<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一緒に暮らす

 美味しいチャイを探しています。
でも、自分にピッタリくるチャイには、なかなか出会えない。
スパイスがよく効いて、それでいて甘すぎず。
その絶妙な配分が、私の舌にしっくりとくる・・・
そんなチャイになかなか出会えません。

 ・・・と言うか、
葵の作るチャイ以上に美味しいチャイに出会った事がないと言うのが正確でしょう。

 彼女の作るチャイが、私が試したチャイの中でも一番です。
「飲みたいなぁ。」と呟くと、今日もいそいそと作り出してくれました。

 葵が障害があることで、そばにいる私を見て他人は勝手に「世話をする人」だと思っているようですが、毎日美味しい夕食を作ってくれ、お弁当まで作ってくれ、極度の肩凝りで吐きそうになっている私の体をマッサージしてくれる葵。いったい世話になっているのはどちらでしょうか?

 さぁ、美味しいチャイの匂いがしてきました。

                     つばき

by bigcamellia814 | 2009-10-25 22:53 | TSUBAKIng Times

『働く』ことと向き合いながら

 現在の仕事は、1年ごとの更新で最長4年まで。
来年度3月末を持って契約期間が終了となる。
つまり、雇い止めになり、私は失業するということである。
障害学生支援という業務をあらかじめ4年という有期雇用にすること、業務を引き続き継続するにも関わらず、数年ごとに人だけ入れ替える人事政策に疑問を感じた私は、職場外の労働組合に加入し(勤務先の職組は非常勤職員の加入不可)、3月から雇用先と団体交渉を行なっている。2回の団交を経て、一方的に「団交打ち切り」を申し渡された今、不当労働行為救済申立を行なっている段階である。

 貧困問題が浮き彫りになった昨今、数年前に比べ労組や労働運動のイメージは格段に変わったとは思うが、それでも私が団交を決断した時、「やめた方が賢明だ。」と言った人が大半だった。でも今思うのは、労組に入らなければ、私は理事会のトップ達とさしで話をし、私の言葉で思いを伝える、その場すら持つことは出来なかったのだ。そして、まだ結果は出ていないにしろ、ここまで進めてくる知恵も技術も根性も私にはなかった。私を支えてくださっている労組の方々は、今、私が最も感謝している人達だ。

 しかしながら、労働運動をしながらも私はどこか違和感がある。「労働組合という組織そのものに」であるとか、「そのやり方に」とか言う訳ではない。むしろ、労働組合が機能する様な「組織」で自分が働いていることへの違和感なのではないかと思い当たった。

 私の家庭は代々自営業で、サラリーマン家庭ではなかった。
成功したものもあれば、失敗したものもあると思うが、父の思い付きが我が家の仕事となり、収入源となる。とにかく「仕事は自分で作り出す」という親のもとに生まれたのだ。
 そして現在私の周りには、カメラマンとか役者とか、ヨガの先生とか1人で屋台をやっているとか、とにかく自分の体1つフリーランスで生きている友人が結構いる。自分の体1つで渡り歩いている人達だ。この人達には「労働組合」という、そういう存在すら思い浮かばないのではないだろうか?

 そういった人達と今の自分を比べた時、「おい、いいのか?今みたいに、誰かに雇われてるまんまでいいのか?そろそろ、自分でなんかする時だろ?」「団交なんてやって、まだどっかに雇われたまんまで生きてくのかよ?守りに入りたいんじゃねぇの?そろそろ自分で何か生み出せよ!」と問いかける自分がいるのだ。

 安定した労働環境の中で働きたいと思うのは当たり前の事だと思う。けれども、こんな問いが自分の中から沸き起こるのは、ひとえに我が両親と、そしてフリーランスで生きている様々な友人が与えてくれる刺激のおかげだろう。

 多分、雇用先は「失業したくないからゴネてるのだろう。」と私のことを面倒臭く思っていることだろう。確かに、仕事がなくなるのが怖くないと言ったらウソになる。でも、既に何度か失業経験のある私は、「何でもやって生きていけるかぁ!」と言う自信もない訳ではない。

