<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

託された言葉を伝えるために沖縄へ

昨夜、友人に誘われて『つづら折りの宴~わったーしまは わったーがまもる message from Okinawa』というライブイベントに行ってきた。大好きなソール・フラワー・モノノケサミットも出演するとの事で。これは、2月24日・25日に沖縄は名護市・辺野古で行われるPeace Music Festa!辺野古’07のプレイベントだった。このライブでの収益が、辺野古でのMusic Fesの資金になる。

 その中で、辺野古に新基地を作らせない為に身体を張って、いや命をはって守り続けている平良夏芽さん のお話を聞く時間があった。辺野古の現状に対し、十分な知識を持っていなかった私は、初めて聞かされる話に胸が鷲掴みされ涙が流れた。

 「平和学習として多くの人が沖縄を訪れ、被害者としての沖縄を学んで帰る。しかし、加害者としての沖縄は知らない。」「沖縄戦で亡くなった人よりも、沖縄から飛び立った戦闘機によって殺された人達の方が多い。」平良さんはそう語る。

 「加害者」である事を自覚する事。イラクやアフガンで起こっている戦争に対し、私達は加害者と言う自覚があっただろうか?自分達の街・沖縄から飛び立つ戦闘機が多くの人達を殺す。それを止める事が出来なかった私達は加害者であると、平良さんは言う。

 「サンゴの為に命をかける事は出来ない。」「ジュゴンの為に命をかける事はできない。」でも「これ以上人を殺させない為なら命をかける事ができる。」と言葉を強めた。

 イラクに2度訪れた事があるという平良さん。沖縄に住む私の友人のお父さんもイラクに行った。多分、一緒に行かれたのだろうと、お話の後、声をかけさせて頂いたら、やっぱりそうだった。

 その時、私は平良さんから大切なお話を聞かされた。聞いた直後、涙が流れた。誰かを思って号泣したのは久々だった。戦争は、戦地とかしたその国の人達だけを殺すのではない。沖縄から人を殺す戦闘機を飛ばすものかと守り続け、闘い続けた人の心まで壊した。私は、平良さんから大事な言葉を託された。それを伝えに沖縄に行かなきゃ。あんな偉大な人を早死にさせてたまるか!

 私と葵の行動は早かった。早速チケットを押さえ、沖縄行きを決めた!
2月に沖縄へ、行ってきます!

                                       つばき

by bigcamellia814 | 2007-01-23 00:24 | TSUBAKIng Times

ビストロ葵、実現か!

a0038862_2002682.jpg 新長田の駅前で見つけた、このチラシ!「アジアごはん屋はじめませんか?」なに?なに?いったいこの企画?「家賃は月々2万5千円!」「内装や設備工事もバックアップ!」「市場の食材をお安く提供!」まさに葵の為にある様な企画じゃない!

 在日外国人が多く住む長田区。震災以後空き店舗が多くなった丸五市場を「アジアごはんの街」としてリニューアルさせようというこの企画。在日外国人が多い長田の特徴と、丸五市場の食材をいかしてくれるお店を募集中だとか。主催は丸五市場事業共同組合。

 いつか、ごはん屋さんをしたいという夢を持つ葵!和・洋・中はもちろんの事、タイのグリーンカレー、ベトナムの生春巻き、キムチを使った料理あれこれ、沖縄料理だって手がける葵!彼女の料理の美味しさを最も知っている私としては、「いくらか出資してあげるから、会社辞めて、お店やりなよぉ!」とハッパをかける。内装工事もバックアップって事は、車椅子対応の厨房だって実現するかも。考えてみて、葵がお店を開く事!楽しいよぉー!葵、絶対!今よりイキイキするはず。彼女の料理の美味しさと笑顔に魅かれて、さびれかけた丸五市場も再び活気付くかも!

 私と一緒に、葵をその気にさせません!?

                                 つばき
 

by bigcamellia814 | 2007-01-20 20:25 | 長田そぞろ歩き

ブーム再燃☆☆☆

a0038862_725334.jpg 勤め先の大学生協のアイスBoxをのぞいたら、なっ!なっ!なぁーんと私の大好きな丸永製菓の『あいすまんじゅう』を発見!『きなこもち』と椿お気に入り『抹茶ぜんざい』も!そばに居た課長に、バニラに包まれたあんこの絶妙な柔らかさが絶品なのだ!と力説し、その気にさせて、早速おごらせました!ごちそうさま!生協の方にも、「丸永製菓のアイスを置くなんてスバラシイ!私、このアイス大好きなの!一気にこの大学が好きになりました」と絶賛して帰ってきました。さぁ、職場の皆にオススメし、丸永製菓の知名度UPを目指します!つばき

by bigcamellia814 | 2007-01-18 07:18 | my favorite

6434人の命の灯り

a0038862_20325741.jpg 神戸に引っ越してきて3回目のこの日。1月17日。あの阪神・淡路大震災から今年で12年。慌しさを理由にする自分が情けないが、朝、ニュースを見て、今日が1月17日だった事に気付く。震災が起きた5時46分。三宮の東遊園地で、点された灯りを前に黙祷する人達。

