<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

福祉専門職の有期雇用問題①~朝日新聞:『福祉の窓口「質保てない」』

 以下、4月21日(水)の朝日新聞朝刊社会面に掲載されていた記事です。朝日新聞の清川卓史記者は、ワーキングプアや福祉の問題を積極的に取材されている記者さんですが、「この問題、よくぞ記事にしてくれました!」って気持ちです!

【福祉の窓口「質保てない」 
         広がる非正規職員雇用】 
 
 生活保護やドメスティック・バイオレンス(DV)被害者支援など福祉を支える担い手を、任期限定の非正規職員に置き換える動きが広がっている。数年で「雇い止め」になるため、「経験や知識が生かせず、サービスの質が保てない」と、利用者への影響を心配する声が上がっている。(永田豊隆・清川卓史)

《「任期付き」で人手満たす》
(ケースワーカー)
 生活保護を受ける人の日常生活を支えるため、個別に援助するケースワーカー。保護世帯の急増で、人員不足が深刻になっている。大阪府堺、豊中両市は2007年度から「任期付きケールワーカー」に採用を開始。契約は3年限りだ。
 ケースワーカー1人あたりの保護世帯数は堺97世帯、豊中125世帯。法定の標準数(80世帯)を超えるとはいえ、任期付きがいなければ140~190世帯に達していた。ある正職員の中堅ケースワーカーは「人手不足で現場はヘトヘト。任期付きがいなかったらパンクしている」と打ち明ける。
 豊中市は税収落ち込みなどで財源不足に陥り、基金を取り崩すなどして今年度予算を編成した。市生活福祉課の溝口学課長は「正職員を増やすのが本来のあり方だが、今の状況では難しい。」と話す。
 生活保護世帯が全国最多の大阪市は、5月から任期付きケースワーカー約130人を採用。こうした動きが広がるにつれて、「3年では十分な援助ができない」という不満も現場から高まっている。
 昨年まで2年半、任期付きケースワーカーを務めた女性(41)は「自分自身の先行きが見えないのに他人の支援なんて難しかった」と振り返る。乳幼児を抱えた母子世帯、うつや依存症、認知症の高齢者・・・根気よく相手に向き合い、適切に助言する力量が必要で、医療や介護などの制度も熟知していなければならない。思うような援助ができずに焦りが募った。3年目には、自分の次の就職先も気にかかるようになった。不眠になり、任期途中で退職した。
 大阪市で24年間、生活保護担当を務め、ケースワーカー養成講座を主宰する大阪市職員の谷口伊三美さん(50)は「10年ぐらい経験を積んで一人前。3年限定では『援助する力』が育たない」と指摘する。

《東京都「雇い止め」否定》 
(DVなどの相談員)
 「DV被害者からの相談には命がかかっている。経験と知識のある相談員が窓口にいないと十分な支援ができない」。東京都女性相談センターで、非常勤職員として働くベテラン婦人相談員(59)は、顔を曇らせる。
 雇用期間は1年間。都知事名の発令書には、「有期労働契約であり、(略)雇用更新を保障するものではない」との注意書きがある。これまで18回更新を繰り返した。
 月の報酬は20万円未満。昇給もボーナスもない。労働条件は厳しいが、専門職として仕事に誇りを感じてきた。
 ところが、東京都は2008年4月から非常勤職員の雇用制度を改正。定年をなくすかわり、契約の更新が4回(雇用期間は5年間)までに限定された。
 対象者約830人(09年4月現在)のなかには、婦人相談員や児童相談所の電話相談員らが含まれる。都は「再応募は可能であり、『雇い止め』ではない」と説明するが、再採用される保障はない。
 暴力から女性を守るためには警察や病院との連携が欠かせず、子どもが通う学校から相談が来ることもある。保護命令申し立て手続きで裁判所にも同行する。離婚などに関する法律知識も必要だ。
 「離婚調停で加害者の男性に追われるなど、身の危険を感じたこともあるが、実際のなかで危険の度合いも判断できるようになった。相談職員が短期間で入れ替わる体制では、支援の質が落ちてしまう。」労働組合や婦人相談員の団体からも、見直しを求める声があがる。

〈自治体財政難、正職員増やせず〉
 財政難のため行革を迫られる自治体では、正職員の減少を補う非正規職員の数が増えている。総務省調査では、08年4月1日現在の自治体の臨時・非常勤職員は約49万8千人(任期付き短時間職員など除く)。05年4月と比べ、約4万2千人(約9%)増加した。
 全日本自治団体労働組合(自治労)が08年に実施した全自治体アンケートでは、全職員に占める非正規職員の割合は27.6%。婦人相談員などを含む各種「相談員」に限ると、92.6%に跳ね上がる。
 立教大学コミュニティ福祉学部の湯沢直美教授(社会福祉学)は「DV支援は、対人援助の技術や制度の知識など高度な専門性が求められる。相談窓口の力量が落ちるのは利用者の安全確保の点からも問題。現場を担う人材をもっと大切にするべきだ」と指摘する。

