風の音だけ

a0038862_1632440.jpg

 年末年始は、実家で過ごした。
まさに限界集落のその町は、見渡す限りの山と畑、
そして、空が近い。

 空家がひとつ増え、ふたつ増え、
この集落に暮らす人々の大半が70歳を超えた高齢者だ。

 この町の淋しさの責任は、私にもあると思いながら、
いつの間にかたどり着いた都会での暮らしと決別するという決断まではつかない。
しかし、疲れているのだ。

 「ここは風の音しかしないのか」

 そう気づいて、しばし立ちすくむ。
雪がチラチラと降る中で、聞こえてくるのは風の音だけ。
風の音だけ。

 私は、そういう場所を持っているのか。

    つばき

by bigcamellia814 | 2013-01-29 19:58 | TSUBAKIng Times

<< 結婚報告 クリスタルに出会いに来てね☆〜... >>