかったことを知りました。
ボブマーリーの娘であるセデラ・マーリーとPUMAのコラボデザインだそうで、
ネックの部分には、ボブ・マーリーの歌詞の一部が刺繍されていたり、
右腕にはボブ・マーリーのワッペンもついています。
何より、ジャケットのラインが好みです。
そしてまた、このジャケットを着ているボルトがたまらなくカッコイイときたっ!

 いろいろと検索していたら、こちらで購入できることがわかりました。(メンズのみ)
しかし、
「あれっ?さっき見た時ほどカッコいいって思わないんだけど???なんで?なんで?」
「何?この日本人モデルの、ジャケットに着られてる感じはっっっ!!!(怒)」とケチを付け始めた私。要するに、ボルトが着ているから、際立ってカッコよく見えたってわけですね。
自分のボルトびいきを、まざまざと自覚しました。

 最近になって初めて、
ボルトは先天性脊柱側湾症という障害を抱えていることを知りました。
(そのことは、NHKスペシャル『ミラクルボディー 金メダルへの道 ウサイン・ボルト&内村航平』で取り上げられていたようだが、見そびれた!←ちょうど私が日本にいない時に放送するなんて、とんでもないわっ!)

 そのことを側湾のある葵に話すと、
「あぁ、やっぱり!あの人、走る時、妙に背中が反ってるなぁって思ってたんよ〜」と納得。
「あの身長で側湾があるって、絶対しんどいよぉ。ボルト、スゴイわ!
それは、ほんまスゴイわ!やっぱりあの人スゴイわ!」としみじみと言っていました。
側湾がある葵だからこそわかる、ボルトの超人的な力。

 196センチの長身や先天性脊柱側湾症は、
短距離走者にとって不利と言われてきたボルト。
出演したビストロSMAPで中居くんにそのことを尋ねられると、
「何が正解かはわからないからね」と世界最速の男が答えるのだから説得力があります。

「何が正解かはわからないからね」
これは私に向けられたボルトからのメッセージよ。
どんな方法が正しくて、何が勝ちを引き寄せるかはわかりません。

 そう思ってまた、
「神様は、なぜにあのような美しい人を、この世界に誕生させたのだろうか?」と酔いしれるのです。

    つばき

by bigcamellia814 | 2012-10-19 20:35 | my favorite

真紀子デラックス!洗濯機より、非正規研究員の継続雇用だ!

「山中教授に洗濯機贈呈を」=田中文科相が提案
時事通信 10月16日(火)12時35分配信

 田中真紀子文部科学相は16日の閣議後記者会見で、ノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった山中伸弥京都大教授(50)に対し、閣僚から洗濯機を贈ることを提案したと明らかにした。
 山中教授は8日、自宅の洗濯機が故障し、修理の最中に受賞の連絡を受けたと明かしている。田中文科相は閣議後の閣僚懇談会で「さぞ生活者としてお困りだろう。閣僚の頭割りで寄付したらどうか」と提案。全閣僚から同意を得られたといい、閣僚の寄付に法的な問題点がないかどうかを検討した上で、贈呈したい意向を示した。 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 最近、田中真紀子のことを、マツコ・デラックスに引っ掛けて、
「真紀子デラックス」と言っているのをどっかで見聞きし、
気に入ってそう呼んでいる私だけれど、このニュースだけは、
「完全にオヤジの寒すぎるダジャレと同じじゃないか!?」
と真紀子デラックスの頭を小突きたくなったね。
永田町のオヤジにまみれて、
真紀子デラックスの頭ン中も、完全にオヤジ化してしまったのかっ???
言うことがダサ過ぎて、椿、絶句っ!

 山中教授のもとで研究に励む研究員たちの多くが、
任期付きの非正規職員だと言う。(That’s 京大!)
いわゆる有期雇用ね。私が口を酸っぱくして言ってる、有期雇用よ!
京大は5年で雇止めという条項を掲げているので、
京都大学iPS細胞研究所の職員の多くも5年で首をすげ替えられるのだろう。
山中教授も「研究員をきちっと雇用できるような仕組みをお願いしたい」と話している。

 真紀子デラックス!
洗濯機寄付して誤魔化してんじゃないよ!
いくら高い洗濯機だって15〜16万程度。
そのへんのリサイクルセンターに買いに行ったら、1万もしないよ。
山中さんは京大の教授だよ。洗濯機くらい自分で買えるよ。

 そんなことより、知恵も経験も権力もある真紀子デラックスができることは、
この世紀の発見がより発展し、実用化されるよう、
今まで研究を下支えしてきてくれた研究員たちの安定雇用を求め、
予算を付けるよう働きかけることじゃない?
山中教授だって、洗濯機なんかより、よっぽどそっちの方が嬉しいよ。
この発見は、山中教授だけの成果じゃない。
彼と共に研究に勤しんできた、非正規の研究員たちの支えがあったからこそで、それ山中教授自身が繰り返し言っていること。

 京大の5年条項は頑なだ。
内側から訴え、撤廃していくことは非常に難しい。
でも、鶴の一声があればコロッと変わるんだよ。
大学って、そうい場所。

 真紀子デラックス!
あなたがやるべきことは、閣僚に寄付を募って、山中教授に洗濯機を送ることじゃない。
世紀の発明が、有効に実用化されるために、
そこに携わる人たちが安心して研究に勤しむ環境を整えることだよ。
まずはせめて、有期雇用はやめろ!
継続雇用しなさい!と、そのドスの聞いたダミ声で京大に言ってやって!!

