あの時の勢い

a0038862_1301691.jpg

 ずいぶん前の話になるが、9月、友達に会いに香川を訪れた。
学生時代から約9年ほど住んだ街。
神戸港からフェリーに乗り4時間弱で高松港に到着。
離島に住んでいる友人の島に行くには、船が出発するまで数時間もある。
久しぶりに、高松の街をブラブラと歩いた。
いたる所、昔とは様相が変わっており、
商店街のある通りなど、閉められたシャッターの多さに、思わずせつなくなる。
地方都市の現実というか。

 私がまだ、嗜む程度でもお酒を飲んでいた学生時代、よく行っていた場所を訪ねた。
高松市福田町。
面白いお店が色々あったけれど、あの勢いは健在なのだろうか?
昔、貸し切ってイベントをしたお店の看板を発見。
DELTA MARKET。
今は、ダイニングバーになっているそうだが、
昔は、薄暗い照明のカジュアルなショットバーだった。
スーツ姿の人より、オシャレに古着を着こなした人達が集まる様なそんな場所。
マスターの、確かジャミーさんと呼ばれていた男性(一応日本人のよう)は、
体中にTATOOが入っていたのも印象的だったが、
彼のその体型が、なんとも奇妙で、
後にメキシコはユカタン半島を旅した時、ユカテコと呼ばれるネイティブの人達と彼の体型が酷似していることに気付き、ルーツはココか!と勝手に納得しておいた。

 この店で一緒に飲んだ、騒いだ、口説かれた人達を思い出す。
意外とよく覚えてるもの。その時の空気まで宿るのだから。

 あの勢い。
オモシロイ日々だったな。

                                  つばき

by bigcamellia814 | 2007-12-12 09:31 | TSUBAKIng Times

<< 話して、笑って、泣いて rioからの手紙 >>