自分ひとりのために何かを成し遂げるのがどんどん苦しくなってくる

a0038862_18365917.jpg


『自分ひとりのために何かを成し遂げるのがどんどん苦しくなってくる』

『ボクらの時代』に出演していた中谷美紀の言葉に、
「あぁ、私もだ」と思う。
「言い当てられた」と思うほど、実に適格な言葉だった。

ひとりになったからこそ、私はこの苦しさを誤魔化せなくなった。
この怖さに、時折身震いする。

幸いなことは、答えを焦らず、日々を重ねていけば、
そのうち道が見えてくるだろうと、
生きてきた経験が私に語りかけてくることだ。
苦しさと怖さを携えながら、でも、明日も生きるのだろう。

by bigcamellia814 | 2013-12-09 19:12 | TSUBAKIng Times

<< 共に生きている現実がこの街にはある 反撃宣言/バーナムの森は動いた... >>