ホテルから出勤する朝

a0038862_22343070.jpg
 いつもの職場に、ホテルから向かうのもなかなか良いものです。
いつもよりゆっくりとした朝をホテルで過ごし、
ラッシュが過ぎ去った後の、まばらに人が座る阪急電車で出勤です。

 宿泊代40%OFFのチケットを友人から貰ったので、
神戸の老舗ホテル・六甲山ホテルに泊まりに出かけました。
小説などに、時々出てくるホテルです。
私が宿泊した旧館は今年で80年を迎えるとのこと。
なんだか、懐かしい匂いが染み付いている空間でした。

 ここのホテルが有名な理由は、神戸、そして大阪の夜景を一望出来ることにあるのでしょう。何しろ六甲山の山頂にあるホテルなので、眺めは最高です。
雨も降り、思わしくない天候だったので、美しい夜景は全く期待していなかったのですが、
ディナー(こちらも頂いた30%OFFのチケットで!)を食べる頃には、靄も晴れ、
美しい夜景を眼下に望みながら、食事を味わう事が出来ました。

 昨年9月、中国(北京)留学から帰って来た友達と一緒に泊まったこの日。
帰国以来初めての再会でした。もう2年位は会っていなかったでしょうか?
中国での生活の様子を聞き、
「フィリピンの方が椿ちゃんには合うよ。
建物も空も灰色の北京は、陰気臭くて、椿ちゃんには似合わないよ。」と言われたり。

 朝、外に出ると空気がヒンヤリ・・・
思わず「冷えるぅぅぅ・・・」と声が漏れました。
標高700メートル以上の六甲山。やっぱり下界とは確実に温度が違います。

 六甲の山の中、シャトルバスはクネクネ道を下って、下界に下りていきます。
山と山の間から、神戸の海が見える瞬間の景色が好きです。

 山の中から、都会に出勤。
ちょっと不思議な気持ちになりました。

                                       つばき


 

by bigcamellia814 | 2008-06-23 23:13 | TSUBAKIng Times

<< 入院中・・・ 思いを育み、忘れないために >>