<   2011年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

Two Fathers


ずいぶん前に友達が紹介してくれた、オランダの子ども向けTV番組。
今でも時々見直してしまいます。
ゲイカップルに育てられたテレンス君が、2人への思いを歌います。
オランダでは、同姓婚が認められ、養子を持つことも認められているそうです。
こんな風に堂々と歌ってくれたら、お父さんたち、たまらないよね。

 これ見るといつも涙が出ちゃう。

 私の身近にも、子どもを持つことを真剣に考えているレズビアンの人たちが何人かいる。この国の養子縁組制度は結婚制度が前提で考えられているし、多くの条件が設けられている。同性愛者や、私のようなシングルや結婚制度を選択しないカップル等は、養子縁組から縁遠い。

 日本でもレズビアンカップルやゲイカップルに育てられている子どもたちはいるだろう。その子たちが、安心して、自分の家族のことを話せていたらいいなぁ。テレンスくんのようにね。

 見るたびに、あぁ、こういう世界で生きていたいなぁと思って、そう思うと、なんとなく涙が出てしまう。

by bigcamellia814 | 2011-04-29 18:12 | TSUBAKIng Times

動画求む!~阪急電車の車内CM 初デート編~

 たぶん、地下鉄への乗り継ぎを考えたら、阪神電車の方が便利なのだろう。
でも、なんとなく阪急電車の雰囲気の方が好きで、毎日阪急電車で通勤している。

 阪急電車の車内CMで、とても素敵なCMがある。
初デートの日、互いに阪急電車に乗って、待ち合わせの駅に向かう男性と女性。
彼の方が先に改札口で待っていて、
テレながら、ヨッ!と手を挙げる時のぎこちない表情がいい。

 みんなに見せてあげたくて動画を探したけれど見つからず。
関西に来られた時、ぜひ阪急電車に乗ってみて。
偶然にもこのCMに出くわすかもしれません。

by bigcamellia814 | 2011-04-29 17:18 | my favorite

血の入れ替え

 先日、某外大との団交に出かけた。
「教員招へい制度」と言う名のもとに、
多くの外国人教員を1年ごとの契約で5年間の有期で雇用している。
5年後、再び教員招へい制度や専任の募集があればアプライ可能だが、
基本的には雇い止め解雇となる。
その上限廃止を求めて団交を行った。

 「有期雇用でなければいけない理由は何か?」と尋ねると、
「血の入れ替えです」
とあっさり答えられ、こちらの方が驚いてしまった。
その言葉、使っちゃいますか?
いきなり自分から、その言葉言っちゃいますか?
私を雇い止め解雇した大学も、その言葉だけは使わなかったぞ。
言ってることは同じだが、その言葉だけは言うのを避けていたぞ。

 先方曰く、
日本に5年も居れば、外国人らしさがなくなるそうだ。
教授法も使い古されたものになってくるらしい。
だから彼・彼女らを5年で雇い止め解雇にし、
再び新しい外国人を雇い、血を入れ替えるそうだ。

 「そういう契約でご納得されたのでしょう?
私達は何も差別的な扱いはしていませんよ。」と堂々たるもんである。

 私は、例え自分の争議が終わっても、
こういうオヤジ達を相手に、有期雇用の差別性を訴えていかなければいけないのかと思い、しばし途方にくれた。

 「オヤジのいない世界に住みたい」とずーっと思ってきたのに、
自ら選んだのか、流されてココにいるのかわからないが、
私は彼らと真っ向勝負の場所にいる。
それは、この先もしばらく続くのだろうと静かに覚悟を決めた。

by bigcamellia814 | 2011-04-29 16:55 | 労働問題

あなたならどんな旗を掲げますか?~九州新幹線の180秒CM~



 60代の男性ふたりと話してた時のこと。

Aさん/テレビ見よってなぁ思ったんやけど、天皇のファンって多いんやなぁ~。

椿/Aさん、ファンって・・・

Bさん/きゃぁきゃぁ言うてるとこだけテレビで流しとるだけや。

椿/そんなもんかぁ・・・

Bさん/九州新幹線のお蔵入りになったCM見たかぁ?
あれ見ても、日の丸持ってたの3人くらいやで。
(そういう視点で、このCM見るんですかっ!笑)
自分で作った旗とか、部活の旗とか、そんなんばっかりや。
日の丸、人気ないで~。
あれアメリカやったら、みんな星条旗持っとるぞ!

