<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アンティグアの日曜定食 ~グアテマラの弟~

a0038862_12305271.jpg 「グアテマラ行くなら、アンティグアって町に片桐はいりの弟が住んでいるよ。」という話を、メキシコのカボサンルーカスでダイバーとして働いている男性から聞いた。2003年の11月に住んでいたフィリピンを離れ、東南アジアを旅し、NYに渡って、アメリカ大陸を横断し、その後、5年ぶりに会う友達を訪ねてカボサンルーカスで1週間ばかり滞在しながら、その先の旅を考えていた時の事だった。そう教えてくれた彼も、そこに流れ着くまではバックパッカーで、中南米の色んな場所を旅して来たらしい。

 カボサンルーカスから飛行機でメキシコシティに。そこでしばらく滞在し、オアハカを経由してバスでグアテマラに入った。グアテマラシティに数日滞在し、その後に訪ねた町がアンティグアだった。観光地として有名なこの町には多くの外国人が訪れ、旅行者向けのスペイン語学校がたくさんある事でも有名だ。石畳が続くコロニアル調の(・・・と言ってもあの辺はどこでもそうですが。)アンティグアの町並みは本当に美しかった。

 その目抜き通りで、アクセサリーを売っている日本人女性と出会った。別にお店を構えている訳ではない。どこかの家の軒先を間借りして、アクセサリーを並べている。なんとなく気だるそうな雰囲気の女性だった。「彼女は何をどうしてココに辿り着き、すっかりこの町に馴染んだ様子でアクセサリーなんぞ売っているのだろう。」という興味も手伝って話し始めるうちに、偶然にも同郷で、しかも卒業した中学の1年後輩にあたることが判明した。お互い、その偶然にスッカリ驚き話が弾んだ。私は中学3年の時にその中学に転校したので、後輩に知り合いも少なく、当時お互いの存在はもちろん知らなかったのだが、同じ時期に、同じ空間を確実に共有していた2人が、あの田舎町からとんと離れた地球の裏側で偶然にも出くわすオモシロさに、得体の知れない者にちょっといたずらされた様な気持ちになった。

 片桐はいり著『グアテマラの弟』。そこに時々登場する「サトウ夫婦」というのが、まさにこの彼女の事である。(・・・と言っても本を読むまではスッカリ名前を忘れてしまっていたのだが、「そう言えばそんな名前だった。」と思い出した。)「サトウ夫婦」と呼ばれるくらいだから相方がいる訳で、私が彼女に出会った時、「最近結婚したんだよねぇー。」と言うので、勝手にグアテマラ人かと想像していたら、紹介されたのはコテコテの関西弁を喋る日本人男性だった。

 その2人に連れられて訪れたのが、片桐はいりさんの弟さんが経営するスペイン語学校で食べられる日曜定食。日頃はスペイン語学校のこの空間が、日曜の夜だけ、日本食を振舞う定食屋さんに変わるのだ。この本の中にも、日曜定食について書かれており、思わず、あの時食べたギョウザを思い出して懐かしさがこみ上げてきた。ギョウザ定食を食べ終わり、そこを出た後でサトウ夫婦・旦那が「あの人(私達にギョウザ定食を運んできてくれた体格の良い男性)、片桐はいりの弟さんだよ。グアテ人の女性と結婚して、こっちに住んでるんだ。」と教えてくれ、カボサンルーカスの友人が教えてくれた観光ポイント(?)を思いがけずきちんと抑えている自分がおかしかった。

 その後、オレンジ色の街灯に染まった石畳の町並みを歩きながら、サトウ夫婦・旦那が「茶ぁーでもしばきに行くかぁー!」と言ったので、3人連れ立ってオシャレなカフェで温かいお茶を飲みながら、サトウ夫婦がこの国で出会うまでのそれぞれの旅の話や、私達の故郷や中学校の先生の話でサトウ夫婦・妻と盛り上がった。その時撮った、3人それぞれが好き勝手な方向と視線で映っている妙な写真が1枚だけ私の手元に残っている。

 あれから一度メールを送ったが、彼女からの返信はなかった。旅での出会いと言うのは、そういうものだと思いながらも、あの時の出来事は、今でも深く印象に残っている。

 一方的ではあるが、この本を通して、サトウ夫婦がまだあの町に暮らし、そしてどうやら子どもが誕生し、彼女が母親になったことを知ることが出来た。片桐さんに、ありがとうといいたい気分だ。

