ひとりひとりの夢を語る場所☆ユメブレスト

 大分に住む友人に「是非、行ってみて!」「たぶん椿ちゃん、彼と気が合うと思う!」と強力に薦められて、『ユメブレスト』なる場所に出かけてきた。

 ユメブレストとは、参加者ひとりひとりが自分の夢や目標、やりたいことを、輪になってそれぞれ3分間で話す場。決まりごとは2つ。
①ユメブレストの間は席を立たない。
②人の夢ややりたいことについて否定する発言はしない。

 この日も20名の参加者でぎゅうぎゅうの室内。
たぶん、参加者の中で私が一番年上だったかもしれない。
参加者は、大学生や、社会人になりたての若い人達が多かった。
ついこの間まで、私はこういう年代の人達と毎日接していたのになぁと、
4月からの生活の変化に一瞬思いをはせた。

 1人1人の夢を聞くのはオモシロイ。
そして、こんな風にてらいもなく語れる場は、
年を取るほど少なくなってくる。

 もちろん私も、自分の夢を語る。

 ユメブレストを主催している共同代表の1人今井君は、
2004年、イラク人質事件を経験したあの彼だ。
「自己責任」という言葉をこの世に生んだあの出来事は、
日本の大きな転換期だったと思う。
彼に会ってからずっと、
あの時の世の中の空気を思い出している。

 私も仕事のことで、
「有期雇用を選んだのは自己責任だ。」と言われたことがある。
私には有期雇用以外の選択肢は初めから与えられていなかったのに。
言ったオジさん達は、嬉々としていた。
何だろ、この言葉が持つ魔力?
「一度は言ってみたかった!」そんな表情だった。

 実際、どんな状況だったのか、
そして、どんな気持ちだったのか、
それは、本人に会って、話して、自分の力でちゃんと受け止めてみなければわからない。そのことを大事にして生きたいことを、彼と言葉を交わしながら思い出した。

 私には知ることが出来るチャンスが訪れた!
ラッキー!
よくぞ、生き延びてくれました。

 また、話せる日を楽しみにしています♪

※ユメブレストはコチラから。 

by bigcamellia814 | 2010-08-29 16:24 | TSUBAKIng Times

<< 社会は未来の世代からの借り物 たんぼで渋さ知らズオーケストラ... >>