<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

またデキちゃったよぉ・・・・

 フィリピン人の友人がまた妊娠した。また!まただ・・・
普通ならばココで「おめでとう」と喜びの言葉をかけるのだろうが、まるでそんな気にもなれない。妊娠した経緯が「なんでまた、そんなことに・・・」とガックリくる様な内容だったから尚更という事もあるが、安定した仕事もなく、既に4人の子どもを抱えたシングルマザーの彼女が、あらたに子どもを産み育てる事を考えると、決して楽観的な気持ちでは受け止められない。

 貧困の問題を、ある一面からのみ語ることは不可能であると理解しているが、フィリピンが貧困問題から脱却する為には、『女性解放』なくしてあり得ないのではないかと考えてきた。

 アロヨ大統領に代表される様に、フィリピンでは様々な組織のリーダーが女性であることが多い。確かにそういう点では、よっぽど日本より解放されているのではないかと思う。元来フィリピン人女性は働き者だ。本当によく働く。

 しかし、私の住んでいた村でもそうだったが、なんと子どもの多いことか!
一家に4人や5人、少し前の世代なら7人や8人の子どもなんて当たり前だ。賑やかな子ども達の遊び声が村中に響き渡る様子は、私の大好きな光景ではあったが、こちらが日本人であることをふまえた上で、子どもをだしにあまりに貧しさを強調される様な場面では、「あのねぇ、日本人でも7人も8人も子どもを産んでたらビンボーになるんですぅ。それがイヤなら、作る前に考えようよぉ。避妊しなきゃ、子どもは出来るだよ。」と心の中で思っていた。
 はなから結婚する気のない男や既婚者の男との間に子どもが出来、シングルマザーになった女性、その様な経緯ゆえに生まれても全く育てる気のない女性(しかし、ココがフィリピンのいいところで、母親が養育放棄をしても、家族やご近所さんが総出で子育てをしてくれるから、なんとか子どもは育つことは育つ。)、少なからずその様な女性を目の当たりにし、やるせない気持ちになることがしばしばあった。でもって、「支援してください。」と言われても、「いや、その前にあなた達で出来る事があったでしょう?」と言いたくなる。

 子どもをたくさん産む理由のひとつに、「労働力」という問題があるが、しかし、仕事がなかなかないフィリピンで、子ども1人を産み育てることにかかるコストと、その子が稼げる給料を比較したら、さほど「労働力」という目的は達成されないのではないだろうかと考える。

 貧困状況に拍車がかかるとわかっていながら、なぜか妊娠を繰り返すフィリピンの女性(もちろん、全ての人がそうではないが)を見ていると、産む・産まない、いやそれ以前にセックスをする・しないという場面において、まるでリーダーシップを手放し、委ねてしまっている感じがしてならない。それに腹立たしささえ覚えるのだ。

 これは多分にカソリックの影響を受けた結果ではないかと考える。
避妊も、中絶もダメ。性について語り合う事も出来ない。

 フィリピンを支援している団体は日本にもたくさんあるが、私がもしも何らかの形でフィリピンを支援するとしたら、「女性解放」をキーワードにしたい。それは、今現在起っている貧困状況を目覚ましく変化させる方向性ではないかもしれないけれど、彼女達が、国家や宗教や男達の呪縛から逃れ、自分達のリプロダクティブヘルスライツを取り戻すことが出来たら、確かにフィリピンは変わっていくのではないか・・・・そんな風に考える。

 まぁ、そんな単純な話ではないんだろうけど。
しかし、とりあえず!友人にはそれが必要!
男の思うままになるな!あなたが決めろ!

                                    つばき

by bigcamellia814 | 2008-10-29 23:13 | TSUBAKIng Times

無事に手術終了致しました。

 皆様、ご心配お掛けしましたが、葵の手術、無事に終了致しました。
3時間かかると言われていた手術も、2時間ほどで終了。
当初、主治医からの説明では、褥瘡で痛んでいると思われる骨を削る予定でしたが、いざ傷口を開いてみると、その必要は無かったようです。手術をして頂いたチームaoiの先生方には申し訳ないですが、これは、前主治医・いしりんのお手柄としか言えません!

