<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

戦争出前噺再開!

今が廃絶の時 出前噺再開へ
           無職  本多 立太郎 (和歌山県みなべ町 92歳)

 北朝鮮に核を断念させる唯一の方法。それは、すべての国連加盟国が核廃棄総会で決議し、直ちに実行することである。

 核廃絶へ、私の青写真はこうだ。非保有国により非核委員会を組織、強い査察力をもたせる。期日を明確に定め、核と関連施設を廃棄する。さらに、研究機関、人的資源のすべてを根絶する。

 まず、米ロ中英仏印パなどの核保有国の決断を、世界に意思によって要求すべきだ。核をもたらした国の責任を追及し、核廃絶の実現によって責任を果たせることだ。その際、国連の役割は極めて大きい。

 これは夢で終わらせてすむ問題ではない。いま核を拒まなければ、北朝鮮はおろか、世界に核が満ち、ヒトはヒトによって絶滅することになるのではないか。

 核の、戦争の、愚と怖さを伝えねば、と全国を回り自らの戦争体験を1125回、のべ18万人に語り続けて20年。今年2月に打ち切った戦争出前噺を再開する。11月5日から13にちまで、秋田、仙台、東京、沖縄、京都を旅する。沖縄では沖縄大学の学園祭で話す。

 たとえ倒れても、今、真実を語らねばならない。どうかご注文ください。聴衆が1人でも参上します。
                                   10月27日(金)朝日新聞 「声」より

 聴衆がたった一人でも、出前を届ける様に自らの戦争体験を伝えに行く。本多立太郎さんの『戦争出前噺』が再開した。

 2002年、以前勤務していた大学で本多さんの講演会を行った。いつもは騒がしく話し始める学生も、本多さんの講演会の時だけは私語を交わす者もほとんどなく、講演会が長引き昼休みをまたいでも、誰一人席を立つ者がいなかった。その後の交流会にも、多くの学生が本多さんと話をするために集まった。

 92歳とは思えない矍鑠としたさま。長身の本多さんは実にダンディで、私が惚れた最年長の男性だ。そして、事実女性のファンが多い。その細い身体からは想像出来ない程、腹の底から発するどっしりとした声で聴衆に語りかける。

 本多さんの話をもう一度聞きたいと思ってきたこの数年。
今年2月に打ち切ったと知った時は、非常に残念な気持ちだった。

 映画を見に行く前に、一人入った中華料理屋。料理が運ばれて来るまでの時間、朝読みかけだった新聞を広げた。偶然目にとまった本多さんの投稿。

 「たとえ倒れても、今、真実を語らねばならない。」
その一文を読んで、涙が止まらなくなった。
忘れていた大事な気持ちが溢れるように、涙が溢れた。
悲観している暇も、無力感に苛まれている暇もない。
この人は、92歳になっても、決して悲観せず、声をあげ、闘い続けている。

 皆さんの場所に、是非、本多さんを呼んでください。
ここの出前は、天下一品です!

                               つばき

 

by bigcamellia814 | 2006-10-27 23:16 | TSUBAKIng Times

心の準備

a0038862_22405732.jpg 定刻に仕事をあがり、今日は途中下車して久々に映画を見に行った。レンタルビデオでも良いのだが、映画館で映画を観るという行為からしばらく離れていると禁断症状に近い状態が訪れる。「今夜は2本立て!」のつもりで映画館に向かったが、やっぱり疲れそうなので1本だけ見る事に。

 私がよく行く映画館、シネリーブル神戸。この劇場の、この赤い絨毯の階段を下りる瞬間が好きだ。この階段を下りる時、どう言う訳か誰かと一緒になった事がない。いつもひとりでこの赤い階段を下りる。それが気持ちいい。そして、一瞬錯覚を起こす。映画の中でしか見たことがない様なワンシーンを思い描いて。

 
 日常とは違う、別の世界に行くための心の準備。
その為の赤い絨毯の階段。
 

by bigcamellia814 | 2006-10-18 23:40 | cine(映画)

スカパラで跳ねる!跳ねる!

a0038862_22411175.jpg こんな風にステージが組まれた東大寺で東京スカパラダイスオーケストラのライブを楽しんできました!飛び跳ね、こぶしを挙げ、「谷中さ~ん!」と絶叫し!!

 スカパラ登場の前に、初めてのオペラも堪能。あぁ、大仏に見守られつつ、野外で、こんな大勢を目の前に、お腹の底から声を出して歌うなんてどれだけ気持ちイイだろうと聞き入っていたら、後ろの女の子2人が大きな声で話す!話す!堪忍袋の緒も切れかけで、「スカパラ聞きに来てる人ばっかりじゃないんだから、もう少し静か出来ない?」と言おうと思ったら、別の女の子が「ちょっと喋りすぎじゃないですか?」と彼女達をビシッと注意!よくやってくれた!