 私にとっては、旅した時の出会いを思い出させてくれた本だが、グアテマラという地に根を張り、スッカリその土地の人となり暮らしている片桐さんの弟さんのたたずまいに、底なしの許容力・適応力の広さ・奥行きを感じ、我が身を省みて「まだまだだなぁ・・・」と思うのだった。

                                     つばき

  

 

by bigcamellia814 | 2007-10-14 13:41 | libro(本)

☆着物でCKBライブに☆

a0038862_232765.jpg 今夜も行ってきました、クレイジーケンバンドのライブ『SOUL電波2K7』。神戸国際会館で行なわれたので、自宅から電車で15分という手軽さ。程よい都会に住んでいる便利さを実感する瞬間です。
 
 本日は8列目の中央。剣さんをはじめ、皆を間近で見れる距離でした。
 3時間ちかいライブを見終わって、やはり「あぁ~、アタシ、この人達の事が大好き!」としみじみと感動するのです。毎度毎度のことだけど、やっぱり今日も!
 カッコよさと無邪気さと、真面目さとハズし方が絶妙なバランスで存在し、そのへんが「やるなぁ・・・やるよなぁ・・・」と心地良いシテヤラレタ感がみなぎるのです。どこまでもサービス精神旺盛で、そして商売上手な所もいい。横山剣が作り出す音楽の世界観は、どこか突拍子もないけれど、『アーティスト』と呼ばれるよりは『職人』と呼ばれる方が相応しいような、音に向かう時の実直なところがまたいいんだなぁ。そして、何より日本人の「粋」な世界を体現している人。カッコいいんだぁ。

 毎回、ライブに着ていく洋服を考えるのは楽しみのひとつでもあるのですが、今日は再び着物を着てお出かけしました。今日の着物はこんな感じ。ベージュの洋服など1枚も持っていない私が、この着物には魅かれて購入。黒の帯は締まって見えるけど、もっと明るい色の帯と半襟をもってきた方が正解だったかなぁ・・・とこの写真を見ながら反省しています。ちなみに写真は、ご近所スーパーに立ち寄った時、ちょうどいい鏡があったのでそこで撮ってみました。

 着物でも意外と踊れるもんだという事が今夜はわかりました。
あぁ、今夜はいい夢見れそう。

                                        つばき

by bigcamellia814 | 2007-10-13 23:53 | TSUBAKIng Times

日本なのにそこはJamaica

 大学の先輩で、そして元同僚でもあった友人と久々に2人で食事に行きました。
Jamaicanの友達がコックを勤める三宮のジャマイカレストランへ。
「今週食べに来るって言ったじゃないかぁ!!!」と催促され、1人で行くのもなぁと思って彼女を誘ったら、「前から来てみたかったんだぁー!」とのこと。良かった☆
Jamaica料理、基本的に肉料理が多いので、気分が相当盛り上がらないと食べる気がしません。(あんまりお肉食べないので。)だから昨日も久々でした。
a0038862_1331494.jpg

 手前の料理は、ジャークチキンとフェスティバル。フェスティバルとは、甘くない揚げパンです。そして奥の料理は赤飯の様な豆ごはんとアキ&ソルトフィッシュ。アキとはジャマイカで取れるフルーツ。(国の果物だそう。)それと塩漬けのタラを炒めたジャマイカの代表的な料理。そう言えば、『ACKEE&SOLTFISH』(通称:アキソル)という名の日本人のレゲエDJがいるよねぇ。
a0038862_133538.jpg

 店にはJamaica人5名、日本人3名(内1名はお店の方)、ミックス1名(お店の方。日本人とジャマイカ人のミックスかな。めちゃくちゃ男前。久々に見たね、あんな男前!)故に、店の中は完全にJamaicaなノリでした。話し声、笑い声のデカイこと、デカイこと。

 また行きたくなりました!Jamaica!!!