 今まで何度となく褥瘡の手術をしてきた葵。
今までの手術は、傷口を閉じる、移植するという方法でしたが、
今回は、ポケット状に穴が空いた傷口に、自ら肉が育つまで、じっくり時間をかけた治療でした。「出来れば手術はしたくない。」と辛抱強く傷口の手当をしてくれた、いしりんや看護師の方々に感謝です。

 手術の間、葵のご両親から色んな話を聞く事が出来ました。
葵が障害者になってからずっと、何度となくこんな場面に立ち合ってきたご両親。葵、この人達の為にも、もう無茶はやめようね・・・と思いながら話を聞きました。

 さて、手術したからもう完璧!という訳にはいかないところが褥瘡の厄介なところ。葵の身体に合わせた生活環境を整える事が一番の予防策。
引越し?
う~ん、只今、検討中です。

 とりあえず、今頃は葵も眠りについているでしょう。
お疲れ様。
そして、皆さん励ましの言葉・お気持ち、ありがとうございました。

                                    つばき

 

by bigcamellia814 | 2008-10-29 20:05 | 葵歳時記

チームaoi

 『手術がいよいよ近くなりましたね。
 グチ3つと、大きな悩みを2つまで受け付けますよ。』


 葵の主治医だったいしりんが、送ってきてくれたメールだそうだ。
今は主治医をはずれ、友達として葵を支えてくれている。
先日は、わざわざ転院先の病院までお見舞いに来てくれた。
そんな医者、他にいるだろうか?

 葵の手術は明日。
新しい主治医のもと、チームaoiを結成!
さぁ、チームaoiの活躍やいかに!?
よろしくお願いしますよ。

 これを乗り切れば、もう少し、生活の見通しが立つでしょう。
再び一緒に暮らせる日が、少しずつ近づいてきているようです。

 頑張れ、aoi!

                                       つばき
 

by bigcamellia814 | 2008-10-28 23:23 | 葵歳時記

Sex and the city in Osaka

 30代も半ばを迎え、未だ『未婚』、『子どもなし』、それ以前に『彼氏なし』の女4人で集まって、プチ同窓会をすることになった。名づけて、Sex and the city in Osaka.
大学時代、2年間同じ寮で暮した仲間達。
転居を繰り返しているうちに疎遠になってしまった友人達との久々の再会だったのだが、
当日、1人は体調不良で欠席。もう1人も急な仕事で欠席。
結局、私と在日朝鮮人の友人2人とのSex and the cityになってしまった。

 計算してみると、彼女と再会するのは約6年ぶり。
大学1年の夏休み、彼女を訪ね神戸に遊びに来た。
まず案内されたのは、彼女のハルモニとハルボジが住む長田の町だった。
今、その町に自分が住んでいる不思議を考えるが、ある意味必然であり、
きっと導かれたのであろうという気がする。

 現在、大阪の生野区でケアマネージャーをしている彼女の仕事の話に、
私はとても心を打たれた。

 認知症になった在日韓国朝鮮人の高齢者の中には、日本語を忘れてしまい、朝鮮語しか話せなくなる人が少なからずいるそうだ。例えば、祖国を3歳の時に離れ、圧倒的に日本で暮してきた歳月が長いにも関わらず、日本語をスッカリ忘れ、口から出てくる言葉は朝鮮語。

 「それは何でだろう?」と考えた彼女達ワーカーが、110人もの在日韓国朝鮮人の高齢者に丁寧な聞き取り調査を行なったそうだ。長谷川式スケールによる認知症の評価だけではなく、その方の生活歴、生活状況にも踏み込んだ調査だそうだ。

 たぶん現在の日本で、この調査に最も適した地域は生野区以外に無いだろうし、
実際に110人ものデーターを集められたという事実がそれを証明している。
また、調査が出来る人材、つまり「日本語と朝鮮語が出来」、そして「在日韓国朝鮮人が置かれている状況を理解出来ている」だけの人材が集まるのも、やはり生野だからであろう。

