カテゴリ:TSUBAKIng Times( 543 )

戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい ~A war is more difficult to be finished than to be begun~

a0038862_16362322.jpg


戦争は、防衛を名目に始まる。
戦争は、兵器産業に富をもたらす。
戦争は、すぐに制御が効かなくなる。

戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。
戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

精神は、操作の対象物ではない。
生命は、誰かの持ち駒ではない。

海は、基地に押しつぶされてはならない。
空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、
知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

学問は、戦争の武器ではない。
学問は、商売の道具ではない。
学問は、権力の下僕ではない。

生きる場所と考える自由を守り、創るために、
私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。

自由と平和のための京大有志の会


A war begins under the name of defense.
A war benefits the weapon industry.
A war comes out of control immediately after it begins.

A war is more difficult to be finished than to be begun.
A war hurts not only soldiers but also the elderly and children.
A war damages the body, and goes deep inside the heart.

The human spirit is not to be manipulated.
Human life should be owned by nobody but oneself.

The sea should not be swamped by military bases.
The sky should not be defiled under the roars of war crafts.

We wish to live in a unique country that is proud of its wisdom, rather than a ‘normal’ country that esteems military contribution.

Scholarship is not a weapon of war.
Scholarship is not a tool of business.
Scholarship is not to serve power.

In order to protect and create a forum to live with the freedom to think, we must wholeheartedly strike the conceited government.

Kyoto University Campaign for Freedom and Peace
Manifeste

by bigcamellia814 | 2015-07-16 17:17 | TSUBAKIng Times

To the future Without War!!

a0038862_19231919.jpg


 大きなお腹かかえて抗議行動には行けないだろうから、私が行く。
なぜなら、集団的自衛権が成立すれば、実際に戦場に向かうのは、
私たち世代が生み育てる、その子たちだから。

 抗議行動には私が行くから、
親や親になる人達は、他の方法で本気出して欲しい。

 そう伝えた。
今日、8月に子どもを出産する友人から、
「もし、憲法9条にかかわる抗議行動とかに、この写真使えそうなら使ってね」
と写真を送ってきてくれた。

 こんな風に、投げた言葉に、応えてくれる友人がいることが嬉しい。

 今という時代、
1人1人が、それぞれの出来る方法で本気を出す時。

by bigcamellia814 | 2014-07-07 19:26 | TSUBAKIng Times

3分の2の重み

【労働組合のスト権批准投票でも構成員の3分の2が賛成しないと成立しないのに、憲法改正が、解釈変更だけで閣議決定で決めるって、どうゆう了見じゃい!!】 

 毎年この時期、私が所属する労働組合は「ストライキ権確立のための批准投票」を行ないます。運動の局面でストライキが必要になった時、それを行使するという合意を、組合の中で確立するための投票です。ストライキ権確立の条件は、構成員の3分の2が賛成すること。成立すれば、向こう1年間、必要な場面においてストライキを行使することが出来ます。ストライキは、無闇にやっているものではなく、こういう手続きを経て、組合員の合意を得、交渉が行き詰まった局面に行使されるのです。

 一度、ストライキ権確立が失敗に終わったことがありました。それは、ちょうど私がストライキを必要としている時でした。私はその失敗を経て、毎年、ストライキ権批准投票の時期には、組合員に必死で投票を呼びかけるようになりました。批准に失敗する理由は、投票するか否かです。「ストライキに反対」という組合員は少なく、投票率が低いことが、ストライキ権確立を難しくさせるのです。わざわざ持てる・使える権利(団体行動権)を、自分たちの怠惰で手放してはいけないと思ったのです。

 このように、労働組合のストライキ権批准投票でも、構成員の3分の2の賛成を条件とし投票まで行っているのに、憲法改正手続き(日本国憲法第96条)を、両院の総議員3分の2以上の賛成から、「2分の1以上にしよーよ」言ったり、それが難しそうだとわかると「憲法解釈を変更し、閣議決定で決めちゃえ」「そーしよ、そーしよ」「公明党よろしく頼むね」って言うのは、あんたら調子にのり過ぎやろ?たいがいにせーよと思うわけです。この国が最も大事にしてきた憲法9条に関わる問題を、安倍政権はちゃちゃと変更しようとしている。