 私が住む長田区でも毎年行われる追悼の灯り。震災ボランティアとして神戸に入り12年。a0038862_20483983.jpg大学時代の先輩でもあり、前職の同僚でもあったBちゃんから、「新長田の駅前で震災追悼の灯りやってるから、おいで。」とメールを貰い、仕事の帰りに立ち寄った。
 
 新長田駅前広場は、驚く程の人の多さ。追悼の灯りに、火を点しに来た人々だ。駅の構内に飾られた写真。人々は、震災前と震災直後の様子を映した写真を食い入る様に見ていた。

 ペットボトルを再利用して作った追悼の灯りは、『1.17 ながた』という言葉を浮かび上がらせていた。そのひとつひとつに灯りを点していく人、手を合わせる人、その灯りを見つめる人。そばでは豚汁やコーヒーの炊き出しも行われ、寒さの中、身体を暖めては、そこに集うa0038862_21514974.jpg人と言葉を交わす。
 1年の始まりは1月1日だけれど、震災を経験した神戸の人達にとって、毎年この1月17日を
大切に弔ってから1年が始まるのかもしれない。

 追悼の灯りはまるでプチ同窓会の様で、職場が長田でなくなってからなかなか出会う機会の少なくなった人達との再会を楽しんだ。配食サービス等を行うボランティアグループを立ち上げたMねぇさんは、仕事帰りの私を見て「あんた、職場が変わったら、そこまで服装変わるかぁ?」「福祉業界から離れると違うなぁー。」といつもの威勢のいいジャブ。「いやいや、今の仕事も福祉業界ですから・・・」と言い訳しつつ、「そこまで言われる私って、いったいどんなやったんや・・・」と自分で自分に突っ込みを入れた。こんな風に、飾らないのが長田流。Mねぇさんの隣には、大好きなソールフラワーユニオンのヒデ坊が。ちんどんスタイルで民謡や流行歌を歌い、避難所を回って人々を元気付けてきた。昔は、わざわざ遠くから彼女達のライブを見に行っていたけれど、長田に引っ越してきてから、頻繁にお目にかかる事が出来るので、勝手に身近な存在になってしまった。震災の時の事を歌った『満月の夕べ』は名曲。

 長田で暮らしていながら、なんだか今日は、帰って来た様な気持ちになった。楽なんだよね。言葉も、行動も、服装も。スキだらけでも大丈夫。

 もっとも被害の大きかった長田の街。未だに色んな場所で建設が続いている。昔を知る人は、その面影のなさが寂しいかもしれないけれど、頑張っているこの街を愛しく思う。私も少しずつこの街の人になってきたかなぁ。

 この街で暮らす日々を大切に思います。6434人の方々の冥福を祈りながら。

                                        つばき
 

by bigcamellia814 | 2007-01-17 23:55 | 長田そぞろ歩き

私のいる場所

 昨夜は、久々に友人が我が家に集結!私の姉も合わせたら、合計6人ものお客様。風邪気味の葵が奮起してご飯を作る。麻婆茄子、ふーチャンプルー、水菜のサラダ特製ゴマドレッシングかけとレンコンもちもち団子汁(絶品です!)。やっぱり葵のご飯はおいしいなぁ。台所に立ちながら、「やっぱり我が家はこうでなきゃね。最近、友達の出入りが少ないから、だから私達の生活もなんだかパッとしないんだよ。」と私。「そうだわ、それそれ!」と葵。我が家は、友人の声が響き、勝手に寛いでくれていないと、どうやら風通しが悪くなるみたい。

 その友人のひとりが、「椿ちゃんも葵ちゃんも神戸より東で働いてるけど、引っ越そうとか思わないの?通勤大変じゃない?」と尋ねて来たが、「全然思わない!」「神戸の方が良くない?」と逆に尋ね返した。でもって葵は「神戸でも長田がいい!」だって。

 今日、手話教室の帰り、真直ぐ帰宅しようと思っていたが、やっぱりバーゲンへ!元町あたりから南京町へ、栄町通りや海岸通り、ブラブラしながら、古いビルジングの中にある天井の高いCafeでランチをした。食後のミルクティを飲みながら、
「やっぱり、神戸が好き。」としみじみ。

 通勤に往復2時間。もったいないと言えばそうだけど、最近は電車での過ごし方を覚えたので、あまり苦にならない。必要性に迫られるまでは、引っ越す気はありません。

 引っ越してきて、もうすぐ3年目。居心地の良い街です、神戸って。

                                 つばき

by bigcamellia814 | 2007-01-14 20:54 | TSUBAKIng Times

傘がない!