 「認知症」という切り口から、在日一世・二世の人達の生活歴について、三世・四世の人達が聞き取りを行う。決して楽ではなかったであろう在日一世・二世の方々の人生。この国の中でフォーカスされることもなければ、保障されることも無かった、その方々の生活。そのひとつひとつを聞き取る作業は、フォーカスされる事のなかった一世・二世の方々の生き様をリスペクトする気持ちを表すひとつの方法の様にも思うのだ。

 「とても、大事な仕事をしているね。」私は彼女にそう伝えた。
残していかなければいけない歴史を、三世・四世である彼女達が引き継いでいるのだ。
彼女は惚れ惚れするような、ソーシャルワーカーに成長していた。

 ソーシャルワークのオモシロさは、1人1人の人生に丁寧に向き合う事が出来る事。
改めて、彼女の姿に、その事を実感させられた。

 仕事柄という事もあるかもしれないが、彼女は話を聞く事も、聞き出すことも上手い。
私の旅の話を面白がって聞いてくれた。
朝鮮籍の彼女にとって、海外旅行は様々なハードルがある。
先日解除されたとは言え、北朝鮮がテロ支援国家として位置づけられていた事は大きく、
今年の冬、私が、再度旅する予定にしているインドネシアに彼女は行く事が出来ないそうだ。
朝鮮籍のパスポートを持っているというために。

 オノ・ヨーコの言葉を思い出す。

 持って行く。
 この旅がしたかったけれど出来なかった友人達の写真を、
 持って行くこと。

 
 私は、彼女の置かれている状況を心に刻んで旅をしたいと思った。

 仕事を終えた後での、大阪での再会。帰宅したら、11時を回っていたが、不思議と疲れを感じる事はなかった。むしろ、元気を貰った。いい仕事をしている友人の姿は、私に力を与えてくれたようだ。ありがとう。

                                        つばき

by bigcamellia814 | 2008-10-23 22:06 | TSUBAKIng Times

病院から病院へお引越し

a0038862_23494850.jpg
 葵さん、6月中旬からほぼ4ヶ月過ごした病院を本日退院し、
手術を受けるため、その足で他の病院に転院しました。
今日から、新しい病院での入院生活が再び始まったのです。

 4ヶ月過ごした病院は、窓を開けるとソースの匂いが漂ってくる、
☆That's 長田☆な場所ににありました。
この病院で葵は、幼き日から始まった彼女の病院生活史上の中でも、
ダントツに素晴しい主治医・いしりんに出会え、
フレンドリーな看護士さんや、長田のじいちゃん、ばあちゃん達に囲まれ、
案外快適な入院生活を送った様でした。

 詰所に寄り看護師さん達にお礼を言い、
同室だった、お好み焼きで家5件建てたオバちゃんとは涙の別れをし、
主治医・いしりんには、昨夜一晩で作ったネックウォーマーをプレゼントしてお別れ。
でも、きっとまた会えそうな感じ。

 4ヶ月過ごした病室を出て、エレベーターに乗ろうとして気付いた廊下のガラス窓。
窓全部が、切り絵で彩られています。
「もしかして、これ全部葵が作ったん?」と尋ねると、
「そう!」だって。
思わず、「どんだけ暇やったん・・・」と私。

 どこに居ても、誰かの為に何かをしたいと思う葵、
感謝の気持ちを、何かで表そうとすることを忘れない葵。
この切り絵で彩られた窓には、まさに葵らしさが凝縮されています。

 さぁ、今度の病院でもいい出会いに恵まれるかしら、葵さん。
今度の病院には、若いインターンもワンサカ。
患者さんの年齢層も幅広い。
本人、さほどノリ気ではなかったが、
「鳴かず飛ばずの状況を打開するためにも、いい男見つけてきさない!」とミッションを提示。
現実のものとなるのやら、ならぬのやら・・・