 それより、私は好きなこの仕事を失った時、「それでも私は私だ!」と自分を保っていられるだろうか?肩書きを失い、新しい場所で新しい仕事を始める時、過去にしがみつかず、謙虚な姿勢で新しい仕事に向き合える、そんな自分でいられるだろうか?・・・その事がちょっと怖い。

 いつか、私は自分が漠然と思い描いていることを形にしたい。
だから、幸い今の職場で継続雇用という結果が出たとしても、その先には、何か自分で生み出した仕事をしたいと考えている。

 しかし、人をケアする仕事に携わる者が安く買い叩かれ、使い捨てが可能だと思われているこの状況に、私は私のいる場所から、きちんと意思表示をしておきたい。福祉という仕事を、女が家庭の中で無償でやってきた延長線上に落とし込めるのはいい加減やめろと言いたい。ケアする人達の生活が不安定であれば、それは、その人のサポートを必要とする子どもや高齢者や障害者達、そしてその家族の生活をも不安定にさせ、圧迫する。私はそう考える。それがわかっていながら、きちんと意思表示をしないのは、ソーシャルワーカーという道を選んだ者として、ちゃんと仕事をしているとは言えないんじゃないか?そう思い至った結果が、団体交渉という運動につながった。

 福祉職に従事していると言うだけで「立派な仕事をしてるわねぇー。」と称賛されることしばしば。しかし「称賛の言葉」より、「具体的な待遇改善」「額面に表れる評価」を私は希望する。その方が、志のあるワーカーを確実に育てていけることが出来ると思うからだ。お金の事を言うのはやらしいだろうか?しかし、人並みの未来を思い描くことも難しい人達が多いこの業界では、率直にそこを語る事が重要だ。

 「君の時には、変わらないかもしれない。
でも、次の人の時には変わるかもしれない。
それが、労働運動だよ。」
その一言を労組の方に言われ、私は団交を決断した。
私の中にある「社会を変えたい」という気持ちが疼いた瞬間だった。

 動かなきゃ、変わるもんも変わらない。
言いたい事は自分で言う。
やるだけやったら、結果がどうであれ、自分をこれからも信じていけると思う。

                      つばき
 

by bigcamellia814 | 2009-10-22 21:31 | TSUBAKIng Times

オンナ度50%UP♪今年も新開地映画祭の時期がやって来ました!

a0038862_11353167.jpg
 ボートピアから吐き出されるオヤジ達の波を交わしながら通りを進む新開地の街も、この週末だけは、オシャレをして映画を観に行く多くの女性達の姿が目に付きます。

 女性限定で、ちょっとエロティックな映画を観る、そんな映画祭!
第7回新開地映画祭、只今開催中です!
神戸に引っ越してから、毎年欠かさず参加しています!

 今日もこれから映画を観に。
大好きな映画監督:キム・ギドクの『悪い女 青い門』を見る予定。
この映画祭で、キム・ギドクの作品が選ばれた事にまず感激しました!

 この映画祭の特徴は、毎年1本往年の『日活ロマンポルノ』を上映するところ。今年は、女優・谷ナオミさんをお招きし、『生贄夫人』というタイトルの、どうしたって取り繕い様のないSM映画が上映されます!谷ナオミと言えば初代『花と蛇』の女優。杉本彩が演じる前は、この方が演じていたのです。団鬼六のエッセイに度々登場する、谷ナオミ!今回は、上映後、彼女のトークショーもあり、それが何よりの楽しみです。

 毎年、日活ロマンポルノに出演されていた女優さんのトークショーがあるのですが、それがなかなかイイのですよぉ。「いさぎよさ」「カッコよさ」「腹の据わり方」、それぞれの女優さんからその迫力を感じられるトークショーの時間が結構好きです。また、報告は後日。

 せっかくご近所に引っ越してきたので、来年当たり、新開地映画祭のスタッフやりたいなぁー!と益々その思いが募っています!
a0038862_11503347.jpg
 さて、昨日も新開地映画祭に出かけた葵と私。終演後、グリル一平で昼食を食べました。

 先週の日曜日、神戸で行なわれたクレイジーケンバンドのライブに行ったら、MCの時、剣さんが「新開地のグリル一平でお昼を食べてきた。」と話していました。思わず、「なんで、そこまで来てたなら、ウチに寄ってくれないの!」と地団駄踏んだ私です。ウチからすぐじゃん!

