<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

実は好きなの・・・

a0038862_2384310.jpg
 こう見えて私、TOKIOの長瀬智也が結構スキです!
とりわけ、ドラマで頭の悪そな役をやっている時の長瀬智也が、
めちゃめちゃ好き!
まぁ、考えてみれば、彼が頭のイイ役なんてやったことがあるのか、
過去を遡って思い出す時間も無駄なほど、頭の悪そな役ばかりです。
ドラマ&CMに出てる時限定で、長瀬智也が大好きっ!
(バラエティに出ている時とか、歌を歌っている時の彼にはまるで興味が湧きません。)

 彼にハマったのは、ドラマ『タイガー&ドラゴン』あたりから。
だから未だに私と葵の間では、彼を呼ぶ時、「長瀬くん」ではなく、
役名のまんまの「虎ちゃん」で呼んでいます。
でも、おおっぴらに彼が好き!と言いだしたのは最近です。
だって、ジャニーズなんてティーンの時ですらスキになった事のなかった私ですから、余計なプライドが邪魔して、邪魔して・・・
でも、もういいの!そんな自分を認めます!
長瀬智也、カッコイイ!
肌もキレイになって、イイ感じに男臭くなってカッコイイ!

 そんな私が最近ハマっているのは、彼が出ているUFOのCM。
初めて見た時、思わず画面に食いつきましたよー!
スーツ姿に中折れ帽、オンナを射止めるために大袈裟なウィンクをする瞬間、あたくし「虎ちゃん・・・・」と呟きながら昇天しましたよ。
あぁ、私の愛するcrazy kenに通じる匂いを感じさせます。
カッコいいのに、おかしくて、
ちょっぴりヤラしさを感じさせる時の配分が絶妙です。
そのヤラしさは、若いゆえにまだまだ健康的ですが、
あと10年後、20年後の長瀬智也にあたしは期待しています!

 さてさて数日前、早朝、職場の最寄り駅のホームに降り立った時、
ジャジャジャーーーーン!目の前に登場したのがこのポスター!
「キャァーーーーーーン!虎ちゃん!」と思わず泣き叫びそうな自分をどうにか押しとどめ、とりあえず遅刻しそうな状況だったので、名残惜しさを噛みしめながら職場へ。
そして翌日、カメラに収めてまいりました、
UFOのCM第2弾のポスター!UFOをガッつく長瀬智也。
彼が食べると、UFOから星が舞うわぁ。

 虎ちゃん・・・
あたし、当分頑張れるよ。

                    つばき

by bigcamellia814 | 2009-06-27 23:09 | my favorite

誰かワタシの代わりに決めてください!

a0038862_924242.jpg
 友達が子猫を拾ってしまいました。
そして、私にひとこと「かわない?」と写メを送ってきたのぉ!
それがこいつ。
完璧、私の好みじゃない!
私、猫を飼うならアメリカンショートヘアを飼いたい!と思っていたの。
こいつがそうかどうかは分かりませんよ。
でも、グレーのしましま、そして尻尾もまっすぐなのです!
あぁ~、あぁ~やめてぇ~。
お願いだから、そんな誘惑しないでぇ~!

 友達がわざわざ見せに立ち寄ってくれ、もうココまでされたら心がぐらんぐらんに揺らぐじゃない!早速、入院している葵に相談したら、
「飼っちゃう?葵も自宅で車イス生活になるし!」と更なる誘惑を与え、
「そのニャンコ、一緒に暮らすような気が・・・」と勝手に運命を感じ、
「今の時点で、飼えない理由ないやん!」と励まされ、
「もう決まりやでぇ!飼おう!」と決断するメールを連続で送ってきました。
そして「名前の候補ある?」って、あの人の中ではそこまで話が進んでいる・・・

 葵の4回目の手術は良好で、早ければ7月中にも退院出来そう。
今まで自宅では車イスから降り、這って生活していた葵。
これからは、自宅でも、移動する時は車イスを使用するようにと言われているので、今のマンションは手狭だし、引越しを考えています。
場所は湊川、
市場&地下鉄駅近
(葵は障害者なので神戸市営地下鉄の無料パスが支給される)、
3LDK位の大きさのお家
(それぞれの部屋とアトリエ用の部屋を持ちたいから)、
マンションでも一軒家でも構いません。
そして、改修工事OKの大家さん。
でもって、このニャンコ飼うとなったら、ペットOKという条件も加わります。
こいつのせいで、もひとつ条件が高くなるのです。

 それに、葵が退院するまでの、このニャンコの日中支援をどうするか。
そこが課題!まだ、トイレもうまく出来ないし。
私は6月、7月と出張&スクーリングで不在にする日も多く、
でもって、我が家クーラーありませんから、死にやしないかと心配で。

 葵、あんたが帰ってくるまで面倒みるのは私なんだよぉ~!