a0038862_18275981.jpg 傘をしょっちゅう無くす私。至る所で無くす私。雨が上がると途端にどっかに置き忘れる私。無くさない自信がまるでないから、傘は安い物しか買わないと決めていた。そんな私が持つ傘は、300円~500円のビニール傘か、誰かに置き去りにされ、誰にも拾われない傘。
 
 しかし、何を思った昨年12600円もする傘を購入。栄町のMANDRAKEというお店で、アフリカンバティックの傘を買った。数年前、アフリカンバティックの日傘をさしている女性を見かけて以来、「欲しいなぁー!」と思い続けたその傘を、MANDARAKEで見つけた時は、自分の愚かな習性も省みず迷う事無く即購入!買った後から緊張感が湧いてきて、「絶対無くすものか!」と誓った椿。
 
 途中から雨が上がりそうな日は持っていかない、途中から雨が降りそうな日も持っていかない。なぜなら、晴れた瞬間から傘の必要性を忘れて、どこかに置き去りにしかねないから。その日の服装に合わない時は持ち歩かない。見ての通り個性の強い傘なので服装を選ぶ。職場に着いたら、乾かしてロッカーにしまう。絶対に玄関の傘立てに入れる等という無用心な事はしない。Officeから出る時は、課長が置いている予備の傘を使う。だって、別のOfficeの傘たてに立てて、誰かに取られる嫌だから。(そういう理由で課長の傘を借りて、誰かに取られてしまった事がある・・・ごめんなさい。)電車に乗る時も、必ずカバンに引っ掛けて肌身はなさい。だって、12600円。数年来、恋焦がれた傘なのよ。無くす訳には行きません。

 しかぁーし、こんなに用心していたのに、気分がどんよりと落ち込んでいた1月7日、私はこの傘を阪神電車の中に置き忘れてしまったぁ!改札を出た瞬間、手元に傘がない事に気付き、私は真っ青!「あぁ、気分が落ち込んでる時って、何でこんな悪い事が起こるの!やっぱり、悪い事を引き寄せるのねぇ。」と更にどどーんと落ち込んだが、とにかく事務所に駆け込んで、即探してもらったが見当たらないとの事。用事を終えて2時間後、再び事務所を訪れ確認したが、やっぱり見当たらないって。

 「もう、諦めよう。縁がなかったと思うしかない。」と思い込み、貰った忘れ物センターの連絡先もジャケットのポケットの中に突っ込んだまま2日過ごした。
 傘を無くして3日目、「ある訳ないだろうけど、試しに電話してみるか・・・」と忘れ物センターへ連絡。「青色の布の傘で、鳥の模様が入っています。持ち手は竹です。」と傘の説明をする。「ちょっと待ってね。」と先方が電話を置いて数分後、「それらしいのがあるんですけど!」という予想もしていない言葉が返ってきた。思わず、「すっごーい!嬉しい!」と叫んだ私。

 すぐにでも迎えに行きたかったけれど、やっと再会出来たのは12日。再びこの傘を手にした時は運命を感じたよ。なぁーんて言うと大げさ!?たかが傘に!でも、きっと私の願いが届いたのよね。

 「大事にするよ。」「大事にするよ。」、傘に向かってそー言って、それ以来、雨の日でも持って歩く勇気がない私。それって、意味ないよね・・・・傘として、意味ないよね・・・・でも、愛しているの、この傘を。

★アフリカンバティックと言っても、このバティックはアフリカで作られた物ではなく、オランダ産。それをロンドンで購入し、日本で防水加工し、傘職人さんが一本一本作り上げたとか。昨年ベルギーを旅して驚いたのは、アフリカ系の人が意外に多い事。お隣のオランダも然り。鮮やかなアフリカンバテッィクを身にまとった女性を目にする機会が多かった。ちなみに、ロンドンのLiverpool street周辺にアフリカンバティックのお店が軒を連ねている。アフリカンバティックと共に売られている、ドバイから輸入しているきらびやかな刺繍やレースが入った布も感動物!ロンドンに行かれる際には是非ココへ!

                                   つばき

by bigcamellia814 | 2007-01-12 23:26 | my favorite

新年つれづれ

 長かった冬休みも今日で終わり。有給も使って、全部で19日間丸々お休み。ありがとうございます。私は決して切り替えが上手い方ではないのだけれど、仕事に関しては休みに入った途端に全ての事を忘れてしまう。だから、明日からが大変。まずは、山ほどのメールをチェックして(気が重い・・・トラッシュメールも山ほど来ているはず。)、それからこれから1月末までに乗り越えなきゃいけない仕事の整理をしましょうか。とにかく次の目標はGW。4ヶ月間、頑張ろう!

