嫌い

 23時の帰宅。
ポストの中に不在票を見つける。
じわ~と広がると嫌な気持ち。
この荷物を受け取れるのはいつ?
そんなことで小さく思い悩むような日常が一気に嫌になった。

 18時以降から、仕事に関連する用事が入ることが嫌い。
終わりの時間が、20時、21時を回るのが嫌い。
そこから神戸まで帰ると、21時、22時、時には23時を回るのも嫌い。
週の全部がそんな日なのも嫌い。
それでも私は充実している!楽しい!満足!そうは思い切れないことが嫌い。
嫌いというか、つらい。

 遅い時間の食事が嫌い。
ルームメイトと朝も夜も一緒に食事をする機会が無くなったことが嫌い。

 帰ったら、後は寝るだけの毎日が嫌い。
疲れて片付ける元気も無く、散らかった部屋に帰るのも嫌い。

 週末のどちらかが、仕事に関連する用事で潰れるのが嫌い。
「行きたくない」と言い難い立場にいることも嫌い。
任されている感じも嫌い。
ずっとやってくれるんだろうと根拠なく期待されているのも嫌い。
誰かにやらされている感じがして、主体性に欠ける自分が嫌い。
全てにおいて、自分で引き受けている覚悟に欠ける自分が嫌い。

 食事がおろそかになっている自分が嫌い。
食事を作る機会が減った自分が嫌い。

 公共料金の支払いが遅れがちな自分が嫌い。
もう3年にもなるのに、生活のバランスが取れないことが嫌い。

 会いたい人に会うことすら億劫で、
会わないでもいいやと思っちゃう自分が嫌い。
手紙を書くのが大好きだったのに、
それすらも億劫になっている自分が嫌い。

 日本の今の状況が嫌い。
私たちを殺そうとしている、この状況が嫌い。
毎日、あの大阪に通うのも嫌い。
くだらない市長のわがままに、つき合わされるのが嫌い。
それに伴って、たくさんの時間を奪われることも嫌い。
心が醜くなっていく感じも嫌い。

 「いい相手はいないのか」
「ずっと労働運動をやっていくつもりか」
などと繰り返す、母親と話すのが嫌い。
話すのが億劫で、大人気なく連絡もしない自分が嫌い。

 とにかく、嫌い。

 歳を取れば、もう少し上手く生活できると思ったけれど、全然だ。

 「嫌い」と言っても、明日も生きるのだから、
今日くらい、思う存分「嫌い」と言ってみる。

 嫌いと好きとどちらでもないを行きつ戻りつ、
頑張って生きている、私。

     椿

by bigcamellia814 | 2012-06-21 00:25 | TSUBAKIng Times

<< 自分の名前が好きで好きでたまらない 大阪労働者弁護団声明『有期労働... >>