 『集団的自衛権』
こんなものが成立すれば、後で後悔するのは明白です。
7月上旬までに、この問題を閣議決定したい安倍。
未来を生きる子どもたちのために、今、私たち大人が止める時です。

 本当に、今、この国は危ない。

by bigcamellia814 | 2014-06-26 12:45 | TSUBAKIng Times

Without hope

a0038862_1956434.png
Without hope, not only gays, but those who are blacks, the Asians, the disabled, the seniors, the us’s: without hope the us’s give up. I know that you can’t live on hope alone, but without it, life is not worth living. And you, and you, and you, and you have got to give them hope.

希望がなければ…同性愛者だけでなく、黒人やアジア人や障害者や老人や、マイノリティーの私たちすべてが、希望がなければ諦めるしかない。希望だけでは生きて行けないことはわかっているが、希望がなければ生きていることの価値がないんだ。君、君、君たちみんな、彼らに希望を与えなければ!

-Harvey Milk, 1978

 5月22日、ハーヴィー・ミルクの誕生日。
その日アメリカでは、ハーヴィー・ミルクの記念切手が販売された。その切手が、アメリカから届くのが今から楽しみだ。

a0038862_203226.jpg

by bigcamellia814 | 2014-05-23 20:03 | TSUBAKIng Times

『我が国の法制下においてはこれを超える価値を他に見出すことはできない』

 判決文は、読み出すと眠くなり、腹立たしくなって、机の脚でも蹴り倒したくなるものだと思っていたが、時に感動して、涙を流すものもある。ということを知った。

大飯原発運転差止請求事件判決文

『個人の生命、身体、精神及び生活に関する利益は、各人の人格に本質的なものであって、その総体が人格権であるということができる。人格権は憲法上の権利であり(13条、25条)、また人の生命を基礎とするものであるがゆえに、我が国の法制下においてはこれを超える価値を他に見出すことはできない。したがって、この人格権とりわけ生命を守り生活を維持するという人格権の根幹部分に対する具体的侵害のおそれがあるときは、人格権そのものに基づいて侵害行為の差止めを請求できることになる。人格権は各個人に由来するものであるが、その侵害形態が多数人の人格権を同時に侵害する性質を有するとき、その差止めの要請が強く働くのは理の当然である。』


『他方、被告は本件原発の稼動が電力供給の安定性、コストの低減につながると主張するが、当裁判所は、極めて多数の人の生存そのものに関わる権利と電気代の高い低いの問題等とを並べて論じるような議論に加わったり、その議論の当否を判断すること自体、法的には許されないことであると考えている。このコストの問題に関連して国富の流出や喪失の議論があるが、たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考えている。』


 『豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考えている。』の部分が、特に好き。

by bigcamellia814 | 2014-05-23 12:23 | TSUBAKIng Times

草食系より大阪府警

a0038862_14133969.jpg

このポスターも大嫌いだったが、

a0038862_14141639.jpg

こっちの方がさらに上いく。
大阪府警が作るポスターは本当にセンスが悪い。
どれもこれも。
私は、大阪府警が作るセンスの悪いポスターに文句を言いに警察署まで行くことを、半ば趣味とする、クレーマーになりつつある。それほど大阪府警のポスターは、私を殺気立たせる。

唯一、大阪府警のポスターで許せたのはコレだけだ。
コレだけは許す!
大阪なのだから、このノリでいけば良い。
きよしとヘレンでいいのだ。

a0038862_14202424.jpg

by bigcamellia814 | 2014-04-03 19:13 | TSUBAKIng Times

産めるのか、いやもう無理か

a0038862_925588.jpg

「今年は妊娠したい」
「今年出来なかったら諦める」
「35歳過ぎたら高齢出産になるんですよ。妊娠難しくなるんですよ」

40代を迎えた、子どものいない女たちの前で、
私たちより少し若い女たちと、子どもを産み育てた世代の男女が、
大きな声でそんな会話をしている。

「35歳過ぎたら高齢出産になるんですよ。妊娠難しくなるんですよ」
「もう、あなたたちは産めないよ」、そう言われているように、
この言葉が心に冷たく響く。

産めるか、いやもう無理かも、
その瀬戸際に立たされている女たちが、
その言葉を無言で受け止めている。
無邪気というには語弊があるだろうが、
まだ可能性を感じる年齢の時は、私もあんな風に語っていたのだろうかと振り返る。

