あぁ、ジャッジされているぅ!

 久々にドキドキしています・・・

 先程、1時間だけ外出の許可をもらった葵と、物件を見に行って来ました。
やっぱり、実際に車イスの葵が新しい物件の中で動いてみると、色んな問題が見えてきます。「この位なら大丈夫かなぁ?」と私が勝手に思っていたことが、なかなか際どかったり。車イスで生活するに適切な物件を、希望する金額で見つけるのはなかなか大変です。

 でもって、築年数は結構経っていますが、部屋自体はほぼ全部リフォームしたばかりなので、家主さん側の不動産業者に「傷つけないように」「そこに手すりをつけるのはちょっと・・・」「リフォームしたばっかりだから、どうしてもねぇ・・・」「あまりに気を使うようなら他の物件を考えてみては・・・」等と前向きな姿勢は見せつつも、非常に慎重な様子に、葵、自分が障害者であること、車イスに乗っていることを改めて実感。病院に帰った後、「そんなに言われるかぁ・・・」と泣いたそうです。

 だけど、葵も気に入り、それなりに生活のイメージが出来たので、その物件を借りる事にしました。しかし、現在入院中の葵。しかも、失業中。今後も人並みに働く生活は無理でしょう。そして、女同士の同居(私が結婚とかして出て行った時、障害者の葵に支払い能力はあるのか?等と言う心配をされる可能性も!)。はてさて、大家はどう判断するでしょう?

 はぁ・・・障害者と暮らすというのはこういうジャッジを受けるのかと久々にドキドキ。でも、葵、かなり気に入ったのか「絶対決める!」と張り切っております。

 皆さん、健闘を祈ってくださーい!
そしてまだ見ぬ大家さんよ、是非、あの部屋を私達に貸してくださーい!

 はぁ・・・ドキドキ・・・

                       つばき

by bigcamellia814 | 2009-07-07 23:52 | TSUBAKIng Times

<< ウィークリーマンション暮らし 動きはじめました。 >>