椿/それ言うなら、あのCMで一番多かった旗はレインボーフラッグだったでしょう?
めちゃめちゃレインボーフラッグ人気あったやん。
でも、レインボーフラッグは、ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスセクシュアル、インターセックスの人たちのコミュニティを象徴する旗でもあるんだよ。あのCMだけ見たら、「日本って国は、なんてLGBTIに理解のある国なの!」って思っちゃうよ。

 ってこんなやり取りも、「でもさぁ、あのCMはイイCMだよね。」という話で落ち着いた。

 
 森村泰昌氏の展覧会「なにものかへのレクイエム」を観にいった時、彼のこんな詩に出会った。

 私達は、戦場の頂上に旗を掲げます
 意気揚々たる、勝ち誇る旗ではありません

 一枚の薄っぺらな画用紙
 平々凡々たるカンバス
 私の旗は
 白い旗です

 見上げれば、宇宙の風
 見下ろせば、戦える大勢の人々

 宇宙の風と戦いの影がせめぎあう
 地球の頂上に立ち
 あなたなら
 どんな形の
 そんな色の
 どんな模様の
 旗をかかげますか
 

by bigcamellia814 | 2011-04-29 16:19 | TSUBAKIng Times

明日4月29日/「原発のない日本へ」の行進in高知

 4月29日、高知県で「原発のない日本へ」の行進in高知が行われます。
お近くの方、ぜひ参加どうぞ!
以下、詳細ご案内します。
また、このHPを見て頂いた方、あなたのHP・Blog・Mixi・Twitter・face book等でご紹介頂ければ幸いです。

 「原発のない日本へ」の行進in高知

日時:2011年4月29日(祭日) 11時丸の内緑地公園集合、11時半頃スタート

<コース>
丸の内緑地公園→追手筋→ひろめ市場脇→帯屋町アーケード
   ↑                      ↓        

電車通り (県庁前)    ←   中央公園    

* 雨天の場合は 丸の内緑地集合で、行進は帯屋町アーケード内のみとします。 
  鳴り物歓迎!歌うもよし、踊るもよし、
  見ていて参加したくなった人も大歓迎。
  それぞれが好きなようにアピールしてください。
  プラカードは各自で作ってきてください(持っても、首からさげても)

  2時からは丸の内緑地公園で意見交換会

  <はじめにお話してくださる方達>
①木村俊雄さん:S58~H13まで東京電力勤務(主に炉心運転管理と設計業務)現在はhb108(木こり家プロジェクト「自給自足生活の提案」)にて、ソーラー発電事業(蓄電方式)に関っています。旧住まいは、福島県双葉郡大熊町(原発からおよそ15キロのところでした)

②溝渕卓夫さん:高知市生まれ、高知在住。四国初の市民風車の実現に向けて活動中の「みるきい」代表。

③西隈隆則さん:70年代後半から、自然保護や反原発運動に関わってきて、現在は黒潮町で塩作りをしています。

④外京ゆりさん:「グリーン市民ネットワーク高知」 世話人

⑤村上智之さん:四万十町でむらかみ農園をやっています。

あとはどなたでも発言したい方、お願いします。これから私達に何ができるのか、何をすべきなのか、一緒に考えていきましょう!