 スカパラ登場と共に、跳ねる、跳ねる。皆が踊り出し、飛び跳ねる度に踏みしめられる芝生の匂いがいい香り。夜空の下で、何万の人が跳ねてるんでしょう・・・目の前のオバちゃん達も、若い子達の見様見まねで、こぶしを挙げてて踊っている姿がかわいいなぁ。

 西ブロックのスタンディング席でどうにか前の方を確保出来た私は、人と人の隙間から、ステージを斜めから見た。手前はあまり見えないけれど、幸いに下手にいる谷中さんはバッチリ見える。カッコイイ!カッコ良すぎ。男っぷり良すぎだよ、谷中さん・・・・

 余談だけど、スカパラって歌わなくてもいいよなぁ・・・と思ったのは私だけ?(葵にそう話すと、彼女は同感だったみたいだけど。)批判を恐れずに言うなら、歌わない方がいい。音だけの方が、彼らのカッコ良さが際立つ気がする。

 彼らのあまりにもカッコイイ音を聞き気持ちが高揚しまくっていた私は、時折鹿が横切る、街灯なぞひとつもない宿泊先のユースまでの帰り道、新潟に旅行中の葵にわざわざ電話して、「カッコよすぎるー!」を連発したのでした。

 天気にも恵まれ、古の時の流れを感じさせるすばらしいロケーションの中で、スカパラの音を聞く。贅沢で、オシャレで粋な時間でした。


                                       つばき

 

by bigcamellia814 | 2006-10-17 00:18 | musica(音楽)

★初!スカパラLive in  東大寺★

a0038862_23141157.jpg 明日、重源上人800年御遠忌慶讃奉納公演『東京スカパラダイスオーケストラin奈良東大寺』に行ってきます!

 以外と奈良が好き。密かに住んでみたい次なる候補地なのです。いい町家に出会えたら、住んでみたいなぁ、奈良!それにベタだけど、東大寺もスキ。だって、大きいでしょ!?

 明日は、ライブの後、民宿に一人でお泊り。久々に、布団に寝転んで、ご無沙汰している友人達に手紙を書くというイメージを描き、ちょっとした小旅行の演出を考えています。

 大仏とスカパラの谷中さんを見てまいります!(見えるかなぁ・・・)

                                            つばき

 

 

by bigcamellia814 | 2006-10-13 23:33 | musica(音楽)

言葉の奥底

 障害を持つ人々と日々向き合う、それが私の仕事。
彼らの障害は、緩やかに、時折急激に変化を来たす事がある。

この前まで可能だった事が、今はもう出来なくなってしまった。
希望とは裏腹に、諦めざる得ない瞬間を自ら受容しなければいけなくなってしまった。

涙する親の傍らで、現実を自らの言葉で語る彼らは、驚く程冷静だったりする。

私がもし彼らなら、出来ていた事が徐々に不可能になる刻々と流れる時間を、どう、どう受け止めるのだろう?私は彼らの様に、冷静に現実を語れるだろうか?

冷静に語る彼らの言葉の奥底に思いを巡らす。何を感じているのかと。


                             つばき

by bigcamellia814 | 2006-10-13 23:04 | TSUBAKIng Times

大人顔・ゴルチエ

a0038862_21451139.jpg 子猫の成長はめまぐるしくて、まだまだ赤ちゃんだと思っていたゴルチエも、だんだんと大人顔に近づいてきました。この写真も、以前の写真に比べるとちょっぴり顔つきがしっかりしてきたでしょ?
 結局貰い手が見つからぬまま、ゴルチエは野良猫街道まっしぐら!でも、もうココまで大きくなれば野良猫としても十分生き延びれるでしょう!学内は比較的安全な場所だし、かわいがってくれる人もたくさん居るのだから、野良猫として生きるのも悪くないかもね。ねっ、ゴルチエ!
 昼休みと帰り際、課長と一緒にゴルチエに会いに行く事が日課になった私。「ゴルチエ、愛してるよぉー。お前が一番かわいいねぇー。大好きだよー。」とゴルチエを抱きしめて、ゴルチエにキスをする私を見て、課長はケラケラ笑っています。だって、しょうがない!ゴルチエがかわいすぎるんだから! 椿

by bigcamellia814 | 2006-10-13 22:04 | TSUBAKIng Times

Salute

a0038862_21102619.jpg
 一目惚れしてしまったこの下着。もう、ずいぶん前から恋焦がれています。WacoalのSaluteというブランド。レース使いが素晴らしく美しい、デザイン性にとんだセクシーな下着を次々と展開しています。お値段の方も、かなりいい値を付けているので、なかなか手が出ませんが、いつか身につけてみたい・・・・

 初めて買って貰ったブラジャーはWacoalのモノ。母は「ブラジャーはWacoalに限る!良い物を身に着けないと胸の形が崩れる。」と言って、中学生の私にも本物を身に着けさせてくれていました。かつて比較的巨乳だった私は、サイズが大きいが故に、ベージュ・白・淡いピンクといった無難な色彩の無難すぎるフルカップのデザインのブラジャーを購入するしか選択肢がなかったのですが、最近はサイズもデザインも豊富になり、7歳の頃から下着にはこだわりを持っていた私の要求に答えてくれる物が比較的安い値段で手に入る様になりました。それに、日本の下着は、縫製・機能性・デザイン性、どれをとってもレベルが高い!