2010年4月21日(水)朝日新聞 朝刊 社会面

by bigcamellia814 | 2010-04-23 11:24 | はたらくこと

妊娠~あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください~

a0038862_22564554.jpg

 財布を覗いたら、5000円の図書券を発見。
あぁ、ある大学教授のインタビューに協力した時に、お礼として頂いたモノだったわ。スッカリ忘れてたけど、ラッキー!
今日は、本を買いたい気分なの。

 朝から、胸の辺りが重いよう。
気になっていることが、ひとつ、ふたつ、みっつ、
あぁ、よっつくらいあるからかなぁ。
そんな時は、元気もらいにフェミ系図書エリアだなぁ。

 この本を手に取り、電車待ちのホームで読み始めた時、
「そう言えば、朝方見た夢は妊娠してる夢だったなぁ。」と急に思い出した。

 まだ妊娠初期で、妊娠してる実感もなく、
私の子宮の中にイモムシの様な小さな生物が巣食っているイメージを抱きながら、原っぱに座り込み、下腹に手を当ててみては、
「ホントか?これはホントなのか?」と自問自答し、
「私は騙されているんじゃないか?」と疑心暗鬼になりながら、
でも「あぁ、あたし、これを待ってたんだなぁ。」と安堵の気持ちをヒタヒタと感じている。そんな夢だった。

 「あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください」と副題がついたこの本は、装丁の可愛らしさもあって、少し前から気になっていた本だった。

 私が出生前診断のことを知ったのは高校3年の時。
家政科で学んでいた私は、保育の授業で出生前診断に関する映像を見せられた。病気を抱えて生まれてきた子どもを持つ先生が、私達に是非考えて欲しかったのだろう。「この映像をみんなに見せるのが本当にいいのかどうか迷っています。」と前置きした上で、先生は映像を流し始めた。
 授業後、クラスメイトに感想を尋ねると、大半の子が「出生前診断を受けたい」「その結果、障害児だとわかったら生みたくない」と答えた。私は既に、大学で社会福祉を学ぶことが決まっていたこともあり、将来、ソーシャルワーカーになりたいと考えてる人間が「障害児だとわかったら生みたくない」と答える訳にはいかないだろうという気持ちが働き、「不安は伴うだろうけれど、『生む』という方向性で考えたい。」と友達に話したように記憶している。「そんなこと言うけどさぁ、その場になって自分がどう感じ、行動するかって、やっぱり想像つかないよな。」と思いながら。

 障害者と関わる機会が多かった私にとって「出生前診断」は割と身近な問題だった。でも、その多くは障害当事者からの問題提起で、女性達がこの問題にどのように出会い、どんな体験をし、どんなことを感じたのか、それを聞く機会はなかった。

 アンケートに答えてくれた女性達の生の声を伝えるために、アンケートに記入された内容をほとんど全て載せているそうだ。どんな体験から、どんなことを考え感じたのか、興味がある。

 私は妊娠した経験もないし、この先、妊娠する機会に恵まれるかどうかもわからない。「リミット」を意識するには十分な年齢だし、「子どもを生まない人生を自分は生きるのかもしれない」と考えることは最近多くなった。

 でも、気になる「妊娠」。
いろんな女性の体験と、そこから生まれた言葉に触れながら、
考えてみようと思ってます。

                      つばき

by bigcamellia814 | 2010-04-22 23:17 | libro(本)

PUMA Africa Celebration

a0038862_17474026.jpg

 東梅田の駅から地下街を通って阪急梅田に向かっている途中で、思わず、このポスターの前で足が止まった。
a0038862_1750615.jpg

 カッコイイ!
カッコよすぎない!?
キテンゲ風の柄をバックに、黒人のサッカー選手が3名。
肉厚を感じる肌のコントラストと、
浮き出る血管に流れる血潮のリズムが力強く聞こえてきそうなタッチ。
黒人好きで、アフリカの布好きの私をピンポイントで狙ったかのようなポスターだわ。
a0038862_17593519.jpg

 これ、PUMAのポスター。
PUMA Africa Celebrationというキャンペーンのもの。ケヒンデ・ワイリーさん(アフリカンアメリカンの母親、ナイジェリア人の父親を持つアフリカンアメリカン)というアーティストとのコラボによって生まれたシリーズなのだ。彼の他の作品もステキ。バックの鮮やかなテキスタイルに、「あ~ん・・・」と溜息が出るほど心を射抜かれる。「この人の画集が欲しい!」と思って検索したけれど、販売されてはいないみたい。彼の画集が手元にあれば、あたし、毎日描かれた彼らを眺めてドキドキ出来るんですけどぉ。あの肉厚の感触を思い出して、ひとり官能的な気分に浸れるのに!