その空間の中で、私たちの存在は影薄く、
産まない、産めない、産みたくない、
その枠組みに既に入れられているような気もして、
勝手に苛立つ自分に疲れる。

子どもをもつことに関する、
憧れや嫉妬や、焦りや競争や、動揺や不安や、
何かが欠乏している感じから、そのうち楽になれたらいい。

この行き場のない思いを味わいながら、
いつか乗り越えた先に辿り着きたい。
ただそれを願って、ここに至る現実を静かな痛みとともに受け入れ、
少し涙を流し、さぁ眠ろう。

by bigcamellia814 | 2014-04-01 09:31 | TSUBAKIng Times

鈍痛の記憶

a0038862_12203710.jpg


 もう終わりかもしれないと思ったが、
3年経った今でも私は生きている。

 一夜明け、3月12日を迎えた朝、
胃の底が冷え、ギュウィーンと掴まれた様な鈍痛を感じ、
この不安がいつ迄続くのだろうかと途方にくれた時を忘れないでいたい。
鈍痛は収まったが、危険な状況は、3年経った今も続いている。
恐怖に慣れすぎた3年だった。
もう、余程のことじゃないと驚かなくなっている。

 3.11から、明らかに世の中の動きがおかしくなった。
ずいぶん恐ろしいところまで来てしまった気がする。
しかし、労働組合という場所で働いていたのも良かったのだろう、
その動きを敏感に捉え、行動出来る場所にいた。

 昔はどんな気持ちで生きていたのかなぁと考える。
ほんの3年ほどまえのこと。
ここまで、世の中の動きに敏感でもなければ、
不安も感じていなかったことは思い出す。
自分がどう生きていくか、
考える多くの時間は、自分のことに向けられていた。

 10代の頃から、ちょっとだけ想像していたその現実を、
生きているだけの様な気もする。
チェルノブイリやイラク戦争があった中学、高校時代、
「私の未来は、原発事故や戦争で死ぬのかもしれないなぁ」
と確かに考えていた。
ボンヤリとだけど、
世界にはそういう形で犠牲になる人達が事実存在していて、
私がその犠牲の対象にならないという保障はないだろうと思ったのだ。
そんなボンヤリとした想像が本当になったんだ、
本当になりそうなんだという、今を生きている。

 子どもはいないが、
若い人たちが死の不安に怯えないですむ時代を生きてほしい。
今の子どもたちは、私が10代の時に感じた死の恐怖とは比較にならないほどの不安の中で生きていると思うから。

 「全てが終わるかもしれない」と、
しばらく続いたあの鈍痛を記憶に刻み、
これからイキイキと生きる若い人たちのために、
大人としての役割は果たしていきたい。

 だからみんな、
声をあげること、立ち上がること、
時として闘うことを恐れないで。

by bigcamellia814 | 2014-03-12 12:43 | TSUBAKIng Times

次世代のために、足を洗ってください。

a0038862_1041819.jpg

 次世代を思うなら、
政界・法曹界から足を洗ってください。

by bigcamellia814 | 2014-03-10 12:29 | TSUBAKIng Times

大阪府厄除け祈願

a0038862_9475879.jpg

 この男の道楽のために、
大阪市の税金6億円が投入される今回の出直し選挙。
バカらしい。
大阪市民はいつまで、この男の遊びに、身銭を切って付きやってやるのか。

 大阪府全体に厄除け祈願が必要。

 

by bigcamellia814 | 2014-03-10 12:22 | TSUBAKIng Times