                                     つばき

by bigcamellia814 | 2007-10-13 13:37 | TSUBAKIng Times

降りていく生き方~「べてるの家」が歩む、もうひとつの道

a0038862_0152542.jpg『こころの三要素ってしってるかい?
虚しい、悲しい、寂しいという三つの気持ちは、
楽しいとかうれしいとかいう以上に、
こころの健康にとってとっても大切なものなんだよ。
ともすると私たちは、自分のなかからそれを消し去ろうとするけれど、
それはとても大事な栄養素なんだよ。
鉄とかタンパク質とかメジャーな栄養素とちがって、微量栄養素だけど、
それが欠けたらダメなんだ』

~『降りていく生き方 「べてるの家」が歩む、もうひとつの道』 横川和夫著~

 北海道浦河町にある『べてるの家』。精神障害者の当事者が中心となり、非常に面白い取り組みをしている。冒頭の言葉は、べてるの家のソーシャルワーカー・向谷地さんがある当事者に語りかけた言葉。私はこの言葉を読んで涙が出た。
『虚しい』
『悲しい』
『寂しい』
その理由はわからないのだけれど、いつも、私の心のどこかで感じている。
この満たされない感じがどこから来ているのかわからない。
私が1人で旅に出たがるのは、この三要素をじっくりと慈しみたいと思っているからだという事はわかっている。虚しさや悲しさや寂しさに向き合うのはつらいけれど、でも、私はそれを体中で感じ、受け止める時間を自ら好んでいるのだと思う。
メジャーじゃない微量栄養素。でも欠けたらダメなんだって。
うまいこと言うなぁ。

 ソーシャルワーカーとしての向谷地さんの姿勢から多くの事を教えられる。同じくソーシャルワーカーという道を選んだ者として、彼の様に徹底して当事者の存在を信頼出来ているだろうか?と我が身を省みる。信頼は勝手な期待ではない。そのまんまの存在を否定せず、今、そこに生きていることを受け止めること、寄添うこと。私はどんな風に彼らと向き合いたいのか?それを見つめることに丁寧でいたいと思う。

                                つばき

by bigcamellia814 | 2007-10-13 00:51 | libro(本)

着物姿で観劇したが・・・・

a0038862_210192.jpga0038862_2103757.jpg















 10月6日(土)、友人が出演している舞台を見に、着物を着て、心斎橋にある松竹座に出かけてきました。友人には申し訳ないですが、「舞台を見る」と言うのは「着物を着る」為の口実の様なもので、着るのに時間をかけ過ぎた上に、私が出がけに忘れ物をしたので、30分程遅刻しての到着になりました。友人がおさえてくれたチケットを渡すために、番頭さんが広いロビーでポツンと私達2人を待って下さっていました。まことに失礼致しました・・・

 最近、着物にハマッっている私達は、着物のリサイクルショップ等で手頃なアンティーク着物を購入。値段を言うのは野暮ってぇ物ですが、私達の着物はそれぞれ1000円ポッキリ。でも、それなりに着こなせてるでしょ?ちょっと女将風に、しおらしく写真におさまってみました。

 ちなみに私達が見た舞台は、歌舞伎役者の中村橋之助さんが主演を務める『憑神』という舞台だったのですが、正直な感想は「アタシ、橋之助の演技、ダメやわ。」でした。前から何となくは感じていたのですが、今回は決定的でした。実直で清廉潔白な下級武士の役だったのですが、その爽やかさがなんか腹立つのですよ、意味もなく!だって「演劇してる!」って匂いがプンプンするんだもん!それに、30越えて、こんな爽やかで健全で、なおかつありきたりな終わり方をする舞台見ても、感動せえへんわぁ!と思った次第です。こんな舞台であんた達、ホント満足してんの?と正直出演者に尋ねたいよぉ!それに、それに、あのスカっぽい微妙な音楽はなんだぁー!どうせスカなら、東京スカパラダイスオーケストラに音楽監修してもらえば良かったのに!全然場面に合ってないし!
・・・ってかなり酷評ですね、アタシ。でも、ココまでの事を友人に言うに言えない、私と葵です。言ってあげるべきかなぁ・・・あぁ、どーか気付いてください。あの舞台で、あの値段はないです!(と言っても、私達は2等席の料金で、1階の車椅子席で見せて頂いた訳ですから、その事には感謝!)唯一感心を持ったのは、以前からちょっと気になっていた福田転球さんという役者さんが出演されていたこと。この人の演技は別の舞台で是非見てみたい!

 ともあれ、私と葵は着物を着てお出かけ出来て、芝居の内容はともかく、由緒ある松竹座の空間を楽しめただけでも充分満足でした。

 そして今週末は、姐御風な雰囲気で、クレイジーケンバンドのライブに着物を着て出掛けてきまーす!