*当日は堀内佳子さんというプロの方が、映像を撮ってくださることになりました。立場上、映りたくない方 サングラス、覆面?、お面、等対応お願いします。

by bigcamellia814 | 2011-04-29 00:56 | TSUBAKIng Times

第82回 中之島メーデー/競争より共生の社会を!

a0038862_020031.jpg
 5月1日はメーデーです。労働者の団結の日ね。その日に向け、我が家に避難中の友人たちとともに、プラカード量産中!

a0038862_0243975.gif

 私は毎年、中之島メーデーに参加していますが、
今年は歴史ある中之島メーデーの司会を私がさせて頂く事になりました。
以下、中之島メーデーに関する情報です。
多くの場合、組合全体で参加されますが、
もちろん所属等に関わらず、どなたでも参加できます。
集会終了後、自分の思いを書いたプラカードを掲げ、
梅田までの道のりを一緒に歩きましょう。
私は、
『I have No expiry date!
against the Fixed-term employment
and the ageism for women』

(私に有効期限はありません!~有期雇用と女性への年齢差別に反対します!)
というプラカードを掲げて歩く予定です。
みなさんも一緒に!

第82回 中之島メーデー/競争より共生の社会を!

日時:2011年5月1日(日)10:00開催
場所:中之島公園剣先ひろば
※労働相談コーナーを開設、無料で弁護士が対応します。
お問い合わせ:実行委員会 事務局/全日建関西生コン支部 連絡先/TEL 06-6583-5546   FAX 06-6582-6547

 しかし、いいポスターだけど男くさいポスターだなぁ~。
これじゃぁ、「労働運動=男の運動」というイメージが継承され続けてしまう。
来年は私がポスターのトップを飾るわっ!(笑)

by bigcamellia814 | 2011-04-29 00:39 | 労働問題

橋下さん、今度は本気で実現お願いします!

a0038862_0105651.jpg

2011年4月28日
「原発の新設・延長止めたい」橋下知事、代替策検討へ 
 大阪府の橋下徹知事は27日の記者会見で、節電や代替エネルギーを導入する政策を進めることで、関西で使う電力を供給する原子力発電所の「新規建設や、(老朽化した原発の)延長計画を止めにかかる」と表明した。今秋にも具体的な方策をまとめる。28日に7府県の知事らが出席して開かれる関西広域連合委員会の場で、他の府県にも賛同を呼びかけるという。

 橋下氏は、原発の新規建設・延長の停止を「当面の目標」とする考えを示し、「府民運動を起こしたい。節電や代替エネルギーで、原発1基分はいけるのではないか」と述べた。

 府によると、関西に電力を供給する増設予定の原発は、日本原子力発電の敦賀原発3号機、同4号機(福井県敦賀市)の2基。1970年に運転を始めた関西電力の美浜原発1号機(同県美浜町)も後継機の建設が検討されている。

 橋下氏は、不足する電力を節電や太陽光発電など代替エネルギーでまかなうための具体策の検討を、府の各部局に指示した。

 ただ「産業の衰退や都市の魅力低下につながることはしない」とし、節電の対象としてパソコンの消費電力削減や自販機の一時停止、電気料金の設定の変更などを例示。電力が不足している東日本での節電策も参考にするとしている。

 橋下氏には他県に立地する原発計画を変える権限はないが、新規建設が不要となるような代替案を示せば「関電も原発を新設しなくてもよいと考えるのではないか」と期待を示した。

 また橋下氏は原発を「ある意味で必要悪」とし、今回表明した考えは原発への依存から抜け出す第一歩、と位置づけた。原発依存の脱却と自然エネルギー転換を進める財団の設立を表明したソフトバンクの孫正義社長と26日に東京で会い、賛同を得たという。


 橋下知事の支持率は相変わらず高い様だが、私の周辺では限りなく低い。
私の住む世界が世間一般とかなり乖離した状況にあるのか?
彼の言動や目指す方向性に、数々の疑問を感じているが、
しかしこれについては「たまにはマシなこと言うやん」と思った。
本当に、実現に向け舵と取ってくれるのであればね。

