「大阪、目を覚ませ!!」2011/12/11 脱原発!女子デモ!?だれデモ!参加 『女将大作戦』は大好評!

a0038862_0311382.jpg

 12月11日に行われた、『2011/12/11 脱原発!女子デモ!?だれデモ!』に参加してきました。私は、「着物姿で、脱原発!と言って歩きたい!」という兼ねてからの願望を実現すべく、「原発あきまへん!! 脱原発 女将大作戦」という企画を打ち出し、この間、広報させてもらいました。

 着物を着た旅館の女将や新地ののママ、木屋町を歩く芸子さん。果ては卒業式や成人式の着物姿、七五三の子どもに至るまで、着物を着ているだけで、なんだかみんな、勝手にありがたがってくれる。そんな傾向に便乗し、着物姿で「原発あきまへん!」とアピールしちゃおう!という女将大作戦!!

 コレが、好評でした!
当日、強力な助っ人が参上!
昔着物と彫金細工のお店をされている芽依さんが、着物を無料で7着貸し出してくださり、おまけにその場でプチレッスンを行い、参加希望者を女将に仕上げてくださいました。芽依さん、本当にありがとう。
(写真は、女将増殖中の様子!)

 最終的に、女将の数は14~15名に!
「着物着れて嬉しいぃ~!」
「このアイディア、イイわ~!」
「なんか、気合い入る!!!」と言う言葉が聞けて、嬉しかったぁー!
そう、着物を着ると背筋がピンとして、自然と気合いが入るのです!
しかも、警察に「早く行けぇー!」とせかされても、
「わたくしども、着物なので、そうそう走れませんしっ!!」ってなことで、
ゆっくりした歩調でデモ出来るというメリットも!!
警察も、着物姿の私たちには、なかなか乱暴な扱いも出来ませんしね。

 「ねぇねぇ、何で女将したの?」とか、
朝日新聞の記者からは、「皆さんは、どこかの旅館の女将さんなんですか?」と質問されましたが、私たち、旅館の女将でも、料亭の女将でも何でもありません。ネーミングは、単純に私のイメージです!「気合い入ってんのよっ!」という勝手なイメージ。でも、昔から着物を着るたびに、「女将みたい」と言われていたこの私、我ながら、このネーミング気に入っています!

 今回は、『女子デモ』ということで広報していましたが、原発に伴い、女性たちが抱えてきた問題、女性ゆえに抱えてきた問題をシェアしアピールするという点では、ちょっと物足りなかったかなぁと言う思いが残りました。そういうデモもありだよね。

 デモのラスト、「大阪、目を覚ませ!!」という力強いシュプレヒコールを聞いた時は、ジーンと来ました。原発や瓦礫受け入れのことだけでなく、いろんな意味で、ホント、「大阪、目を覚ませ!!」という状況ですもん、今まさに!!これ以上にピッタリくる言葉はありません。


 さてさて、ココからは、椿女将の着物姿を大公開!!

a0038862_0312895.jpg

 気合い!!のピンクの着物に、銘仙の羽織で参加。
銘仙は、色も柄も、今の時代にはまね出来ないほどに粋。

a0038862_0313984.jpg

 髪はこんな感じ。
葵がプレゼントしてくれた、椿のかんざしを挿しました。

a0038862_032199.jpg

 そして胸元には、「NO NUKES」の缶バッジ。

 昨年10月、大阪城で行われた平成中村座の舞台を観に行った時以来の着物着用でした。やっぱり、着物好き!自分で言うのもなんだけど、私、着物似合うぅ~♪

 女将大作戦に参加してくださった皆さん、
私のわがままにお付き合いいただき、一緒に楽しんでくださって本当にありがとうございました。このつながりをきっかけに、時々、至る所に出没しましょう!「原発いらん!」「安心してくらしたいねん!」という気合いを引っさげてねっ!!

      つばき

by bigcamellia814 | 2011-12-13 01:22 | TSUBAKIng Times

<< オーナメントを飾りながら 山田詠美の握手は強くて温かだった >>