Je t'aime... moi non plus



 対面式のキッチンで、食器を洗っていたら、ジェーン・バーキンのこの曲が流れた。
好きな歌なんだもん、思わず、手が止まる。

 CMを見終わった後、
「あぁ、フランス人になりたい」とつぶやいた。

 私も、いろいろと疲れていたのだろう。
ピンクのバラや、
白いベッドや、
黒いリボンで彼を目隠しするなど、
そういう世界に身を浸せたいなどと、体のどっかが欲したようだ。

 「先日、デートしたのは確かフランス人男性だったが、
こんな香りは微塵もしなかったにぁ~」と、メタル好きのその男性のことを思い出した。

 「フランス語はカッコイイ」と言って、
一切理解しない私を前に、フランス語でいろいろと喋っていた。
理解不能!

 しかし、男性に方言及び言語萌えする私は、
その瞬間、「Je t'aime... moi non plus」の世界に浸ったような気持ちになったのだ。
Merci beaucoup 

 

by bigcamellia814 | 2011-06-10 19:26 | TSUBAKIng Times

<< 同窓会 6.11脱原発100万人アクシ... >>