おでんの缶詰

a0038862_2229030.jpg
 
 亡くなった祖父母の法事の為、週末は実家に帰省した。
帰り際、相変わらず母は色んなモノを持たせてくれる。
「ハイ!これ!」と面白がって持って来た、おでんの缶詰。
誰かに貰ったのか、どこかで買って来たのか分からないけれど、ひとつ頂く。
どこかの自動販売機で見かけ、「こんなもんまで自販機で売るようになって・・・」と多少の憂いを感じつつも、興味があった代物だった。
隣りに座っていた叔母が、「こんなもん作るから、人間、横着になるんよぉー。」と言っていたが、その通り!しかし、日本人、インスタントラーメンに始まり、こーゆう即席モノの技術たるやスゴイなと素直に感心してしまう。

 神戸に帰って早速試してみる。
コンニャク、糸こんにゃく、うずらタマゴ、大根、つみれと天ぷら。
味も、そう悪くないわよ。

 しかし、食べ始めて「今年度、我が家で食べた初めてのおでんが缶詰だとは・・・」と小さく寂しい気持ちになり、今年度はまだおでんを作っていなかった事に気付いた。

 「今は、わざわざ買って食べようとは思わないけど、例えば震災の時、こんな缶詰があったらちょっと心がホッとするかもなぁ・・・」と思い、やはり、おでんまで缶詰にしてしまう、日本人の発想とその技術に、ちょっと感動してしまったのだ。

                                  つばき

by bigcamellia814 | 2008-03-02 22:40 | TSUBAKIng Times

<< オジさん達カッコイイ! ~今夜... 女ですもの >>