 彼には「人気取り」のようなところを感じる。
今、民意は脱原発への高まりを見せていて、それに便乗している感じ。

 普天間基地の県外移設について全国知事会議が開かれた時、
橋下知事だけ、「大阪府や関西は基地を負担しておらず、真っ先に汗をかかなければならないと思っている。」という発言をして注目を浴びたが、その後、沖縄県知事の仲井真弘知事に「視察に来てください。」と言った場所が、彼のおひざもとの関空や伊丹空港ではなく、神戸空港だったのには仰天した。あれだけ大風呂敷広げておいて、まず神戸空港かいっ!と。

 しかし、今回の提案内容自体は、望ましい提案だと思う。
このまま大風呂敷で終わらないように、彼が言うところの「府民運動」を大きくしていきたい。

by bigcamellia814 | 2011-04-29 00:15 | TSUBAKIng Times

Jetstar 車イスの乗客に別途料金請求 ~HPに詳細掲載~

 先日このブログにも掲載しましたが、Jetstar・車イスの葵に別途料金請求問題について、
こちらのHPにも掲載されています。どうぞ、お読みください。
これからもJetstarとの話し合いに応じて、随時更新予定。
葵も時々執筆します。
今後の展開に乞うご期待! 

 いろんな方々に、今回の出来事を知っていただきたいので、このHPを、お友達にご紹介いただいても結構です。


台湾旅行であった許せないお話 ~格安航空会社、車イスの乗客に別途料金請求~
http://www.yo.rim.or.jp/~yt01-ozk/tubaki.html

by bigcamellia814 | 2011-04-28 00:07 | TSUBAKIng Times

Jetstarの企業精神が知りたい!~Jetstarの障害者への対応、これってどうなの?~

今回の台湾旅行は、オーストラリア・メルボルンに本社を置く格安航空会社Jetstarを利用した。エコノミークラスのチケットにはサービス料金が含まれていないため、機内食、飲料、ブランケットなどを希望する場合は別途料金が必要となる。退屈な機内での数時間、映画を見たり、音楽を聴いて過ごす人も多いと思うが、そこにも別途料金が発生する。そういったサービスや、そこにかかる人件費を削減することによって、チケットの格安化を実現している。乗客にも、そのことは了解済みであることが求められる。台湾までのフライト時間、約3時間。この程度のことは十分我慢が出来る。
 しかし、車椅子のルームメイトと旅をしなければ、見えてこなかった問題点にも直面した。

 関空からの出発の際、チェックインカウンターで「台湾に着いたら、車椅子の対応をしてくれた方に○○○元(正確な値段は忘れた)支払って頂くことになっています。日本円で600円くらいですかね。」と言われ驚いた私たち。「ここで文句言ってもしょうがないけど、そこでカネ取りますかぁぁぁぁ?」と文句を言う私たちに、グランドホステスの方、しどろもどろの返事。

 台湾に到着し、空港スタッフの男性がルームメイトの対応に当たってくれた。出口まで車椅子を押してくれ、そこでお金を請求されたが、具体的な金額は言わず「気持ちでいい」とのこと。「そんなこと言われたら余計に難しいよ。」と言いながら、とりあえず100元(300円弱)を手渡した。

 そして本日、帰国便。
またもやチェックインカウンターで、「車椅子の対応をしてくれた方に300元払ってください。」と言われた。300元と言えば日本円で900円弱。ツアーの現地ガイドさんを通じて、
「なぜ、お金を支払わなければいけないのか?」
「障害者の乗客からお金を取るのは、どういう考えに基づいているのか?」
「そのお金は、誰の手に渡り、どう使われるのか?」
とグランドホステスの若い女性に質問をし続けた。彼女も対応に困り、何度もマネージャーに確認に行くが、最後には「それが仕事だから。」と言うことで、結局のところ納得のいく説明はもらえなかった。

 ガイドさんの話によると、台湾桃園国際空港全体がそういう対応を取っている訳ではなく、他の航空会社は車椅子の乗客の対応に別途料金を要求したりしないとのこと。どうやらJetstar独自の対応のようだ。「こんなこと私も初めてです。」と言っていた。
 結局、ルームメイトは対応してくれた空港スタッフに300元を支払った。

 日本に到着し、JetstarのCAに、台湾でお金を請求された件について、「それは、台湾のJetstarだけが行っていることなのか?」「それとも、Jetstar全体として行っていることなのか?」と尋ねると、「日本では頂いていません。私も、そのようなことは初めて聞きました。上に報告しておきます。」と言われた。Jetstarのスタッフ全員が周知しているのことではないのか?