 頑張ろうね、葵。

                                        つばき

by bigcamellia814 | 2008-10-21 00:18 | 葵歳時記

ヒトの本棚を覗くオモシロさ

a0038862_134733.jpg
 今夜の情熱大陸は、ブックディレクターの幅允孝(は ば よしたか)さんだった。
特定のテーマに沿って本を選び、
その場所にあった本の並べ方をプロデュースするのがお仕事。
ご自分で考えたお仕事らしいが、
本を前にしてワクワクし、人々が手に取りたくなる様な見せ方を演出する。
そして、そこに並ぶ彼が選んだ全ての本の魅力をイキイキと語る姿が、
どこか無邪気で、実に幸せそうだった。
そして、あなたほどの情熱と愛情はないけれど、その気持ちはわかるなぁと共感した。

 今日、リサイクルショップで本棚(本当は食器棚だけど)を購入し、
あーだこーだと1人悩みながら(しかしそれは、楽しい時間だったのだけれど)、
何とか本棚に納め終えたばかりの私には、とてもタイムリーな話題だった。
本当は「納める」ではなく、1冊1冊背表紙が見える様に並べたいのだが、
十分なスペースもないので、納められるだけ納めてみた。
枕元に山積みになっていた本が片付いて、今夜は多少寝心地が良いだろうか?

 ひとつこだわったのは、
黒人フェミニスト、ベル・フックスの本は、いつでも手に取れる場所に並べておこうと思い、
一番手に取りやすい段に並べた。
落ち込んだ時に、彼女の本を読むと回復するのだ。

 昔、友人の彼氏が私の家を初めて訪れ、
その彼が私の本棚に並ぶ本のタイトルを見ただけで、
「僕、椿に叱られそうやなぁ。」と言ったのが、とても印象に残っている。
どうやら、ベル・フックスの『ブラックフェミニストの主張』を筆頭に、
数々のフェミなタイトルの本が並んでいたのが原因らしい。
わたくし、いきなり叱ったりは致しませんわ。

 そんな風に、本棚は、
その人が何に関心を持っているか、または何がスキか、垣間見れる空間だ。
人の本棚を覗くのは、結構楽しいもの。

 私の本棚はこんな感じ。
個人的には、左端の横山剣著、500ページにも渡る自伝『マイ・スタンダード』と一緒に、
その真下に『マルコムX自伝』が共存しているあたりが、気に入っています。

                                       つばき

 

  

by bigcamellia814 | 2008-10-20 02:21 | TSUBAKIng Times

写真展開催します!

a0038862_133322.jpg
 職場で、10月20日(月)~29日(土)の間、写真展『対岸の肖像 ~BURAKUとのかけ橋~』を開催致します。被差別部落出身である事にアイデンティティを持つ、13人と1組のポートレート。詳細はコチラ

 今回、この企画の発案者である私が、写真展開催への想いを綴った文章が、あるwebに公開されました。コチラから読めます。

 読んでくれた友人数名が、丁寧に感想を送ってきてくれました。中でも『あの文章と写真展の開催は、この10年ぐらい、つばきが経験し学んできたことの集大成じゃないかなぁ。』と言ってくれた友人の言葉が、とても印象に残りました。その、10年あまりの時間、私を見つめてきてくれたということだから。
伝える事とは、それを受け取った側の考え・気持ち・体験を引き出す、そして語り始める、そのきっかけを与えるものなのだと、改めて感じることが出来ました。

 被写体が、被差別部落出身者ということもあり、その事ばかりがフォーカスされてしまいがちですが、この写真を撮られた後藤勝さんというフォトジャーナリストの写真、イイんだよねぇ。今回の写真以外にも、カンボジアのエイズ病棟で暮らす人々や、津波で家族を失ったタイのアチェ人の子ども達の写真を見る機会があったのですが、人への迫り方が、とても印象に残る写真を撮っている方でした。

 そこに写っている被写体が、ただ語る事すらタブーとされてきた「被差別部落出身者」であっただけでは、この写真展を開催したいとは思わなかったでしょう。やはり、心を動かす力が、その写真に込められていたからこそ、私は、是非開催したいと思ったのだと思います。

 多くの人に足を運んでもらい、語り合うほんの少しのきっかけになれば嬉しいです。

                                   つばき

by bigcamellia814 | 2008-10-19 01:28 | TSUBAKIng Times