 でもこいつ、飼い主を求めているのか甘え上手で、
抱き上げると完全に身を委ね、私の肩と首筋辺りを好んで眠り始めます。
椿理想の肩のりキャットです。

 1年以上の入院を頑張った葵へのご褒美に、新たな家族を迎えるのもいいかなぁ~と思いつつ、まだ迷っています。誰か、私の代わりに決めてください!

 でもって、子猫の飼い方といい物件(もしくはいい不動産屋)、ご紹介してくださる方いらっしゃいましたら、椿までご連絡ください!

                         つばき

by bigcamellia814 | 2009-06-20 09:59 | TSUBAKIng Times

悩み・考える・・・

 「生命倫理」という授業で使用する映像教材に、字幕をつける作業をしていた時のこと。聴覚障害を持つ学生が、その内容を理解できるためにこの作業を行なう。

 今回の映像は「脳死」について。
数年前のNHKの特集番組だった。
それを見ながら考えたこと。

 番組の最後に、臓器提供意思表示カードの携帯を勧める日本のCMの一部が流れた。 べらんめぇ口調の江戸っ子風のおじさんが、
「まぁ、いいことだしやっちゃえーってことで。」と言う。
おいおい、臓器提供、勢いで決めて大丈夫かぁ?
臓器提供に関し、「提供することは『いいこと』」という概念が差し込まれたCMを流すのはいかがだろう?
「良い」「悪い」で割り切れない、様々な感情が交差するだろう問題なのに。

 そして続ける、
「若い頃にいいことしなかったし・・・」
おいおい、臓器提供は罪滅ぼしか?


 これはアメリカの話。
自分の亡くなった家族の臓器を提供した家族が、その臓器を移植された人に会いたいという。基本的に臓器移植を行なっている多くの国が、これを禁止している。
しかし、移植コーディネーター達は様々なリスクを考え、本人達がそのリスク(①移植した相手に深い人間関係を求めてしまう ②移植した相手に金品を要求する ③移植した相手を恨む・移植され生きていることに罪悪感を抱く等々)に同意した場合のみ会わせる事になった。

 死んだ息子の心臓を移植した60代の女性に会いに行くある母親。
死んだ息子は白人。移植された女性は黒人だった。
その2人に関しては特に問題が無かったが、
移植コーディネーターとしては、人種差別・セクシュアルマイノリティへの差別など、それらのことを考慮した上で、本人達の会うか会わないかという選択をサポートしなければいけないということも、とりわけアメリカの様な国ではあるだろうと考えた。
「なぜ、夫の心臓がゲイに!」というホモフォビアや、
「なぜ、娘の腎臓が黒人に!」というレイシストは残念だけどいるのだから。
自分がコーディネーターの立場ならどう考え、どう行動するだろう?

 こんな風に答えが出ないことを悩み、考えるためにこの授業はあるのだろうな。

                      つばき

by bigcamellia814 | 2009-06-06 08:08 | TSUBAKIng Times

ご遠慮いたしますっ!

 旅で出会った男友達と久々に再会した。
夏に結婚するそうだ。
「あら、そう。おめでとう。」と私が答えた後、
「2人で話をして、法律婚を取る事にしたんだ。子どものことを考えて。」と彼が言ったとたん、私は心の中で唖然とした。

 わざわざ「法律婚を取る事にしたんだ。」と言うその理由は何だ?
私じゃない人に、わざわざ「法律婚」なんて単語を使うだろうか?
私が、「婚姻制度をとる気はない。」と言っている、
自称フェミニストだからか?

 正直、私に何かを言われると警戒し先手を打たれた感じだった。

 いやいや、そう感じるのはフェミ故の私の過剰な勘繰りかもしれない。
「法律婚」にするか「事実婚」にするか彼女と話し合った自分について、もっと尋ねて欲しかったのだろうか?

