緊急事態に、オヤジ平和すぎぃ!

 今夜は、平和な瞬間に巡り合いました。

 12時前に新開地に到着。

 冷たい空気の中、駅からの道を足早に歩いていると、
道路の向こう側で、自転車に乗ったおじさんが横転しました。

 しかし、なかなか立ち上がらない。横転したまま。
さすがにほっとけなくて救出に向かいました。

 足が自転車に絡まって抜け出せない。
酔っ払ってるのか、足も腰も力が抜けて立ち上がられない。

 絡まった足を抜いてあげ、
腰をさすってあげながら、
力が戻ってくるまで、横転したままのそのおじさんの様子を見つめ、
ぐだぐだ言っている話を聞き、
「手貸してくれ」と言うから、
ひじを持ってとりあえず道路に座らせるまで体制を持っていき、
そこから座り込んだおじさんとしばし話をしました。

 酔っ払って携帯落とし、
幸い携帯電話は見つかったけど、
障害者手帳と神戸市営地下鉄の無料パスカードを再び落とし、
探しに来た所で、おやじ自転車から横転。

 「最近、ようこけんねん。
酒飲んでのうてもこけんねん。」と言うから、
「おっちゃん、頭打ったらえらいことやん。」と本気で心配になる。

 ようやく立ち上がったが、足元はフラフラ。
ホント、この人まともに帰れるんだろうか?

 「もうちょういココで探すわ。」と言うので、
「こんな暗いのに、見つかるわけない。
もうさっさと家帰って、明日また探しに来て、
なかったら区役所で再発行してもらいなよ。」と言っても探すと言う。

 「じゃぁ、あたし帰るから。気をつけてね。」と言うと、
「なぁ、1時間くらいつきあわへんか?」と誘ってくる。
「もう帰る。明日、仕事がある。」と言うと、
「そんなこと言わんと、1時間くらいええやないか。」と再び誘ってくるので、
「また今度な。今日は帰る。」と言って握手をし、手を振って帰ってきた。
おじさん、一人でブーブー文句を言っておりました。

 まともに帰れたろうか?

 しかし、人相のよさそうなおじさんだった。
この緊急事態に、平和に酒飲んで酔いどれておりました。

 That's 新開地!
酔いどれて、横転したオヤジをこの街で何度助けただろう。

 私も道路に座り込み、酔いどれオヤジと話した時間の平和だったこと。

※ちなみにオヤジとは初対面です!

by bigcamellia814 | 2011-03-18 23:59 | TSUBAKIng Times

<< 初心あらため、言葉をつづります。 2月19日/「なんで有期雇用な... >>