 先日、葵と一緒に占いに行った。新春初占いって事で、日頃そういう事はしない私だが、色んな事に関して「答えが出ない」感じがずーっと続いているので行ってみた。喫茶店なのだが、マスターが手相を見てくれるそのお店は、テレビにもよく取り上げられているらしい。
 しかーし、ちっともイイ事言われなかった。見事に!「イイ事言われなかった」どころじゃなくて、「最悪」って感じ。「頑張ってもらうしかないねぇー。」がマスターからの最後のお言葉でした。
「惰性で生きている。」と言われ、「心外!」と思いつつ、まだまだ頑張りが足りないところを考えてみた。でも、そんなに頑張らなきゃいかんかい?おい!
 占いよりフェミニズムを信じる私には、「幸せ」というある種の基準の上で語られる事に相容れなさを感じながらの時間。「フェロモンが出ていない。」というコメントに、「あんた達が求める女像にもう飽き飽きなんじゃぁーい!」と言ってやりたい位だった。年末、母が細木数子の話題を出したので、「今時、あんなジェンダーバイアスかかった事を公共の電波で垂れ流して許されるのは数子だけだよ。同じ事、政治家の男が言ったらバッシング受けて、次の選挙は勝てないね!」と私が言ったら、母が笑いながら同意してくれた。占いの中で一番気に触ったのは、「君は男性を自分の人生に従わせようとするタイプだね。」という一言。そうかもね、たぶんスンナリ従うタイプではないでしょう。だから、とりわけここ数年は日本人の男が一切寄り付かないよ。でもさぁ、私は「従う」事が嫌なんじゃなくて、女が従う事になんら疑問を持たない男達のそういう感覚が嫌いなの!なんで、女が自分の言い分を言うと攻められて、男は何にも言われないの?と店を出てからふつふつと不快感が湧いてきた。久々にフェミの生きにくさを感じた私だった。
 まぁ、占いによると運気はまるでなしだそうですが、誠実に暮らして生きます。

 お休み最後の今日は、わりとしようと思った事を片付けられた1日だった。今年の目標である「ちゃんとご飯を作る」「洗濯は風呂の残り湯を使う(洗濯機がベランダにあるので、バケツで運ぶ。)」を実践!毎年恒例の年賀レターをまだ送っていないので、宛名を書き終わった簡易書簡(これに年賀レターを封入)約100通に、それぞれの人を思いながら手紙を書いた。もうすぐ届きます!待っててね!今日はこれから葵と一緒に「はじめてのおつかい」見て、泣いて、眠ります!いい冬休みでした・・・・

                                      つばき

by bigcamellia814 | 2007-01-08 18:54 | TSUBAKIng Times

☆2007年 椿がしたい10のこと☆

 自分の覚書の為に、 ☆2007年 椿がしたい10のこと☆

1・山の様な課題を前にしても焦らず、追い立てられず仕事をし、学生と丁寧な関わりを持つことを心がける。

2・的確な言葉と的確な流れで、明確に物事を説明出来る力を培うこと。又理解しやすい言葉で語ること。

3・葵との生活を見直し、彼女と過ごす楽しい時間を意識的に作ること。 

4・疲れてもちゃんとご飯を作る。

5・忙しさを理由に生活の無駄を増やさない。(外食を減らす・食べ物を腐らせない・洗濯に風呂の残り湯を使う等)

6・メールではなく手紙を書く。伝えたい気持ちは自分の言葉と自分の文字で伝える。

7・戦争出前噺を行っている本多立太郎さんを自分の街に呼び、彼の話を身近な友人達と聞く場を企画する。

8・手話とスペイン語、楽しみながら少しずつ身に着けたい。 

9・感じる。風や空気の湿度や時間の流れを敏感に。

10・耳の痛い話も心地良い話もとにかく人の話を参考にしてみる。で、良く考えて、やっぱり最後は自分で決める!

 したい事って言うよりは、抱負、戒めって感じかな・・・・
いくつ出来るか、どれ位出来るかは気にせずに、時々思い出しながら、実行しましょう。
 
 皆さんの2007年したい事は何?

                                   つばき

by bigcamellia814 | 2007-01-01 22:54 | TSUBAKIng Times

☆あけましておめでとうございます☆

Happy New Year!

 昨夜、旅から帰ってきました。
休む間もなく、今日は、昨年のGWから帰省していない実家に帰ります。
これから1週間のお休みは、まだ誰にも送っていない年賀レターを書き、仕事を整理し、部屋を片付ける1週間になりそうです。昨年中にやっておく事ですが、今年に持ち越し。

 皆さんの2007年が幸せな年となります様に。心をこめて。

                                つばき

 

by bigcamellia814 | 2007-01-01 12:28 | TSUBAKIng Times