 しかし、「子どものことを考えて。」というコメントは、あまりに当たり前すぎる。なぜなら、多くの法律婚を選択している人達が行き着く理由はそこだろう。

 「事実婚じゃ、票は取れねぇだろ?」
若手政治家の彼にはそれくらいウィットにとんだことを言って欲しかった。
それ言われたら、私も「そりゃそうだ。」と答えるしかないよ。
選挙に勝ちたきゃ、多数派層に支持されるポジションにいる方が賢明だ。

 でも、言いたいのはひとつだけ。
「わざわざ私に、結婚の中身が事実婚か法律婚かなんて説明しなくていいですよー。」私が「結婚制度をとる気はない」と言っている事は、法律婚を取る人達に対して批判的であるということとイコールではありません。
全くもって。
だから心配しないで下さい。
私、人が何を選択しようとほぼ興味がありません。
ただ、私が結婚制度にノリ気がしないだけ。
事実婚でも法律婚でも、選択の違いによって不平等や不利益を被ることがない社会がいいなぁと思っているだけ。
とか言う私だって、いつどこでどう考えが変わるかもしれないし。

 ・・・ってことで、「わざわざ」はご遠慮ください。
大切な友達が幸せになる、その事実だけで十分です。

                    つばき

by bigcamellia814 | 2009-06-06 00:42 | TSUBAKIng Times

テレパシー

 『出生率1.37% 3年連続続増』
 『30代後半底上げ』
 
 今日の激しい落ち込みは、今朝の朝刊の見出しを読んだ瞬間から始まったのかもしれない。少子化、ワーキングプア、うつ病患者の増加に婚活かぁ。何かと話題になってしまうロスジェネ世代。そのひとつひとつに、振り回され動揺したり、焦って不安になりたくないと思っても、ウンザリするほどの煽り方に気が滅入る日もある。

 帰りのバスの中で、涙が出てきた。
その理由の所在は一箇所ではないし、説明するには面倒だ。
幸い隣りの座席は空席で、通路を挟んだ向こうに座っている学生も崩れるような姿勢で眠りに落ちていた。さめざめと泣くには、いい空間だった。

 さぁ、そろそろ到着するぞと思って泣くのを切り上げた。
そんな矢先、携帯の着信音。姉からだ。
こっそり「今、バスの中だから。」と継げて電話を切る。
しばらくして、今度はメールが届いた。

 『6日に毎日放送の「せやねん!」って番組の、
アラフォー独身女性企画で生放送番組観覧に行くねんけど、
キャンセル出たらしいから行かへん?』だと。
思わず噴出し、声に出して笑った。
さっきまで泣いていたことを忘れるほどに。

 今年、40歳を迎える独身の姉。
前向きだ!実に、実に前向きだ。

 そして、キョウダイっていいなぁ・・・と思った。
くだらないきっかけだけど、私が姉に対して素直にそう思ったのは初めてかもしれない。
 
 
 22時を回った頃に電話がなった。
気だるい声で電話に出ると母からだった。
「どうしたの?」と尋ねると、
「べつに。どうしてるかなぁと思って。」と一言。

 母が死んだら、 
「べつに。どうしてるかなぁと思って。」
な~んていう理由で電話をかけてきてくれる人がいるだろうか?と考える。
そんな風に考えるほど、落ち込む私がいることを他人はあまりイメージしないだろう。

 家族の間にテレパシーはあるのかもしれない。
たぶん、あると思う。
今日みたいな日は、それを信じてもいいじゃないか。


                         つばき
 

by bigcamellia814 | 2009-06-04 23:54 | TSUBAKIng Times

立ちすくむ

a0038862_20215845.jpg
 ここはどこの街角だろう?
私が住んでみたいと思っている国だろうか?
a0038862_20231672.jpg
 ファッションビルのウインドを飾った一面のアドバタイズメント。
 どこかに行ったところで劇的に人生が変わるなんて事はそうそうある訳じゃないけれど、全く異なる方法で社会が動いているある場所で、全く異なる価値観の中に身を置きたい時は、日常の隙間を狙ってやってくる。その隙間を狙われて、しばし、立ちすくむ。

                        つばき

by bigcamellia814 | 2009-06-04 20:52 | viaje(旅)