 ってことで、剣さんも喜んだグリル一平でお食事してきました。葵は剣さんが頼んだというハンバーグを注文。私はえびクリームコロッケ。

 私の真後ろの座席を指し、「あそこに座ってたのよー。」と教えてくれたお店の方。しかし、その時は、クレイジーケンだとは分からなかったようです。そうよね、いつもスーツに中折れ帽かぶって歩いてる訳じゃないからね~。日常は、普通におじさんだし。しかし、何度も「美味しかった。」と言葉をかけ、エレベータに乗るまでお店の方々に頭を下げるその姿を見て、「とても腰の低い方だった。」とお店の方が言っておりました。

 あんまりこーゆうことしないタイプなんですが、でもちょっと嬉しかったー。グリル一平の皆さん、剣さんも喜ぶ美味しい料理を作ってくれてありがとうございます!ご近所なので、また食べに行きます!

 では、これからオンナ度UPしてきます!

                      つばき
 

by bigcamellia814 | 2009-10-18 11:43 | TSUBAKIng Times

が~まるちょばJapan tour 2010 スケジュール公開!

 もう私が必死で必死で説明しなくても、
もう私が「チケット取るから一緒に観に行こう!」と動員しなくても、
彼らの知名度は劇的に急上昇し、
そして、彼らの舞台に足を運ぶ人達も爆発的に増えました!

GARMARJOBAT

 来年も始まります!
GARMARJOBAT SILENT COMEDY JAPAN TOUR 2010

 詳細はコチラ⇒GARMARJOBAT SILENT COMEDY JAPAN TOUR 2010

 今回の演目は『BOXER』!秀作中の秀作です!
みんなに、この素晴しい作品を見て欲しい!

 全国各地に住んでる皆さん、あなたの街にが~まるちょばがやってくる日を要チェック!今年は絶対!チケット完売するの早いよ!入手困難確実かも!スタンバイ、宜しくお願いします!

 私、彼らの知名度が上がった今も、が~まるちょばを熱烈応援しています!

                           つばき

by bigcamellia814 | 2009-10-17 09:13 | TSUBAKIng Times

我武者羅應援團、テレビに出ます!

 お礼、ご報告が遅くなりました。
このブログでもご案内させて頂いた、10月4日『我武者羅應援團 華の大演舞会 in 神戸』、満員御礼、立ち見続出、大盛況の中執り行う事が出来ました。当日観に来て下さった100名の皆様、そして観に来れなかったけれど応援してくださった方々、ありがとうございました。観に来て下さった皆さんが、元気と勇気を持ち帰ってくださったことと感じております。

 さて、我武者羅應援團関西滞在中の特集が組まれ、10月16日金曜日、よみうりテレビ『かんさい情報ネットten!』で放送されます。関西エリアの皆様、是非是非、ご覧下さい。

 『かんさい情報ネット ten!』
 日時:10月16日(金)16:48~17:50
 (番組の内容は変更する場合もあります。)

 関西滞在中、我が家に滞在していた我武者羅應援團の皆さん。
その様子を撮りに我が家にも取材に来られました。
編集の仕方によっては、我が家での様子や私へのインタビューも映るかもしれません。
どーぞ、お楽しみに♪
a0038862_22382356.jpg

 そして、現在初のDVDブック『押忍!ガムシャラにあなたを応援します』絶賛発売中!
一家に一枚このDVD!
見れば見るほど、笑えます。
私は『おかえりなさい応援』と『失恋応援』がお気に入り!
葵は『B型応援』がお気に入り!
何はともあれ、元気になります。是非ともご購入をオススメ致します!

 そんじゃ、押忍!

                  つばき

by bigcamellia814 | 2009-10-14 22:46 | TSUBAKIng Times