橋下さん、今度は本気で実現お願いします!

a0038862_0105651.jpg

2011年4月28日
「原発の新設・延長止めたい」橋下知事、代替策検討へ 
 大阪府の橋下徹知事は27日の記者会見で、節電や代替エネルギーを導入する政策を進めることで、関西で使う電力を供給する原子力発電所の「新規建設や、(老朽化した原発の)延長計画を止めにかかる」と表明した。今秋にも具体的な方策をまとめる。28日に7府県の知事らが出席して開かれる関西広域連合委員会の場で、他の府県にも賛同を呼びかけるという。

 橋下氏は、原発の新規建設・延長の停止を「当面の目標」とする考えを示し、「府民運動を起こしたい。節電や代替エネルギーで、原発1基分はいけるのではないか」と述べた。

 府によると、関西に電力を供給する増設予定の原発は、日本原子力発電の敦賀原発3号機、同4号機(福井県敦賀市)の2基。1970年に運転を始めた関西電力の美浜原発1号機(同県美浜町)も後継機の建設が検討されている。

 橋下氏は、不足する電力を節電や太陽光発電など代替エネルギーでまかなうための具体策の検討を、府の各部局に指示した。

 ただ「産業の衰退や都市の魅力低下につながることはしない」とし、節電の対象としてパソコンの消費電力削減や自販機の一時停止、電気料金の設定の変更などを例示。電力が不足している東日本での節電策も参考にするとしている。

 橋下氏には他県に立地する原発計画を変える権限はないが、新規建設が不要となるような代替案を示せば「関電も原発を新設しなくてもよいと考えるのではないか」と期待を示した。

 また橋下氏は原発を「ある意味で必要悪」とし、今回表明した考えは原発への依存から抜け出す第一歩、と位置づけた。原発依存の脱却と自然エネルギー転換を進める財団の設立を表明したソフトバンクの孫正義社長と26日に東京で会い、賛同を得たという。


 橋下知事の支持率は相変わらず高い様だが、私の周辺では限りなく低い。
私の住む世界が世間一般とかなり乖離した状況にあるのか?
彼の言動や目指す方向性に、数々の疑問を感じているが、
しかしこれについては「たまにはマシなこと言うやん」と思った。
本当に、実現に向け舵と取ってくれるのであればね。

 彼には「人気取り」のようなところを感じる。
今、民意は脱原発への高まりを見せていて、それに便乗している感じ。

 普天間基地の県外移設について全国知事会議が開かれた時、
橋下知事だけ、「大阪府や関西は基地を負担しておらず、真っ先に汗をかかなければならないと思っている。」という発言をして注目を浴びたが、その後、沖縄県知事の仲井真弘知事に「視察に来てください。」と言った場所が、彼のおひざもとの関空や伊丹空港ではなく、神戸空港だったのには仰天した。あれだけ大風呂敷広げておいて、まず神戸空港かいっ!と。

 しかし、今回の提案内容自体は、望ましい提案だと思う。
このまま大風呂敷で終わらないように、彼が言うところの「府民運動」を大きくしていきたい。

by bigcamellia814 | 2011-04-29 00:15 | TSUBAKIng Times

<< 第82回 中之島メーデー/競争... Jetstar 車イスの乗客に... >>