 誰に見せる訳でもありませんが、見えない所で、こんな贅沢をしてみたい・・・・

                                 つばき

 

by bigcamellia814 | 2006-10-13 21:39 | my favorite

鉄は赤いうちに打て!

 最近、西アフリカはコートジボアール出身の男性と知り合った。
その彼の口癖は「鉄は赤いうちに打て!」
「おいおい、『鉄は熱いうちに打て!』の間違いだろ?」とツッコミたくなるでしょ?
でも、彼の国には本当にそういう諺があるのだとか。
もちろん「赤い」でも「熱い」でも、要は『物事を行うには、それに適切な時機を失してはいけない。」ってこと。だから、戸惑うよりも直感を信じて即決・即行動という傾向が見られる彼のもうひとつの口癖は、「アフリカ人は平均寿命50歳。もう半分生きてきて、残り半分しかない。」

 今日、「ホームレスの仕事をつくり自立を応援する」雑誌・THE BIG ISSUE10月1日発売号の『世界・アジア・日本 平均寿命』という記事を読んだ。世界各国の男女の平均寿命が棒グラフで示してあったが、言わずもがな我が国日本がご長寿大国№1。日本人男性の平均寿命は79歳。女性は86歳。それに比べエチオピア・南アフリカの平均寿命は男女とも50歳前後。レソト・シエラレオネに至っては、平均寿命40歳前後という信じられない状況。「政情不安」「医療技術の問題」「新生児死亡率の高さ」等の要因も大きいが、やはりHIV感染者の著しい増加が、平均寿命を押し下げてしまったようだ。

 そう言えば、添削をお願いされてコートジボアール出身の彼が日本語で書いた詩を読んだ。
在日外国人の作文コンクールに応募するのだという。
作品の中に「HIV」だの「AIDS」だのという言葉は一言も使われていないが、「これは、母体感染したHIV+の子どもの詩だ!」と直感的に理解した。発症した子どもが病院のベッドの中で、死に近づいている自分を静かに悟っている、そういう詩だった。

 いつもpresent time に立ち続けているコートジボアール出身の彼の言動や行き方は魅力的だ。それでいてどこか生き急いでいるかの様なスピードを感じさせる。彼個人の言動を、彼の生まれ育った大地が抱える問題に関連付けたがるのは私の思い上がりに過ぎないんだろうかと自戒しつつ、HIV/AIDSによって死に行くアフリカの人達に何が出来るのだろうかと考える。

                               つばき
           

by bigcamellia814 | 2006-10-11 23:24 | TSUBAKIng Times

CKB★GALAXY TOUR 2K6  ★★★再び★★★

a0038862_22174886.jpg 今夜も行って来ました!CKB★GALAXY TOUR 2K6@神戸国際ホール!前から9列目の比較的良い席で、かなり近くで見る事が出来ました。やぁー、なんと言っても自宅から15分でCKBに会いに来れるこの距離感が嬉しいです!出かける直前まで非常に体調が悪かった私も、CKBが登場したとたん元気になって、ライブが終わったとたんまた体調が悪くなり、帰ったとたん泥の様に眠りに落ちました。

 彼らを好きな理由はたくさんあるけれど、そのひとつが、彼らから感じる「後に引けない覚悟」の様なもの。それぞれに音楽とは違う仕事を持ちながら音楽活動を続け、40歳を過ぎてやっと売れ始めた彼らの執念深さの様なもの。そこにグッと来るのです。

 マンガの王様(私がそう呼んでるだけですが・・・)ゲゲゲの鬼太郎の作者・マンガ家の水木しげるも40過ぎて貸しマンガ屋から卒業して、今ではマンガ界及び妖怪研究の重鎮。「舞踏家の大野一雄だって、脚光を浴び始めたのは80過ぎてからだぜ。」と友達も言ってたなぁ。

 20代、30代で、自分の人生に自分で限界引いてちゃイケませんね。まだまだイケる!イケる!

                              つばき

by bigcamellia814 | 2006-10-09 22:16 | my favorite

CKB★GALAXY TOUR 2K6

a0038862_13135462.jpg 10月1日、CRAZY KEN  BANDの今年の全国ツアー『GALAXY TOUR 2K6』に行って来たばかりの椿ですが、この三連休最終日9日にも神戸で行われるライブにも行って来ます!もう狂剣病ね!

 コレはライブ会場の様子。最近はライブ途中に毎回撮影タイムが用意されているの。BOX 席で、ゆっくり観賞出来るイイ場所だったけれど、剣さんを写真におさめるには少々遠かったわね。

 しかし、昨年のライブと比較しても確実に豪華になっています!「いやぁ~、昨年ガッツリ稼いだんだろうなぁ。」と下世話な事を考えました。豪華で、キラキラしてて、大げさで、とにかく大げさで、2時間40分というサービス精神旺盛な長時間のライブといい、やっぱりイイネっ!CKB!つばき

by bigcamellia814 | 2006-10-07 14:10 | my favorite