 Shopで商品もチェックしたけれど、私が着られそうなのはTシャツくらいかな。男の子が着たらカッコよさそなシリーズでした。ぜひ、お試しください。PUMAの回し者です。

                   つばき

by bigcamellia814 | 2010-04-20 18:32 | TSUBAKIng Times

「ごはんを作ろー!」って元気が湧いてきた!

a0038862_16593975.jpg

 ずいぶん長い間、食事を作ることに興味が湧かない日々でした。
葵が入院した2008年の夏あたりから。
そして、仕事でのゴタゴタが、自分の気持ちの大半を占めていた昨年度は、まるで食事を作る気力がありませんでした。

 食事を作る気力も、食べる気力もなかった頃、退院し失業期間を満喫していた(障害者の場合、失業手当最大300日間支給されます。)葵が、料理を作って待っていてくれたので、なんとか生きていたような日々だったと思います。ご飯を作ってくれる人がいるっていうのは、本当にありがたいよ。

 失業して20日が経ちましたが、
一時期急激に落ち込んでいた体力も少しずつ回復し、最近、ご飯を作る気力が湧いてきました。

 週3~4日、大阪に出かける時はお弁当が必要。
毎日、何かしら買っていたらお金もかかるし、失業者の財布の中身を圧迫します。という訳で、「明日からちゃーんとお弁当持って行こう!」とやる気になり、朝から市場に出かけ、食材をあれこれと購入。市場行くとね、イイ声した商売人の兄ちゃんたちがいっぱいいるの。魚屋はもれなくみんなイイ声なんだけど、花屋とか豆腐屋の兄ちゃんも負けてないのよねぇ。

 あの店、この店、ちょこちょこ立ち寄り買った食材で、お弁当用の料理を4品完成。
①れんこんと人参のきんぴら
②肉じゃが
③カボチャのサラダ
④切り干し大根

 彩りも、選ぶ料理も地味だわねぇ、わたし・・・

 「ごはん作ろー!」って元気が出てきた自分に、
まともな人間なろうと再生を図る力を感じています。にゃぁ!

                   つばき

by bigcamellia814 | 2010-04-20 17:27 | TSUBAKIng Times

モロッコの陶磁器:COCEMA

a0038862_23582315.jpg
 
 4月から、週3~4回大阪に出かけています。
まだまだ、大阪までの通勤には慣れないなぁ。
場所は天満橋周辺。
そこにある京阪シティモールで、かわいいコーヒーカップを見つけました。
モロッコ陶磁器の代表的なブランド・COCEMAのコーヒーカップです。
昨年のクリスマス、このデザインのお皿やスープカップを葵にプレゼントしたのだけれど、その時は自分のモノは断念。今回は、自分へのプレゼントです。 
a0038862_23584182.jpg

 葵にプレゼントしたのは、こちらのお皿。
柄も器の形も、バリエーションが豊富です。  
a0038862_2359081.jpg

 ねぇ、この繊細なタイル柄がたまらないでしょ? 

 催事の時にしか京阪シティモールでは販売していない、
COCEMAの食器。
店員さんに「以前も買ってくださいましたよね?」
って顔を覚えられていました。

 コーヒーはあまり飲まないのだけど、
あの香りが似合いそうな器です。

                つばき

by bigcamellia814 | 2010-04-19 00:08 | my favorite

そろそろブログ再開しましょー!

a0038862_2320368.jpg
 ずいぶん長い間、ブログをUPするのは辞めていました。
・・・というより、書く元気がぜーんぜん起きませんでした。
そして、不特定多数の人に読まれることを前提とするならば、
ブログにUPするには相応しくないなぁーと思う出来事ばかりが繰り広げられた昨年度の私の日常。

 ちょっと落ち着きを取り戻し、
また、書き始めようかと思っています。
椿と葵、おんな2人の共同生活のあれやこれ。

 「最近、全然UPしてないねー。」とボヤいてた皆さん、
楽しみにしてくだされば幸いです。

          つばき

by bigcamellia814 | 2010-04-18 23:20 | TSUBAKIng Times