 帰宅して、Jetstarのコールセンターに電話。事情を説明すると、「日本やオーストラリアでは頂きませんが、東南アジア地域ではお金を頂くことになっています。マニュアルにそう書いてあります。」と一言。「では、その内容は私たち乗客が見ることが出来るどこかに書いているのですか?書いてあるのであれば見たいのですが。」と言うと、長い間待たせた結果「私どもの約款にはそう書いてあります。」「車椅子の方は、予約時にご報告していただくことになっています。」との回答。  「その約款は私たちが見られるのですか?」「車椅子の乗客には別途料金がいるということを、HPか何かに書かれているのですか?書かれていませんよね?ならば、私たちは知ることができませんよね。」と伝えた。

 そして、「車椅子の人が、必ずしもそちらに報告するとは限りませんよね?報告しろとも言われていないし、報告の義務を知る方法もありませんよね。HPにも書かれていないのですから。」「そして、必ずしも、車椅子に乗っているということを報告しなければいけないという義務もありませんよね?」と伝えると、「そうですね・・・」とあきらかに面倒くさそうな対応。未だ登場拒否する航空会社だって多いのに、そう易々と「車椅子です。」なんて言うかい!!

 「Jetstarが、機内食を出さない、ブランケットを提供しない、そういう形でコストを削減し、格安航空券を提供している旅行会社だということは理解しています。しかし、あらゆるサービスを削減しているからといって、障害者の乗客に対する基本的なサービスに関し、別途料金を請求するという考えには納得ができません。どういう企業精神でその方針になったのか理由を聞かせてほしいのです。」と伝えると、「私では十分な回答は出来ないので、マネージャーと話してください。」と言われ、改めて平日の昼間に電話を入れることになった。

 東南アジアに限定されているということは、東南アジアなりの何らかの事情があるかもしれない。だとすれば、それも含めて事情を説明してから、お金を要求すべきだ。約款に書いていると言うのなら、口頭での説明ではなく、紙に書いてあるものを見せて説明した方がいい。金額の規定もきちんとあるようだが、それも曖昧。そういったことも含めて文章化すべき。

 そもそも、乗客の目に触れるような媒体(HP等)に、「車椅子の方は、事前に必ずご連絡ください」とか「車椅子使用の方は別途料金がかかります」と明示すべき。「車椅子使用の方は別途料金がかかります」と明示していれば、「そんなことを言う航空会社は利用しない」という選択肢をこちらも持つことが出来るが、空港まで行き、チェックインも済ました段階で、「はい、お金かかります」と言われても、今更取りやめることも出来ない。こちらは飛行機に乗るためにはお金を支払うしかないという、選択肢のない状況に置かれる。

 Jetstarがそういう企業精神で行くのなら行けばいいと思うが、「マニュアルに書いています」「約款に書いてあります」ではなく、どういう考えに基づいてそういうシステムにしたのか説明くらい出来なくては不十分だ。

 そして、障害者の人たちが、搭乗直前に不愉快な思いをしなくてすむように、「私たちの企業は、障害者の方の対応をさせて頂いた場合、別途料金を頂きます」と、顧客の目につく媒体にハッキリと明示すべきである。そういう企業は予め選ばないという選択肢をこちらにも与えてほしい。機内食の提供と、支援がなければ搭乗できない障害者への支援を同列の発想で考える企業は、こちらとしても事前にお断りしたい。

by bigcamellia814 | 2011-04-26 00:31 | viaje(旅)

台湾には美しすぎる坊主がいる!青年実業家・蒋友柏

 週末を利用してルームメイトと3泊4日の台湾旅行に出かけてきた。
2008年6月から13ヶ月間の長い入院生活を経験したルームメイトは、その後、以前と比べるとスッカリ体力が落ち、ここ数年長距離旅行は控えてきた。しかし、これから歳を重ねるごとに体力は低下していくだろうし、元気なうちに、無理のない範囲でいろんなところに出かけようということで台湾へ。

 そして、本日午後帰国。
帰国した早々、私は後悔している!
なぜに出発前に、あの新聞記事のことを思い出さなかったのか!