       つばき

by bigcamellia814 | 2012-10-17 18:12 | 労働問題

75年の軌跡

a0038862_17464932.jpg

 梅田のデパートを訪れ、エスカレーターで下り始めた途端、
左目の端に止まった1枚の写真。
眼鏡屋さんの奥に貼ってあった1枚のポスターには、
機動隊が突入し、騒乱となったデモの真ん中でキスを交わす男女の姿が。

 各年代のポスターは、今年75周年を迎えたRayBanの軌跡。

 「思わず立ち止まった」と書きたいところだが、
エレベーターは、私の心の内を察して止まってくれる訳もなく、階下に私を運ぶ。
左目の端を一瞬かすめただけの写真は、一瞬にして私の目の奥に焼き付いた。
いい写真だ。
世界の混乱などお構いなく、恋に堕ちるだ。

    つばき

by bigcamellia814 | 2012-10-12 18:02 | TSUBAKIng Times

維新八策矛盾だらけ!〜解雇規制の緩和・労働市場の流動化≠正規雇用、非正規雇用の格差是正〜

 大阪維新の会が掲げる「維新八策」。
全文はコチラから。

 その中で、特に6番目に掲げる雇用政策について注目した。
以下がその内容。

===================================

6.経済政策・雇用政策・税制~未来への希望の再構築~
~雇用政策~
【理念、基本方針】
・民民、官民人材の流動化の強化、徹底した就労支援と解雇規制の緩和を含む労働市場の流動化(衰退産業から成長産業への人材移動を支援)
・ニーズのない雇用を税で無理やり創出しない
・社会保障のバウチャー化を通じた新規事業・雇用の創出(再掲)
・国内サービス産業の拡大(=ボリュームゾーンの雇用拡大)
正規雇用、非正規雇用の格差是正(=同一労働同一賃金の実現、非正規雇用の雇用保護、社会保障強化)
・新規学卒者一括採用と中途採用の区分撤廃の奨励
・グローバル人材の育成
・外国人人材、女性労働力(→保育政策の充実へ)の活用
・ワークライフバランスの実現

===================================

 これを読み、有期雇用を理由に雇止め解雇になった当事者として、文句をつけたい点が山ほどあったので、新聞に投稿したが採用されず。せっかくなので、以下にその内容を掲載しておきます。


 大阪維新の会がまとめた「維新八策」に目を通した。雇用政策の基本方針として「解雇規制の緩和を含む労働市場の流動化」を掲げながら、「正規雇用、非正規雇用の格差是正、非正規雇用の保護」を同時に謳っている。一件相反するこの2つの方針を一体どう両立するのか、有期雇用を理由に雇止め解雇になった当事者としては甚だ疑問に思う。

 2004年、労働者派遣法が改(正)され、製造業への派遣が解禁となった。それを期に、労働市場は自由化・流動化に拍車をかけ、その結果4割もの非正規労働者が生み出された。今まさに、その反省と見直しが求められている最中、維新の会が出してきた方針は小泉改革の単なる焼き直しに過ぎない。これ以上、解雇規制を緩和し、労働市場を流動化すれば、非正規雇用は益々拡大し、使用者は更に労働者の使い捨てに走ることは目に見えている。維新の会が目指すところは、格差社会の拡大か、労働者の奴隷化か、それとも自殺率の更なる増加だろうか。この方針では、どんな社会を目指している未来が見えない。

 大阪の閉塞感を生み出している根幹は、雇用の問題にある。維新の会が掲げるこの方針を支持するならば、いつまでたってもこの閉塞感から抜け出すことは出来ないだろう。



 要するに「この期に及んで、まだ解雇の規制緩和とか、労働市場の流動化とか言っての?大風呂敷広げて、何が改革よ!な〜んも真新しいこと言うてないやん!単なる小泉改革の焼き直しやん!橋下さん、あんた、労働者、地獄に突き落とす気かっ!」と橋下徹に言ってやりたいのです。

 橋下徹、考えることがいちいち古臭い。
「大きな方針や戦略は今の国会議員団より僕の方がたけている」
とか啖呵切りながら、全然時代読めてないし。
今時、解雇の規制緩和とか、労働市場の流動化とか、もうアホやろ!って思うてます、私。

    つばき

by bigcamellia814 | 2012-10-10 16:08 | 労働問題