<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

選択的夫婦別姓導入か?

 引越しをしてから新聞を取っていないので、世情に疎くなりつつあります。そんな私の知らないところで、政府が選択的夫婦別姓を導入する方針を固めたとか。

 ほほほぉー!
ちょっと心が小躍りしています。
誰にって訳でもないんだけど、「ざまーみろっ!」と気分なんです。
下品ですみません。でも、それが正直な気持ち。
頑張れ!民主党、このマニュフェストは実現してくれ!

 例え選択的夫婦別姓が導入されたとしても、私は結婚制度をとる気はほぼありません。とりあえず、人生何があるか分からないし、急に気が変わることもあるから、保険の為に「ほぼ」と付け加えておりますが、今のところ、その気は全然ありません。

 その理由は、
「この国で結婚を望むすべての人たちが結婚できるようになったら、アンジーと僕は結婚を考える。」と言ったブラッド・ピットと同じ気持ちと言うとカッコつけすぎかもしれませんが、でも、ブラピがそんな発言をする前から私はそう思っていました。

 けれど一番初めは、やっぱり違ったと思う。
①「何で、どちらの姓を選んでもいいのに、圧倒的多数の人は結婚と同時に男性側の姓を名乗る事を選択するの?」⇒②「私は、一生自分の名前で生きていきたい。」⇒③「夫婦別姓が法的に認められないなら、私は結婚制度を取る気はない。」と、まぁ、そんな流れだったと思います。

 そして、こんな私も「結婚」ってことをリアルに考えた時期がありました。その時に、相手の男性と徹底的にこの部分で話が噛み合わず、結果として別れることになりました。まぁ、夫婦別姓を私が希望している事が直接別れる原因になったとは思いません。他にも理由は色々とあったでしょう。でも、それ以来、『この話で議論をしなければならないような人と付き合うのが面倒で面倒で仕方がない』と思うようになってから、気持ちはどんどんと「結婚制度を選択しない」という方向に傾いていきました。もしあの時、選択的夫婦別姓が法制化されていたら、私の人生や考えも少しだけ変わったかもしれないけれど、今は『選択的夫婦別姓が法制化されても結婚制度は取らないだろう』という自分の中のそれなりの決断に納得しています。そして、選択的夫婦別姓が本格的に議論になる時期が来た事を嬉しく思います。もう今回は、このタイミングを逃さないで欲しい。

 現行の夫婦同姓は1947年に民法に明記されたそうだ。もし、改正が実現すれば60年ぶりのことらしい。夫婦同姓が民法に明記されて、たかが60年である。
それで、
「夫婦が同じ姓にするのは文化だろう?」
なんて私に言ってきたあいつや、こいつ!
私は言いたい!
時代は変化するんだよっ!

 自分の名前で生きたいと思う人が、
「結婚」という段階で、諦めたり、心を痛めたりしない社会になって欲しい。
夫婦別姓で生きるという選択をした人達が、
夫婦同姓で生きるという選択をした人達と同等の権利を保障される社会になって欲しい。そして、結婚制度そのものに乗らない人達も、乗ることすら出来ない人達も、だからと言って不利益を被らない社会へと変化していって欲しい。

 そういう事が「当たり前」だと感じる若い世代が生まれてくることを、私は何よりも期待しています。

                         つばき

by bigcamellia814 | 2009-09-27 22:29 | TSUBAKIng Times

関西初上陸!我武者羅應援團華の大演舞会in神戸

a0038862_9451070.jpg

 以前から、このブログでも紹介していた社会人応援団パフォーマンスグループ・『我武者羅應援團』が神戸にやって来ます!『神戸ビエンナーレ2009』大道芸コンペティションに参加する彼らが、特別に!神戸でパフォーマンスライブを開催してくれることになりました!各種メディアで取り上げられている『我武者羅應援團』。関西でのパフォーマンスライブは初となります。皆さん、こんなチャンスはめったとない!是非とも10月4日(日)は、熱い、熱い、暑苦しいほど熱い!彼らの応援に元気と勇気をもらいに来てください!

『関西初上陸!
気合と本気の応援で世界を熱くします!
我武者羅應援團華の大演舞会in 神戸』


オールバックに学ランまとい、なぜか背負ったバンカラ魂。
気合の突きで未来を切り開き、本気の拍手で世界を熱くする。
西暦2007年(我武者羅元年)、
未来の見えぬ社会に暑苦しく登場した、応援団式パフォーマンス集団。
ライブハウス、ストリートをはじめ、
入学式、結婚式、スポーツ大会、音楽イベント等、
ありとあらゆる熱くおめでたい場所に出没中。
あまりの馬鹿馬鹿しさに、笑い過ぎて腹筋を痛める方多数出現。
でもなぜか最後には、
「自分も一歩踏み出そう」と勇気が湧いてくる圧倒的なパフォーマンス。
案外、世界を変えるのはこんなヤツらかもしれない。


日時:2009年10月4日(日)    

18:30会場・・・ 開演までの間、会場ではその日限りの『ガムシャラCafe』をOpenします 。13ヶ月の長期入院生活から生還したばかりのBistro・aoiのシェフ:真木葵が、ガムシャラに腕をふるい、心暖まる料理で皆さんをもてないします。
【お品書き】
★野菜たっぷりグリーンカレー 
★イロイロおむすび(炊き込みごはん、スパムと玉子焼き、ビビンパ風)            ★スープ餃子 ★山芋と人参のパウンドケーキ ★チャイ               

そして会場では、『我武者羅應援團のメディア出演DVD』上映会を行ないます。また、我武者羅應援團のCD、DVD付書籍(『押忍!ガムシャラにあなたを応援します!』9/29講談社より出版)も販売しております。    

19:30開演  我武者羅應援團 華の大演舞会 in 神戸 開演(~21:00終了)

場所:中央区北野町・シアターポシェット 

チケット代:2000円(ワンドリンク付)
チケットのお問い合わせはコチラまで
    ⇒ gamushara-kobe@hotmail.co.jp
    直接、椿&葵にご連絡頂いても結構です。

 それでは皆さん、こぞって観に来てくださいねぇ~!!!!!!!!

                    つばき

by bigcamellia814 | 2009-09-23 10:30 | TSUBAKIng Times

心地よい葛藤の中で

 今年の夏休みは、珍しくどこにも出掛けませんでした。
引越しの片付けに追われ、その合間に帰省し、
そして残りの夏休みは全て精神保健福祉士の受験資格を取る為の現場実習に当てています。只今、2週間の現場実習中。精神科のデイケアサロンに毎日通っています。

 喫茶活動を行っているそのデイケアサロンで、心の病を抱える人達とご飯を作る毎日。

 なんだか、ちょっと不思議です。
自分の中にある色んな価値観と向き合わざる得ない状況が、
目の前で静かに展開されていきます。

 途中で嫌になったのか、今日はサボりたい心境だったのか、
任された役割をちょいとほっぽり出して、
昼寝を始める人達を見ていると、自分の中に心地よい葛藤が生まれます。

 ワーカーとして、「しんどいなら、今日は休んでいいよ。」
「好きな事だけしてていいし、何もしなくてもココにいていいんだよ。」
という事は、意外と簡単に言えます。
じゃぁ、自分にもそう言えるか?と問うと、そうは思えない自分と出会います。

 そういうのが、心地よい葛藤です。

 今感じている、ボンヤリとした感覚にピッタリな言葉を探しながら、
残り半分の実習を楽しみたいと思っています。

                              つばき

by bigcamellia814 | 2009-09-03 18:54 | TSUBAKIng Times