<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

怒髪天の労働Songs


 朝、調子を出したい時は、最近この曲を聴いています。
怒髪天の「全人類肯定曲」
「まずは目覚めて ひとりガッツポーズ
今日も生きてる コレでひとつ勝ちだぜ!」

というところで、私もガッツポーズで気合いを入れる!
「生きてるだけでOK! まァ イロイロあるケド」
というテキトーな歌詞で始まるところもスキ。


 この曲も、よっしゃ!って気合いを入れる時に聞いてみる。
「オトナノススメ」
「オトナはサイコー!オトナはサイコー!
ぜんぜん楽勝! 恐れるに足りん」

ってところが大好き。
そうよ、若い子たち!
生きてりゃイロイロあるけど、恐れるに足りん!
オトナは楽しいよっ!


 結構、労働者向けの曲が多く、「労働者CALLING」はその代表格。
「喰うために働いて 生きるために唄え!!」「ビール・オア・ダイ」「ロクでナシ」なんかも、長年労働運動をやってきたオジさん達にもウケがいいだろうと思うので、「メーデーで彼らのライブやりたいわ!」と思うのだけど、最近はホールツアーまでやるようになっちゃったから、予算的に難しいかしらね。メーデーの時に彼らのライブやったら、絶対に盛り上がる!とひとり妄想中!私が呼べるなら、彼らを呼ぶ。

 「男」「男」「男」と「男」の主張は多いけれど、
恋愛の歌中心の女性ミュージシャンの曲を聞くより、私にはよっぽどしっくりくる。
「男」的主張も、増子兄ィ(Vo)のオモシロさで、中和。

 一度、CKB、氣志團、怒髪天という、やんちゃな男たち3本立てのライブに行き、初めて怒髪天の存在を知ったのだけど、予想以上にライブパフォーマンスがオモシロかった!オモシロすぎた!

 今年の秋は、彼らのライブ行きます!

 オトナはサイコー!
 恐れるに足りん!
         

      つばき

by bigcamellia814 | 2011-09-02 07:24 | 労働問題

ホコリを被ったボタン

a0038862_6231497.jpg

 夏に長崎を旅した。
中学の修学旅行以来だった。

 長崎市内を走る路面電車、石橋駅で下車。
グラバー邸に上るグラバースカイロードの入り口あたりにある、
古い手芸屋さんで買った、ボタン。

a0038862_6275935.jpg

 佐世保のボタン店で買った、色とりどりのボタン。
お店のおばちゃん、計算が面倒くさかったのか、
「全部、100円でいいよ」とおまけしてくれた。

 地方の寂れた商店街の中にある手芸店には引き寄せられる。
もう、しばらく客らしい客が訪れていないのか、
商品の陳列は、少しばかり雑然とし、
ボタンの箱には、うっすらとホコリが被り、
手に取ると、指先が黒く汚れる。

 けれど、そういうお店こそ、
懐かし匂いがする日本のボタンが、忘れ去られたまま、
たまーに来る私の様な客を待っている。

 そういう店に間違いはない。
いいボタンがホコリを被って眠っている。

      つばき

by bigcamellia814 | 2011-09-02 06:37 | my favorite

Winsor & Newton

a0038862_5564523.jpg
a0038862_557447.jpg


 文房具屋さんでWinsor & Newtonのインクに目がとまり、
やっぱりパッケージのデザインがかわいい!と思い、
ズラリと並べて、こっそり写真におさめた。

 箱から出てくるインクボトルのフォルムも美しい。

 大人になったら、自分の文机の左端に、Winsor & Newtonのインクが数種類並んでいる予定だった。現実は、書類が雑然としているだけ。(笑)

 最近、丁寧に手紙を書く時間がなくなった。
今週末は、大切にしている万年筆で、あの人に手紙を書いてみようかしら。


      つばき

by bigcamellia814 | 2011-09-02 06:06 | my favorite

LIBERTY FABRICS

a0038862_5462958.jpg

 LIBERTYを買うのは私の贅沢です。

 永遠に女の子でいることを許す、ファンタジーがそこにあります。

     つばき

by bigcamellia814 | 2011-09-02 05:53 | my favorite