2本立て1200円 ~パルシネマ・しんこうえん~

a0038862_23511326.jpg
 我が家から歩いて数分のところに小さな映画館がある。
ちょっとシーズン遅れの映画を、2本立て1200円で見せてくれるその映画館の名前は『パルシネマ・しんこうえん』 。スタッフが、毎回テーマを持って2本の映画をセレクトし上映する。見逃してしまった映画、「正規料金を払ってまで観たいかしら?」と思った映画。それがこの値段で見れるなら、やっぱりDVDよりスクリーンを通して観たい。

 今年で開館40年を迎えるパルシネマはどこか昭和の風情だ。
赤い座席、スクリーンを縁取る真紅のカーテン。
シネコンが主流の中で、こんな映画館が今でも存在している街に住めるなんて嬉しいなぁ。

 今日は『春との旅』という映画を観たくて訪れた。
仲代達也の演技は、スゴいなぁ。
彼が孫の春に、茶目っ気たっぷりにウィンクをするシーンにドキッとした。

 劇場を出ると、次回上映作の案内がズラリ。
そこに、トレインスポティングとラン・ローラ・ランのポスター。
今度、3本立てで上映するそうだ。

 私が20代前半の時に観た映画。
とりわけトレインスポッティングは大ブームだったよなぁー。
みんな着てた、着てた、このユアン・マクレガーのTシャツ。
そして、坊主好きの私が初めて白人坊主もイケる!と思ったのは、このユアン・マクレガーを見た時だったような。

 ラン・ローラ・ランの、街を疾走し続けるあの映像も、なぜかしっかり印象に残っている。

 こんな風に、思い出したように昔の映画を見せてくれるのもパルシネマの魅力。

 20代初めのあの頃を思い出しながら観に行ってみようかしらね。

         つばき

by bigcamellia814 | 2010-11-07 23:51 | TSUBAKIng Times

<< 生きるのが楽になるなんて当分先の話だ 人間は、場末で人類史がひっくり... >>