                                  つばき

 

by bigcamellia814 | 2007-10-10 21:55 | TSUBAKIng Times

金沢を旅しています

 6日の夜に大阪を出発し、金沢にやって来ました。
日本もまだまだ旅をしていない所がたくさんあります。
北陸は初上陸。

 昨日は、朝7時から兼六園、金沢城が昨日に限って拝観料無料だった事もあり見学がてら伝統工芸品展を鑑賞。その後、輪島塗り体験やお茶席体験など盛り沢山だったにも関わらず、まだ12時前。この時点で1日経ったような充実ぶりでした。
 それから今回1番の目的だった21世紀美術館へ。先月、作品数は非常に少ないのに、料金が異常に高い直島の地中美術館に行ったばかりだったので、1000円でこんなに楽しめるのか!と感動する程の充実した作品、そして空間でした。託児所がある所もいい。それからひがし茶屋街へ。とにかくよく歩いた1日でした。

 今日は雨だったので、着物を着て寺町あたりを散策という予定を変更し、加賀温泉へ。温泉地のあのうら寂しい感じはどうしたらいいんでしょう。雨のせいにでもしときましょうか、、、。軽く泣きたい気持ちになりました。もう何年も待っているのに、訪ねて来てくれるべき人が来てくれない、そんな気持ちになりました。例えて言うなら、「嫌われ松子の一生」の松子が、かつて教え子だった男とねんごろになり、その男が刑務所から出てくるのを健気に待っているような、それに近い気分です。そっと「もう、待つだけ無駄だよ。」と耳もとで忠告したくなるような、そんな気持ち。わかるかしら?(本読んだ人じゃないと分からないよな。)駅の売店で、クレイジーケンバンドの横山剣さんが表紙を飾っているAERAを発見し、もちろん購入して、ちょっと元気になりました。帰りの、これまたうら寂しい電車(汽車って様相か)の中では、田辺聖子が私が生まれた頃に描いていた小説を読んでいたら、小説の舞台が大阪、西宮、六甲山、明石、淡路島で、思わず引き込まれ、気付いたらもう金沢に到着。

 加賀料理を堪能し、今夜は奮発して(バンコクで1泊300円の宿に泊まったいたこの私が!!!)超高い宿に泊まっています。名前はCamellia in 雪椿。名前だけで決めました。古民家を改築して作った小さな宿には、クラシックが流れています。

 それでは、おやすみなさい。

                       つばき
 

by bigcamellia814 | 2007-10-08 21:27 | viaje(旅)

感謝!

a0038862_4245797.jpgみんなおめでとうメッセージありがとう~!ほんと嬉しい限りです!

職場では、女性スタッフのメンバーがランチでお祝いしてくれました。ケーキまで用意してくれて、もう、じんじん嬉しくて。

夜は椿の用意してくれたケーキが~!中華料理の後に行った猫Cafeのスタッフ・お客さんと一緒にたいらげました~。おいしい~!さらに椿から抹茶茶碗とパープルのブーツのプレゼントが!
抹茶茶碗は陶楽の京三島。私の好みど真ん中の、丁寧な器さん。
椿、ありがとう。大切に使います。
うぅ、みんなで野点、したいなぁ。

a0038862_4252158.jpg

またひとつ、おっきくなりました。


改めて、4300グラムの逆子で産んでくれた母、心配掛けっぱなしのつーやん、色んな場所から力を送ってくれるみんなに、感謝しつつ、今日も明日もしっかり生きます。






a0038862_664517.jpg





   ほんとにみんな、ありがとうねぇ!  
    
                 aoi

by bigcamellia814 | 2007-10-07 06:00 | 葵歳時記

☆Happay Birthday Aoi☆

        ☆HAPPY BIRTHDAY Aoi☆
a0038862_0165614.jpg

a0038862_0201841.jpg

 葵の28歳の祝いに、ガタイのいいJamaican3人用意しました。
「Reggae tuneで♪Happy Birthday♪唄ってあげてよッ!」ってリクエストしたら、
「唄えねぇーよっ!」って言われました。
当然ですが、Jamaicanだからと言って、皆がボブ・マーリーじゃありませんからね。

葵、お誕生日おめでとう!

                                      つばき

by bigcamellia814 | 2007-10-05 23:59 | TSUBAKIng Times