『国民の映画』

a0038862_1435236.jpg


 特定秘密保護法が強行採決される前後、役者の友達にこう言った。
「この法律が成立したら、そのうち、あなたがやってる芝居も検閲される時代が来るよ」と。

 三谷幸喜作・演出『国民の映画』が、このタイミングで再演されることの意味を考える。そのうち、この舞台も上演出来ない時代がくるかもしれない。

 国家のためか
 芸術のためか
 それとも 生きるためか

  
 

by bigcamellia814 | 2013-12-16 14:54 | TSUBAKIng Times

<< 誰かのために、ごはんを作る 『愛国心』の先にあるのは『戦争』 >>