消しゴムはんこ絵本☆椿と葵

a0038862_22362790.jpg

 「これ、すっごい驚いたんだけどぉ!」と言いながら友人がプレゼントしてくれた、消しゴムはんこ絵本、『椿と葵』。作家さんは、紅蓮堂さんという方。もちろん、私や葵の存在をご存知な訳はありません。『椿』と『葵』という名前がお好きな様で、こんな可愛らしい絵本を作られたようです。
a0038862_22364292.jpg

『椿は、朱く、存在感のある花をつける。

 深い緑の葉の中に咲く朱い花はなんだか艶っぽく、なんだか近寄りがたい。

 でも凄く惹かれるのだ。手を出したくて手を出したくてしょうがない想いを抱きながら
 見ているうちに、朱くキレイな花が首からボトリ、と地面に落ちる。

 その姿はまるで、人を魅了するために生まれたように潔く見える。

 椿は自分の名前が好きだ。

 名のとおり、椿の花のような生き方がしたい。』

 
 絵本に書かれている、この言葉。
まさに、そんな事を私も考えていました。この名前、大好き。

 だから、入籍して僕の姓になる事が当然だ!と思っている様な方は、ご遠慮しておりますので、最初からご遠慮してください・・・・

 絵本の中では、椿が女の子で、葵が男の子。
そしてこの絵本、コレが第壱巻なので、この先も続くのね。楽しみです。

 プレゼントしてくれたJunちゃん、Asante sana!

                                      つばき

by bigcamellia814 | 2008-05-15 21:55 | TSUBAKIng Times

<< バラの花が咲く マクロビ&シネマデート >>