 台湾滞在中、この4月からカナダに住み始めた大学教授の友人からメールをもらった。
私が台湾を旅行中だと知ると、
「台湾の旅、楽しんできてください。
きっと、かっこいい坊主の若造がいるはず・・・・」と書かれていた。

 そこで急に思い出した、あの新聞記事のこと。
ずいぶん前、朝日新聞の『ひと』欄で紹介されていた、蒋介石総統のひ孫、青年実業家・蒋友柏(チアン・ユーポー)さんのこと。そこに掲載されていた彼の姿があまりに美しくて、「今日の朝日の『ひと』欄見て!あまりに美しい坊主が写っています!」と大学教授のその友人に、わざわざ早朝の電車の中からメールをしたことがあったのだ。

 ふ、ふ、ふ、不覚にも、台湾に行くのに彼の存在を忘れていたなんて!
坊主好きの私が、あれほど見惚れた彼の存在をスッカリ忘れていたなんて!
a0038862_20213392.jpg

 以下、ずいぶん前に『ひと』欄で紹介された彼の記事。
(この記事、ずっと我が家の冷蔵庫に貼ってあります!)


『あえて蒋介石のキャラクター商品で勝負』
          蒋友柏(チアン・ユーポー)さん(33)
 

 台湾に君臨した蒋介石(チアンチエシー)総統にスーパーマンの格好をさせたデザインのTシャツを作った。「強力無比の独裁者。スーパーマンのキャラにぴったりだよ。」ひ孫は、そう言ってのける。

 蒋介石の息子の蒋経国(チアンチンクオ)総統を台湾では「両蒋(リアンチアン)」と呼ぶ。曽祖父と祖父の肖像権を自身が経営するデザイン会社で落札。ユーモラスな「両蒋クッズ」を売り出している。

 歴史となってなお、両蒋への評価は台湾では微妙な話題だ。あえてキャラクター商品を開発することで「2人が『神』だった時代が終わったことを示したかった」。

 蒋家の一員として歴史と向き合うことを心がけてきた。「私の一族は台湾人民を迫害した」と公言し、社会を驚かせた。ブログは、両蒋の率いた国民党をもやり玉にあげる率直な政治批判が人気を呼んでいる。

 20歳前に蒋経国と父親が相次いで他界し、「すべてを持つ立場から突然ゼロになった」。2003年に今の会社を始めたが、失敗続き。ようやく最近、斬新なデザインが認められ、台湾や海外の大手企業と契約、経営者としての評価を固めた。俳優顔負けのルックスと蒋家の子孫という神秘性から、一挙一動が新聞の芸能欄で追いかけられる。

 待望論もある政治への関心を尋ねると素っ気なく答えた。

 「『政治に近づくな』が父の遺言。確かに政治は疲れそう。自分にはビジネスが向いているよ」
a0038862_20415826.jpg


 そう、私、坊主が大好きなんです。
そして、坊主にはうるさいんです!
そんな私が、新聞に掲載されていた坊主頭の彼の姿に驚愕してしまって・・・・
「こんな美しい坊主が世の中にいたのぉ?」
と身もだえしてしまった訳だ。

 旅先で彼のことを思い出し、
友人を通して知り合った台湾人のカップルに彼の名前をようやく聞き出した頃には、既に旅行最後の夜。彼が手がけたグッズを扱っている場所は全てクローズ。

 どんなデザインを手がけているのか、見てみたかったなぁー。
あぁ、後悔。
a0038862_20493630.jpg

 しかし、それにしても美しい坊主だ・・・

 

 
 
          

by bigcamellia814 | 2011-04-25 20:50 | viaje(旅)